Light Symbol

現在、アセンションの進行によって、物質世界と霊界との境界が、非常に薄くなってきているので、それに伴い物質世界と霊界との間を簡単に行き来する奇妙な存在が、数多く出没するようになってきている

現在、アセンションを前にして、この地球の歴史では、かつてなかったほど物質世界と霊界との境界が、非常に薄くなってきているので、物質世界と霊界との間を簡単に行ったり来たりするような存在が、数多く出没するようになってきている […]

2011年5月31日 9:22 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

この宇宙においては、「波動」と「次元」という概念によって、高次元宇宙の最高の光のユートピア世界と、低次元宇宙の最低の暗黒世界の、全く対をなすような二つの世界が実現していた

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   この宇宙においては、「波動」と「次元」という概念によって、高次 […]

2011年5月31日 9:03 PM, アセンション・シリーズ 4

もし政治家が、選挙時の公約を、あまり積極的に果たそうとしない場合には、その地域の人々は、しっかり団結して、こまめにクレームを入れたり、圧力をかけたりして、選挙時の公約の遵守を、しっかりと迫るべきである

4、もし、その地域で選んだ政治家が、選挙時の公約を、あまり積極的に果たそうとしていない場合には、その地域の人々は、なるべく、こまめにクレームを入れたり、圧力をかけたりして、選挙時の公約の遵守を、しっかりと迫った方が、賢明 […]

2011年5月31日 6:02 PM, 政治

源氏物語は、現代の感覚で言うと、せいぜい、一部のセレブの間で流行った、稀代のプレイボーイを主人公にした長編少女マンガのような位置づけに過ぎない Part 4

5、もし源氏物語が、素晴らしい文学であるとするなら、それは、古語表現の良さではなく、そのストーリー自体の面白さからなので、それを、わざわざ、現代人には、よく分からない古語で読む必要性は、全くないのではないだろうか?  第 […]

2011年5月30日 9:26 PM, 教育

高次元宇宙の一部には、地上の宗教において説かれている「天国の世界」が含まれているが、それ以下の低次元の暗闇の宇宙領域には、それとは全く正反対の「地獄の世界」も存在している

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。 ※この「アセンション・シリーズ」の文章は、2009年3〜7月頃、書いていた文 […]

2011年5月30日 9:02 PM, アセンション・シリーズ 4

多くの人々の、政治家の普段の言動や実績への関心が薄いと、いつの間にか、政治家が、一部の人々の小間使いみたいな仕事に振り回される可能性があるので、注意が必要である

3、多くの人々が、その地域で選んだ政治家の普段の言動や実績を、何も知らないような状況になってしまうと、勢い、その政治家としては、誰だかよく分からないような大勢の人々の意見や利益よりも、一部の口うるさい人々や、現地の有力者 […]

2011年5月30日 4:08 PM, 政治

源氏物語は、現代の感覚で言うと、せいぜい、一部のセレブの間で流行った、稀代のプレイボーイを主人公にした長編少女マンガのような位置づけに過ぎない Part 3

4、「暗い」、「怖い」、「ごちゃごちゃ」、「難しい」、「解決不能」、しかも、テストでは、「お前は、無能」の烙印を押し続ける現代の日本の国語教材の選び方は、かなり非人間的で、偏向した、異常な人生観や世界観を教えるものになっ […]

2011年5月29日 9:25 PM, 教育

高次元宇宙にも、地上の国同士の国境や検問所に当たるような所がたくさんある

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   高次元宇宙にも、地上の国同士の国境や検問所に当たるような所がた […]

2011年5月29日 9:06 PM, アセンション・シリーズ 4

高次元宇宙では、波動的、次元的に区切ることによって、無数の世界を成立させると同時に、それらの間を結ぶ通路やゲートの役割を果たさせている

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   高次元宇宙では、波動的、次元的に区切ることによって、無数の世界 […]

2011年5月29日 9:02 PM, アセンション・シリーズ 4

市民から集めた莫大なお金の使い道に関わる政治家の仕事の重要性を忘れないために、民主主義国の市民としては、たとえ、小額でもよいから、一定期間ごとに、自分の支持する政治家に寄付する習慣をつけた方がよい

2、政治家は、一般の人々が払う税金の金額や徴収方法や、その使い道を決めるような、お金に関わる、非常に重要な仕事をしているので、そうした政治家の仕事の重要性を忘れないために、民主主義国の市民は、たとえ小額でもよいから、一定 […]

2011年5月29日 6:06 PM, 政治

できれば、民主主義国の市民は、一定期間ごとに、自分の地域から出ている政治家の活動については、細かくチェックして、客観的な評価を決めないといけない

 さて、それでは、再び、話を戻して、現在の私達が住んでいるような民主主義国の市民としては、こうした状況に陥らないために、一体、どのような政治的な態度を取れば、よいのか、というと、大体、以下のような五つの内容になるのではな […]

2011年5月29日 6:02 PM, 政治

源氏物語は、現代の感覚で言うと、せいぜい、一部のセレブの間で流行った、稀代のプレイボーイを主人公にした長編少女マンガのような位置づけに過ぎない Part 2

3、おそらく、中国の漢字全盛の平安期の日本における「ひらがな」の位置づけは、現代の女子高生の「メル文字」と、さほど違わなかったのではないか、と想像されるので、そういう作品に、さも権威をつけて、学校の教室で、難しい古語のま […]

2011年5月28日 9:27 PM, 教育

もともと創造主の目指していた、この宇宙の理想としては、すべての生命の最大幸福の実現が徹底的に肯定されるような、極めて自由でポジティブな宇宙の理想が貫かれていた

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   もともと創造主の目指していた、この宇宙の理想としては、すべての […]

2011年5月28日 9:03 PM, アセンション・シリーズ 4

王制や独裁制や、官僚主導体制の方が、その国の社会の安定や経済成長の面で、多くの人々をより幸せにしてゆけることもあるが、それには当然、限界もあるので、注意が必要である

多くの人々の思い込みとはかなり違って、民主的な政治体制になっていても、実質的に民主主義が全く機能していないケースもあるので、その場合には、政治的に不安定な民主政治よりも、王制や独裁制や、官僚主導体制の政治形態の方が、社会 […]

2011年5月28日 6:03 PM, 政治

源氏物語は、現代の感覚で言うと、せいぜい、一部のセレブの間で流行った、稀代のプレイボーイを主人公にした長編少女マンガのような位置づけに過ぎない Part 1

 今回も教育についての話になります。    千年前の源氏物語の位置づけは、現代の感覚で言うと、せいぜい、一部のセレブの間で流行った、稀代のプレイボーイを主人公にした長編少女マンガのような位置づけであったと考えら […]

2011年5月27日 9:25 PM, おすすめ記事 / 教育

まだまだ完全なユートピア世界とは言えない高次元宇宙の実情

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   まだまだ完全なユートピア世界とは言えない高次元宇宙の実情  前 […]

2011年5月27日 9:12 PM, アセンション・シリーズ 4

民主主義というのは、どこかの偉い人ではなくて、自分や家族も含めた、地域の普通の人々が、積極的に政治に参加することを前提に作られた政治システムである

3、民主主義というのは、その辺の普通の、おにいさん、おねえさん、おじさん、おばさん、おじいさん、おばあさんといった、普通の人々が、ある程度、積極的に政治に参加することを前提に作られた政治システムであるので、そうした普通の […]

2011年5月27日 5:07 PM, 政治

古代や中世の日本や外国の言葉に当たる「古文」や「漢文」の授業は、苦労が多いわりに社会に出ても全く使えない無駄な勉強の代表格である

 第三には、これは、少し理解しづらい内容になるのではないか、と私は思うのですが、現在の社会では、よく考えてみると、ちょっと意味がないのではないか、というよりも、はっきり言うと、実生活では、ほとんど全く何の役にも立たないに […]

2011年5月26日 9:26 PM, おすすめ記事 / 教育

宇宙的な契約関係による、さまざまな「並行世界」や「次元世界」での素晴らしい体験の可能性と、その危険性について Part 2

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   宇宙的な契約関係による、さまざまな「並行世界」や「次元世界」で […]

2011年5月26日 9:06 PM, アセンション・シリーズ 4

民主主義の基本原則は、立法、行政、司法の三権分立であるが、現在の日本では、この役割の違いが、いまだによく理解されていないように見える Part 4

4、民主主義国であるにも関わらず、大して、国民全体の利益(国益)に反するわけでもないような国家機密を、数多く作ろうとしたり、あまりにも不当な報道規制や機密体制を敷こうとするような政治家や政府に対しては、国民は、きっちりと […]

2011年5月26日 5:16 PM, 政治

単なる文章の解読と、その試験のような国語教育は、もう意味がないから、もっと創造的で、実社会で役に立ち、幸福な自己実現を後押しするような国語教育に、全面的に切り変えた方がよいのではないだろうか

 今回も、前回に引き続き、教育についての話になります。   2、何でも難しく考えて、自己卑下して、自分は、何も出来ない、と考えるようになるような国語教育はやめて、もっと創造的で、実社会で、即座に役に立ち、しかも […]

2011年5月25日 9:24 PM, 教育

宇宙的な契約関係による、さまざまな「並行世界」や「次元世界」での素晴らしい体験の可能性と、その危険性について Part 1

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   宇宙的な契約関係による、さまざまな「並行世界」や「次元世界」で […]

2011年5月25日 9:03 PM, アセンション・シリーズ 4

民主主義の基本原則は、立法、行政、司法の三権分立であるが、現在の日本では、この役割の違いが、いまだによく理解されていないように見える Part 3

3、日本のような議員内閣制の国においては、国会の最大多数の党派の中から、首相や大臣といった内閣を組織してゆかなくてはならないのだが、ここで最も問題なのは、国会議員として、優秀な人間が、必ずしも、首相や大臣をやって、優秀と […]

2011年5月25日 5:11 PM, 政治

子供を、本好き、勉強好きに育てたいなら、子供の希望を一切無視した、約十年にも渡るような国語教育の強要なんて、一切止めた方がいい

 今回も、前回に引き続き、教育についての話になります。    それでは、現在の国語教育で、一体、何が問題なのか、というと、簡単に要点だけ述べると、大体、以下のような三つの内容になります。   1、子供 […]

2011年5月24日 9:22 PM, 教育

「次元」ー一定以上の波動の違いによって、全く違う並行世界が次々と出現してゆく

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   「次元」ー一定以上の波動の違いによって、全く違う並行世界が次々 […]

2011年5月24日 9:03 PM, アセンション・シリーズ 4

民主主義の基本原則は、立法、行政、司法の三権分立であるが、現在の日本では、この役割の違いが、いまだによく理解されていないように見える Part 2

2、立法府のメンバーである国会議員の元々の仕事は、内閣の仕事ぶりを、客観的にチェックすると同時に、国家全体を、より豊かに幸福にするための、さまざまな法律を作ったり、変えたり、廃止したりすることであるので、そうした国会議員 […]

2011年5月24日 5:37 PM, 政治

民主主義の基本原則は、立法、行政、司法の三権分立であるが、現在の日本では、この役割の違いが、いまだによく理解されていないように見える Part 1

2、民主主義の基本原則においては、政治的な仕事は、行政府(内閣)に、法律の制定や行政府のチェックに関わる仕事は、立法府(国会)に、それから、そうした法律に基づく裁判は、司法府(裁判所)に、ある程度、きっちりと権力を分けて […]

2011年5月23日 9:26 PM, 政治

たとえ、国語教育であっても、その人が、何を楽しいと感じるか、とか、何に感動するか、ということにまで、深く干渉し過ぎた場合には、単なる人権侵害になってしまう

 今回から、何回かに渡って、再び、教育について、述べてみたいと思います。   民主主義国の国語教育の目的は、一人一人の人間が、その国、及び、その国と関係の深い諸外国の言葉の読み書きを、しっかりマスターできるよう […]

2011年5月23日 9:12 PM, おすすめ記事 / 政治 / 教育

「波動」ーこの宇宙にある、すべての存在をあらしめている創造主の生命エネルギー

今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   「波動」ーこの宇宙にある、すべての存在をあらしめている創造主の生 […]

2011年5月23日 9:09 PM, アセンション・シリーズ 4

「波動」と「次元」による仕切りや通路が、高次元宇宙の仕切りや通路の役割を果たしている

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。 ※今回から数回の文章は、前にも、一度、別の記事で載せたことがあるのですが、も […]

2011年5月23日 9:07 PM, アセンション・シリーズ 4

Q&A 高次元宇宙では、「名前」というのは、ほとんど使われていない Part 2

高次元宇宙は、自分と他の人々や生き物達との違いが、非常に希薄な世界であるので、そもそも、「名前」に当たる概念自体が存在していない  さて、話を戻しますが、そうすると、高次元宇宙、というか、外宇宙では、いったい、どのような […]

2011年5月22日 9:26 PM, Q&A  / スピリチュアリズム、霊界

高次元宇宙では、すべての生命が、最も幸福を感じられるような現実を、自分の好きなだけ自由に体験できるような理想世界になっている

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   高次元宇宙では、すべての生命が、最も幸福を感じられるような現実 […]

2011年5月22日 9:09 PM, アセンション・シリーズ 4

その地域の政治家を、単なる地域の企業経営者のように考えて、できれば、その地域の人々は、四半期ごとに、その政治家の政治活動や実績を、こまめにチェックするような習慣をつけた方がよい

 さて、それでは、こうした観点に立った場合、政治家と、普通の一般大衆というのは、一体、どのような関係を築けばよいのか、というと、大体、以下の三つのことが、重要になってきます。   1、できれば、それぞれの地域の […]

2011年5月22日 5:22 PM, 政治

Q&A 高次元宇宙では、「名前」というのは、ほとんど使われていない Part 1

 よく高次元宇宙や、外宇宙では、「名前を使わない」、とか、「名前を呼ぶ習慣がない」、というような話が出てくるのですが,今回は、それについての私の見解を述べます。   霊的には、名前を呼ぶと、その存在と会っている […]

2011年5月21日 9:26 PM, Q&A  / スピリチュアリズム、霊界

すべての生命の幸福の最大化が目指され、実現されている高次元の光の宇宙の世界

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   すべての生命の幸福の最大化が目指され、実現されている高次元の光 […]

2011年5月21日 9:07 PM, アセンション・シリーズ 4

本当は、民主主義においては、一般の人々の方が、政治家を評価する側の先生の立場で、政治家の方が、一般の人々から評価される側の生徒の立場になっている

 今回から、何回かに渡って、再び、現在の日本の政治についての見解を述べてみたいと思います。   本当は、政治家と一般の人々との関係においては、政治家が、偉い先生なのではなくて、一般の人々の方が、政治家の仕事ぶり […]

2011年5月21日 5:22 PM, 政治

現在の地球の主だった宗教は、創造主や光の存在達の権威を利用して、多くの人々を縛り、操るための単なる支配の道具になっている Part 8

現在の地球の主だった宗教は、信仰にしても、愛や知恵にしても、救済にしても、誇大宣伝や薬効ばかりの中身不在の内容が多かったために、高次元宇宙の創造主や光の存在達からは、ほぼ完全に「反世界教」、もしくは、一種の「悪魔教」のよ […]

2011年5月20日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

高次元の光の宇宙領域は、まるで夢いっぱいサービスいっぱいの楽しい至福の遊園地やテーマパークが、たくさん散りばめられた夢の国のような所である

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   高次元の光の宇宙領域は、まるで夢いっぱいサービスいっぱいの楽し […]

2011年5月20日 9:07 PM, アセンション・シリーズ 4

現在の地球の主だった宗教は、創造主や光の存在達の権威を利用して、多くの人々を縛り、操るための単なる支配の道具になっている Part 7

3、冷静に論理的に、この世的な知識と理性に基づいて、考え直してみる限り、キリスト教や浄土教(阿弥陀信仰)で説くような宗教的救済は、現実には、全く不可能な話である  第三には、これも非常に問題の多い話なのですが、キリスト教 […]

2011年5月19日 9:31 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

いくらでも無数の真実や実在が成り立つ、高次元宇宙の不思議 Part 2

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   いくらでも無数の真実や実在が成り立つ、高次元宇宙の不思議  P […]

2011年5月19日 9:03 PM, アセンション・シリーズ 4

現在の地球の主だった宗教は、創造主や光の存在達の権威を利用して、多くの人々を縛り、操るための単なる支配の道具になっている Part 6

4、霊的に見ても、現実的に見ても、現在、多くの宗教で説かれているような宗教的救済は、ほぼ不可能だし、また、現代では、それ以外の非常に有益な問題解決の手法やシステムが、たくさん用意されているので、実際には、そうした宗教的救 […]

2011年5月18日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

いくらでも無数の真実や実在が成り立つ、高次元宇宙の不思議 Part 1

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   いくらでも無数の真実や実在が成り立つ、高次元宇宙の不思議  P […]

2011年5月18日 9:01 PM, アセンション・シリーズ 4

現在の地球の主だった宗教は、創造主や光の存在達の権威を利用して、多くの人々を縛り、操るための単なる支配の道具になっている Part 5

4、現在の地球の主だった宗教では、信仰にしても、愛や知恵にしても、救済にしても、誇大宣伝や効能書きが多いわりには、実質的な中身が、あまりに少ない上に、現代の時代には、すでに役立たない内容が、あまりにも多過ぎる  第四には […]

2011年5月17日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

地球から見た外宇宙の様子と、実際の高次元の光の宇宙の様子との違い Part 2

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   3、五次元以上の光の宇宙領域は、非固形的、非物質的な存在形態の […]

2011年5月17日 9:06 PM, アセンション・シリーズ 4

現在の地球の主だった宗教は、創造主や光の存在達の権威を利用して、多くの人々を縛り、操るための単なる支配の道具になっている Part 4

3、たとえ、どんなに偉大な聖者であっても、たいてい、普通の人間と、それほど大差ないような普通の生活を営んでいるものであるが、それを脚色して、あまりに非現実的な形で神聖視するようになると、巷の宗教によくありがちな願望成就や […]

2011年5月16日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

ホームスクーリングについて Part 8

その家庭によっては、ホームスクーリングよりも、学校の方が、ずっと良いケースもあるし、また、テロや防衛上の問題も考えると、本当は、国家というよりも、多くの人々が、いろいろな意見を出し合ったり、協力し合いながら運営する、学校 […]

2011年5月16日 9:22 PM, 教育

地球から見た外宇宙の様子と、実際の高次元の光の宇宙の様子との違い Part 1

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   地球から見た外宇宙の様子と、実際の高次元の光の宇宙の様子との違 […]

2011年5月16日 9:03 PM, アセンション・シリーズ 4

現在の地球の主だった宗教は、創造主や光の存在達の権威を利用して、多くの人々を縛り、操るための単なる支配の道具になっている Part 3

2、その聖者の日頃の行いを除いて、偉大な業績だけが、誇張されて伝えられるようになると、多くの人々は、自分自身の知恵の獲得もなければ、努力もなし、というような自暴自棄で堕落した宗教形態に陥りがちである  第二には、これも、 […]

2011年5月15日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

ホームスクーリングについて Part 7

4、ホームスクーリングの場合には、親の経験から見て、社会に出て、数十年経っても、もう一度も使わなかったような内容は、思い切って、試験に通れば、それで良しという程度に手を抜くと共に、社会に出て、すぐに必要になる知識や技能に […]

2011年5月15日 9:15 PM, 教育

闇の勢力の陰謀によって、かつて、この宇宙では、全宇宙規模でのブラックホール化による低次元の暗黒領域への次元陥没があった

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   闇の勢力の陰謀によって、かつて、この宇宙では、全宇宙規模でのブ […]

2011年5月15日 9:02 PM, アセンション・シリーズ 4