Light Symbol

2020年7〜8月現在のアセンションの状況について Part 46

 四つめは、これは先ほども述べましたが、特に政治や医学や宗教や哲学などの分野において、パッと見聞きした瞬間に、「ああ、難しそう」、「もう見たくない」、「できれば話も聞きたくない」などと思って、何が何だか、わからなくなってくるような専門的な言葉や概念などに関しては、たいてい、そうした専門的な言葉や概念などについての多くの人々の意識が、かなり複雑に絡み合った意識の塊のような存在がいることが多いようです。

 ですので、例えば、「これまで非常に長い間、ものすごく拒絶感や嫌悪感を感じていた内容だったのだが、少し、ちゃんとした説明を聞いてみたら、それほど難しい内容でもなくて、頭が悪いと思っていた自分でも、わりとすんなり理解できた」とか、「一見、とても難しそうだったので、自分にはとてもできないと考えていたのだが、ある程度、しっかり練習したら、自分でもできるようになった」などというような体験をしたことのある人は多いと思うのですが、たいてい、そうした形で多くの人々が、なんとなく、ほぼ瞬間的に難しそうに感じたり、嫌がったり、逃げ出したりしたくなるような、少し難しそうな専門的な言葉や概念などに関しては、そうした言葉や概念の裏側に、少し怖い感じの半霊的な思念存在がいることが多いようです。

 この物質世界の人々ばかりでなく、幽界のような霊的な世界にいる人々にも、よくわからないような、霊的、非霊的存在達の代表的な種類としては、だいたい、以上のようなものがあげられるのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年9月24日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

何日か、お休みします

 何日か、お休みします。

Cecye(セスィエ)

2020年9月22日 8:51 PM, お知らせ

2020年7〜8月現在のアセンションの状況について Part 45

※こうしたケース以外にも、以前からスピリチュアルな分野で言われているように、そうした家や部屋や土地に何らかの霊的な存在が住み着いていたり、また昔からの何らかの縁で、その家や部屋や土地などに別の時空間が、ほぼダブルような形で成立してしまっているために、別の場所や時間に誰かが、何かしたことによって(誰かとしゃべったり、どこかを走ったりするような、ごくごく普通の行為のことですが・・・)、そうした不思議な現象が起きていることもあったようです。

 

 あとは、最近はアセンションの影響で、かなり変わってきているかもしれないのですが、昔から朝日が昇る時間帯や、夕陽が沈む時間帯や、真夜中の時間帯などのような一日の中の特定の時刻や時間帯や、また一年の中の特定の日にちや期間の間は、一見、同じような物質世界であっても、ちょっと霊的な雰囲気になったり、少し変わった現象が起きやすくなることがあったようです。

 そうした形で、一日の中の一定の時刻や時間帯や、また一年の中の一定の日にちや期間の間は、様々な霊的な存在達の影響が、非常に強くなることもあったようです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年9月21日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

2020年7〜8月現在のアセンションの状況について Part 44

 三つめは、これもおそらく、この物質世界で生きていると、正直言って、なかなか、よくわからないことが多いような内容になってくるのではないか、と思うのですが、簡単に言うと、前にも無色透明な感じで気配もあまり感じられないような、本当にいるのかどうか、全くよくわからない「空」の化け物のような、半霊的な存在がいるということを述べたことがあったのですが(参考)、そうした形で、例えば、建物や部屋や土地などのような、ある一定の広さの空間や、もしくは、夕方や真夜中などのような、ある一定の時刻や時間帯などが一つの思念を持って、まるで生きているかのように物質世界や、あるいは、幽界のような異次元世界の人々や生き物達に、様々な影響を与えてくることがあったようです。

 ですので、こうした空間存在のような半霊的存在がいるような空間に入ると、そうした空間の中にいる人が、何かを行ったり、また思ったりしただけで、いろいろな物が、まるで何らかの意思でもあるかのようにバチバチと鳴ったり、時には、何もない空間から人や動物の声が聞こえてきたり、いろいろな物が動いたりするよう、かなり不思議なことが起きることがあったようです。

 こうしたケースの場合、そこにいる人間としては、自分自身でいろいろ考えて、いろいろなことをやっているような感覚を持っているのかもしれませんが、霊的、異次元的な目で見ると、もっと大きな家や部屋や土地などの霊的な存在の中に入り込んで、そうした霊的な存在達のかなり強い影響を受けながら、生活せざるをえないような状況になっていることが多かったようです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年9月19日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

2020年7〜8月現在のアセンションの状況について Part 43

 二つめは、これは一般には、まるで神仏の働きのように理解されていることも多かったようなのですが、簡単に言うと、人間が使っている一部の文字や言葉やシンボルなどに関しては、そうした文字やシンボルの形や、言葉の響きなどが、霊的、異次元的には、まるで実際に存在し、活動している霊的な存在のように感じられることがあったということです。

 ですので、ここからが多少ややこしくなるのですが、例えば、みなさんが「神」や「仏様」などというような言葉を発すると、まるでそこに本物の神仏や天使や菩薩などのような霊的な存在達がやってきて、様々な働きをするように感じられることもあったのではないか、と思われるのですが、残念ながら、そうした際に感じられた霊的な存在達や、そうした働きというのは、すべてがすべて、本物の霊的な存在達ではなくて、言ってみれば、そうした文字や言葉やシンボルなどのようなものが呼び寄せた、霊的な思念の塊のような存在であることも多かったようなのです。

 それゆえ昔のユダヤ教の教えでは、当時の神の名前をしょっちゅう口に出して唱えてはいけない、というような啓示があったのではないか、と思われるのですが、これを現代的な感覚で、もっと簡単に説明すると、ガツガツした荒々しい響きや、強い欲望や恐怖や迷いの気持ちのまま、神仏の名前をたくさん唱えても、ちゃんとした神仏はやってこれないし、また地上の世界の波動が荒れて、霊的な守護もしづらくなるから、もっと敬虔な精妙な心で、本当に正しい神仏に心を向けて、祈りの言葉を唱えなさい、というような意味だったのではないか、と思われます(参考1参考2)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年9月18日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / ユダヤ教 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

2020年7〜8月現在のアセンションの状況について Part 42

 こうした霊的、非霊的存在達の中には、現在述べているような霊界や異次元世界にいる思念存在達のようなものも含まれているのですが、これに関しては、だいたい次のような四つのことが言えます。

 まず一つめは、これは現在、私達の世界でも、だんだん発達してゆきつつある3Dのゴーグルやヘッドフォンや、タブレット型端末やウェアラブル端末のようなものが、全く目に見えないような状況になったところを想像していただくと非常にわかりやすいと思うのですが、要するに、この物質世界にいる人間だけでなく、霊界や異次元世界にいる人間であっても、一見、何も見聞きできないのに、いつの間にか、どこからともなく人の声が聞こえてきたり、次々と何らかのイメージを見せてこられるような、かなり不思議な体験をさせられるようなケースになります。

 つまり、この物質世界にいる人間だけでなく、霊界や異次元世界にいる人間であっても、一見、全く何も見聞きできないにも関わらず、その人の目の前や頭の上や、体のすぐ近くに透明な本や、透明なディスプレイやヘッドフォンのようなものがあって、そうしたものが、神仏や祖先やもののけや怨霊や化け物などのような様々なイメージを心の中に送って、話しかけてきたり、さらには、まるで自分自身が本当に感じたり、思ったりしたかのように、様々な感情や思念の塊を送ってくることがあったようなのです。

 こうした半霊的存在は、五次元以上の高次元世界では、あまり見聞きしないのですが、四次元以下の幽界や、この物質世界の人間には、様々な形で働きかけてくることがあったようです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年9月17日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

2020年7〜8月現在のアセンションの状況について Part 41

③この物質世界だけでなく、霊的な世界にいても、そう簡単には本当にいるのかどうか、よくわからないような霊的、非霊的存在達の活動と対策について

 三つめは、これは、この物質世界の人々ばかりでなく、霊的な世界にいるような人々や生き物達、というか、霊的な存在達にとっても、時折、様々な混乱をもたらすような内容になってくるのですが、簡単に言うと普通、この物質世界の人間の五感では、そうした霊的な存在達がいるのかどうか、というのは、なかなかわからないことが多いのですが、それとほぼ同じように霊的な世界にいるような霊的な存在達であっても、彼らの感覚では、そこに本当に何がいるのかどうか、よくわからないような、かなり不可思議な霊的、非霊的存在のような存在達がいるようなのです。

 私の文章では、こうした内容は、前にも少し触れたことがあったように思うのですが、簡単に言うと、霊界にいる霊のような存在達であっても、一見、彼らにも何もいないように感じられるにも関わらず、なぜか何もない所から人間や、何らかの生き物などの声が聞こえてきたり、何かが現れてきたりするような、かなり不思議な出来事を起こしてくるような、少し変わった霊的な存在達がいるようなのです。

 はっきり言って、こうしたことは五次元以上の高次元世界では、あまり見聞きされることは少ないのですが、ところが、それより下の四次元の幽界のような異次元世界では、様々な形で、そうした不思議な存在達との遭遇、というか、交流もあるようなのです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年9月15日 9:17 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

2020年7〜8月現在のアセンションの状況について Part 40

 二つめは、これはもっと難しい内容になるのですが、そうした霊的存在達の中には、本当にかなり強い霊的なパワーを持っていて、この物質世界の人間の意識を、いつの間にか、すっかり乗っ取ってしまい、本人としては、後から考えてみても、いったい何が起きたのか、よくわからなくなってしまうような、かなり変わった言動をさせたり、精神的にかなり不安定にさせてくるようなケースもあるようなのです。

 はっきり言って、昔から神仏に関わるような不思議な出来事には、こうしたケースが、かなり多かったようなのですが、ただ、どう考えてみても、あまり良い影響を受けているとは思われないような場合には、自分自身や、自分の身の回りを、きれいに清めたり、または、もっと強い、まともな霊的な存在達の守護を得て、できるだけ、そうしたあまりよくない霊的な存在達の影響は排除してゆくことが、とても大切なのではないか、と思われます(参考1参考2参考3参考4)。

※神仏のような格を持つ霊的な存在達の中には、本当に身を削るような努力をして、日夜、地上の人々のために働いているのに、そうした霊的な存在達をかなり不当な形で蔑んだり、霊的な封印をしようとした場合や、また、そのままの状況であると、霊界や地上の世界にとんでもない災いが起きるのに、地上の人々が、かなり傲慢な精神性でそうした霊的な原因を改めようとしない場合には、かなり感情的に、しかも、かなりはっきりと、これとわかるような物理的な現象を起こして、地上の人々に警告してくることがあります。普通は、地上の人々を混乱させるような霊的な働きは、良くないケースの方が圧倒的に多いのですが、稀にこうしたケースの場合には、地上の人々が、霊的な存在達の意思をある程度、しっかりと汲み取る必要があるのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年9月12日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想

2020年7〜8月現在のアセンションの状況について Part 39

 それでは、そうした際に、いったい、どのような指針で、様々な霊的な存在達の意見を聞いたり、聞かなかったりするべきなのか、ということが非常に重要になってくるのですが、これに関しては、だいたい次のようなことが言えます。

 まず一つめは、単純に言って、その霊が、どんな偉大な素晴らしい存在であるように感じられたとしても、この物質世界で生活している人間の都合や自由意志を、あまりにも全く認めなかったり、あるいは、一方的に否定して、何らかのことを強制しようとしてくるような場合には、原則、多少用心して、すぐに何でも言う通りにはせずに、まずは小さなことから、相手の霊の言っていることの真偽をしっかり確認したり、実際に言っている通りの事実があるのか、また予言の通りの状況になるのか、しっかり確認してゆくことが、とても大事になります。

 こうした際に少し判断が難しいと思われるのは、現在、この物質世界で起きている何らかの出来事のために、「とにかく、今すぐ何かをしてくれ」とばかりに怒り狂っているようなタイプの霊の言動に振り回されるような状況があるのですが、はっきり言って、こうした際にも、「その霊の言っている事実は、確かなのか」、また「その霊の言った通りにしたら、実際に良い結果になるのか」などというようなことについての確認は、やはり、とても大事になるのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年9月9日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 予知、予言、未来予測 / 宗教、道徳 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想

2020年7〜8月現在のアセンションの状況について Part 38

 それというのは、要するにそうした一昔前の時代には、地上の人間に霊的なメッセージを受け取ってもらうこと自体が非常に難しかったし、また、さらにたくさんの人々にそうした霊的なメッセージを広げるとなると、様々な政府の検閲や、他の宗教や社会的な妨害をかいくぐりながら、本を出版したり、大勢の人々の前で話をしてゆく必要があったので、非常に大変なところがあったからなのです。

 それが現代のように言論の自由がしっかり保障されている上に、出版やインターネットなどでの発表が、かなり自由に行えるような時代になってくると、これは現在、アセンションの進行によって、以前の時代と比べると多くの人々が、かなり霊的な感覚を持ちやすい時代になってきていることとも非常に大きな関係があるのですが、はっきり言ってしまうと、以前の時代と比べると、かなり大勢の人々が、それぞれの人が受け取った霊的な啓示やインスピレーションのようなものを、あちこちで、より自由に発表できるような時代になってきたようなところがあるわけです。

 ところが、先ほども述べたように、一言に霊的な存在達がいると言っても、それぞれの霊の性格や能力に関しては、かなりピンからキリまで、いろいろな種類の霊的な存在達がいるのですが、そうしたたくさんの霊的存在達の中には、結構強い感じで、すぐに断定調、命令調で話してきたり、かなり強い信念を持っていて、地上の人間の立場や自由意志をあまり尊重してこないようなケースもあるようなのです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年9月8日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想