Light Symbol

現在の新型肺炎やインフルエンザなどへの霊的な対策について Part 23

 その理由は、「病気や怪我で、すごく苦しい」とか、「病気や怪我が、なかなか治らない」とか、「病気や怪我を早く治さなくては・・・」とか、「誰か病気や怪我を治してください」などと強く思っているということは、一方で自分の心の中に強い欠乏や恐怖の思いや、病気や怪我を強く肯定するような思いを持ちながら、もう一方では、「欠乏や恐怖の状態から逃げ出したい」とか、「早く病気や怪我でない状態にしたい」などというように、霊的には、同時に二つの思いを持っていることになるので、そうした精神状態であると、いくら霊的なことをある程度よく知っていたとしても、自分が思ったようには、なかなか、うまく治らないことが多いからです。

 ですので、そうした中途半端な精神状態ではなく、できるだけ物理的、肉体的には、より確実な治療のステップを踏むことが望ましいとは思うのですが、霊的、精神的には、そうした病や怪我を創り出すような心の中の原因はしっかり取り除いた上で、「◯◯神仏よ。自分の病や怪我は、もうすでに神仏の癒しの光によって、きれいに治りました。心から感謝いたします」などというように、単に自分が健康になったイメージを思い描くだけではなく、もうすでに自分が、神仏の霊的な光によって癒されて、心身共に健康になったことを、霊的に受け入れて、心から感謝するような祈りや瞑想をすると、この世的にも病気や怪我の治療のための時間を、かなり短くしてゆくことができるようです。

※ただし、これは決して、この世的な予防や治療を完全に否定するような意味ではないので、たいていのケースの場合には、この世的な予防や治療の手段は、普通にしっかり行った上で、こうした祈りや瞑想を行うことを推奨します。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年4月8日 9:08 PM, キリスト教 / スピリチュアリズム、霊界 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 愛について / 現在のアセンションの状況 / 瞑想

現在の新型肺炎やインフルエンザなどへの霊的な対策について Part 22

⑥病気や怪我の治療を通しての霊的な学びや祈りや瞑想の仕方について

 六つめは、今度は、病気や怪我の治療を通しての霊的な学びや、祈りや瞑想の仕方などについて、述べてみたいと思います。

 

1、信仰的なパワーを使って、病気や怪我を癒すための祈りや瞑想の方法について

 まず一つめは、これはある程度、祈りや瞑想のようなことができるような人が対象になる方法になるのですが、かなり簡単にはしょって説明すると、だいたい次のような瞑想の仕方になります。

 これは霊的というよりも、信仰的なパワーを使って、そうした病や怪我を治すための方法になるのですが、まずは、みなさんが最も好きな、あるいは、最も信仰している神仏に心を向けて、先ほど述べたような形で、そうした神仏の光が、自分の頭の上から胴体、そして手足の先の隅々にまで自分の体を満たしてゆくようなイメージの瞑想をします。

 そうした際には、単に神仏に助けを求めて、治してもらうことや、自分の病気や怪我の苦痛や困難のことばかりを考えるのではなく、できるだけ自分の心身の波動を穏やかな精妙な状態にして、そうした神仏に自分の意識をしっかり合わせた上で、物理的、肉体的にはともかくとして、霊的には、そうした神仏の力のよって、もうすでに自分の病気や怪我が完全に治っているところを、ありありとイメージしながら、強く確信した上で、神仏に対して、「◯◯神仏よ。自分の病や怪我を治していただいて、ありがとうございます」と心から深く感謝しながら、そうした神仏と自分が霊的に深く一体になるような祈りや瞑想をしてゆきます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年4月8日 9:07 PM, おすすめ記事 / キリスト教 / スピリチュアリズム、霊界 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 愛について / 現在のアセンションの状況 / 瞑想

何日か、お休みします

 何日か、お休みします。

 

Cecye(セスィエ)

2020年4月2日 8:51 PM, お知らせ

現在の新型肺炎やインフルエンザなどへの霊的な対策について Part 21

 それから五つめは、これも前にも述べたことがあるのですが、たいてい自分の周りの様子が、あまりにも慌ただしい、荒々しい状況になっていると、そのままの自然な状態では、どうしても周りの雰囲気に染められて、自分の心身の波動も荒々しいものになってしまうことが多いものです。

 ですので、そうした際には、まずは自分自身がやるべきことが、しっかりやれるようになっているのであれば、先ほどから述べているような感じで、少し深呼吸したり、短い休憩を入れたりして、自分の心身の状態を、できるだけ穏やかな澄みきった状態にしてくことが、とても大切になります。

 それというのは、肉体的にも精神的にも、病気になったり、怪我をするような人というのは、そうした病気になったり、怪我をする以前の段階から、そうした病気や怪我を呼び込むような心身の波動になっていることが多いようなので、特に現在のような時期には、自分の心身の状態は、できるだけ穏やかな愛や感謝に満ちたものにして、そうした病気が、体の中で大きく広がったり、大きな怪我をしたりしないようにしておくことが、とても大切なのではないか、と思われます(参考)。

 

 続く・・・

 

 追伸

 現在は世界中が、新型肺炎で、かなり大変な状況になってしまっているのですが、少し前の文章でも述べましたが、中国や日本などの東洋と、ヨーロッパやアメリカなどの西洋は、霊的、異次元的には、まるで裏表のような関係になってしまっているようなところがあるので、現在、わりと中国の新型肺炎は、かなり収束しつつあるのですが、逆に中国とは、霊的、異次元的に対のような関係になってしまっているヨーロッパやアメリカでは、そうした新型肺炎が、かなりの猛威を振るうような状況になってしまっているようなところがあるようです(霊的、異次元的に日本は、ちょうど中間の辺りの位置づけになるので、現在は、ヨーロッパやアメリカの影響を強く受けるような状況になっているようです)。

 また後日、ある程度詳しく述べたいとは思っていますが、この世的には、一見同じコロナウィルスのように見えるのですが、この世的な対応はともかくとして、霊的、異次元的には、ヨーロッパやアメリカのコロナウィルスは、まるで別の対応をしなくてはいけないようなところがあるので、かなりややこしいところがあるようです。

 

Cecye(セスィエ)

2020年4月1日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想

現在の新型肺炎やインフルエンザなどへの霊的な対策について Part 20

 四つめは、今度は霊的なエネルギーの量についての話になるのですが、もし自分がやっている仕事が、あまりにも多くなりすぎたり、また周りの人々との関係で、ものすごくエネルギーを奪われて、大変な疲労感を感じるようになってしまった場合には、ずっとそのままの心身の状態で生活していると、単に疲れているだけでなく、だんだん、いろいろな怪我や病気を引きつけやすくなってくることがあるので、とても注意が必要になります。

 ですので、そうした際には、なるべく早めに毎日の作業を切り上げたり、周りの人々にいろいろ協力してもらったりして、できれば、少し一人の時間をとって、日頃から自分がやりたいと思っているようなことをしたり、また少しゆっくりと休んだりして、自分の心身の状態が、あまりにも外部の出来事に引っ掻き回されないようにして、自分の霊的なエネルギーを充電し直す必要があるのではないか、と思われます(参考1参考2)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年3月31日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想

現在の新型肺炎やインフルエンザなどへの霊的な対策について Part 19

 三つめは、先ほども述べたように自分の心の中に、あれこれ、たくさんの悩み事や、様々なイライラやストレスのようなものを溜め込んでいると、どうしても自分の心身の波動が荒れて、単に精神的に苦しくなったり、荒々しくなったりするだけでなく、そうした自分の心の状態と相通じやすい、いろいろな問題や事故や病気のようなものを引きつけてきやすくなってくるようなところがあります。

 ですので、常に自分の心の状態はある程度、客観的に確認するようにしておいて、その時々の状況として、あまりにも自分の心の状態が、いろいろな悩み事やイライラやストレスのようなもので、いっぱいになってきているように感じられた場合には、少し時間をとって、自分なりにゆっくり解決のための時間をとったり、また他の人々にしっかり相談するようにして、そうした問題は、できるだけ少なくしておくことが、とても大切なのではないか、と思われます。

※たいてい病気は、とても大変なことが多いので、非常にネガティブに捉えられることが多いのですが、ただし見方を変えると、それは、それまで隠れていた自分自身の心や体の間違いや苦しみが、いったん外部に表されることで、何らかの大事な学びや教訓を得たり、霊的に浄化されてゆく機会になっていることも多いようです。ですので、怪我や病気をしてしまった際には、単にすべてマイナスに捉えるのではなく、そうした怪我や病気を通して、自分は学ぶべきことをしっかり学び、また日頃はわからなかった健康のありがたさや、周囲の人々の気遣いや思いやりにしっかりと気づいて、再度、自分の人生を見つめ直し、より良き成長の機会にしてゆくことが、とても大切なのではないか、と思います。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年3月28日 9:04 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 成功論、繁栄論 / 現在のアセンションの状況

現在の新型肺炎やインフルエンザなどへの霊的な対策について Part 18

※こうした瞑想的な方法で、自分の心身のあまり良くない部分に霊的なエネルギーを流す方法以外には、わりと人間の本能的な治療方法になりますが、自分の体の手のひらを霊的なエネルギーの通り道にして、怪我や病気の患部に霊的な癒しのエネルギーを送って、肉体の痛みを軽減したり、より早く、より良い状態で患部の完治を進めてゆくような方法もあります。おそらく、どんな人であっても、体の痛い所に手を当てると、なぜか、ある程度は怪我や病気の痛みが軽減されることは、体験的に知っているのではないか、と思うのですが(私は子供の頃、自分の体で実験して確かめたことがあります。笑)、先ほど述べたような感じで、頭の上の辺りから、自分の体に霊的な光を満たすようにしながら、自分が癒したい患部の部分に手のひらを当てて、そうした霊的な光を流してゆくようなイメージをすると、より強く患部に霊的なエネルギーを流してゆくことができます。そうした際には、できるだけ自分の心を穏やかで無私な愛のある状態にしながら、神仏に癒しの光を送ってもらうように頼んで、そして、そうした神仏の癒しの光が、自分の霊体を通して、できるだけストレートにそのまま患部全体に流れてゆくようにすると、霊的には、より効果が高くなるのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年3月28日 9:03 PM, キリスト教 / スピリチュアリズム、霊界 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想

現在の新型肺炎やインフルエンザなどへの霊的な対策について Part 17

 二つめは、そうした呼吸法によって、わりと穏やかな心身の状態にすることができるようになったのであれば、時々、もう少し積極的な形で、自分自身の肉体や霊体に、霊的なエネルギーを満たしてゆくような瞑想をすると、心身の健康には、とても良い効果があります。

 具体的には、高次元の光の世界や、神仏のいる天界や、地球の中心の光り輝くコアなどのような非常に精妙な霊的な光をイメージしながら、そうした光が、自分の肉体や霊体の中にたくさん流れ込んできて、自分の肉体や霊体を満たしてゆくようなイメージの瞑想をすると、わりと簡単に自分の心身に霊的なエネルギーで満たしてゆくことができます。

 それから特に自分の心身に異常を抱えている際には、霊的な光を患部に流して、そうした霊的な光で満ち満ちているような瞑想をすると、わりと短期間のうちに病気の症状を回復させることができることもあるようです。

 当然のことですが、これは通常の医療行為を否定しているわけではないので、できれば、通常の医療的な治療を受けると同時に、そうした霊的なエネルギーで満たしてゆくような瞑想を行うと、霊的には、相乗効果が出て、非常に良い効果が発揮できるようです(参考1参考2参考3)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年3月27日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想

現在の新型肺炎やインフルエンザなどへの霊的な対策について Part 16

 少しお休みしましたが、続きの文章を載せてゆきたいと思います。

 

⑤できるだけ穏やかで清らかな心の状態を保つように心がけてゆく

 五つめは、こうした内容は、前から何度も述べていると思いますが、霊的な光をよりたくさん受けてゆくためには、常にできるだけ自分の心を穏やかで清らかな状態に整えておくことが、とても大切になります。

 ここでは、誰でも少し努力すればできるような、わりと簡単な心の持ち方の指針を述べてみたいと思います。

 一つめは、どんな人であっても、常に怒ったり、不平不満や嫉妬心を持ったり、いろいろな悩みやストレスを溜め込むような精神状態になっていると、どうしても霊的な波動が下がって、物理的にも、いろいろな怪我や病気や間違いや困難を引きつけやすくなってしまうようなところがあります。

 そうすると日頃の心の持ち方としては、できるだけ穏やかな精神状態であることが望ましいのですが、わりと簡単にできる心の落ち着け方としては、これは当然、毎日、自分がやるべきことが、しっかりできている上での話になるのですが、時折、「自分の心が荒れてきたな」と思ったら、目を半眼ぐらいに閉じて、あまり周りの視界が入らないようにしながら、できるだけ長く、ゆっくりと息を吐くような深呼吸を何度も繰り返してゆくうちに、自分の心の波立ちを鎮めてゆくような方法があります。

 こうした深い呼吸によって、心の波立ちを鎮めてゆく際には、できれば、腹式呼吸をしながら鼻から息を吸い、それから息を吐く際には、ゆっくりと口から一定の量の息を、できるだけ長く吐くような呼吸の仕方を、何度もするようにしてゆけば、わりと早く穏やかな心の状態を取り戻すことができるのではないか、と思われます(参考1参考2)。

※口から息を吸うやり方でもよいのですが、現在は伝染病が問題になっている時期なので、口からよりも、鼻から呼吸した方が、空気の中の異物をよりしっかり取り除くことができるのでよいのではないか、と思われます。

※霊的には、その人の心身の状態が、怪我や病気の霊的な波動と合いづらい波動を出していると、そうした怪我や病気を引きつけづらくなるようなところがあります。ですので、人混みなど、周りが雑々とした雰囲気の場所にいる際や、何らかの病気にかかって、療養する際などには、時々、こうした呼吸法を行ったり、できるだけ穏やかな心身の状態で過ごしたり(別に元気があるなら運動しても構わないのですが・・・)、また日頃は、あまりしないような様々な気分転換や体や心のケアのようなことを行うと、わりと早く回復しやすいところがあるようです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年3月26日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 仏教 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想

現在の新型肺炎やインフルエンザなどへの霊的な対策について Part 15

④できるだけ物事の明るい良い面を肯定的に見るように心がけてゆく

 四つめは、現在は、世間も個人の生活も、結構大変な状況になってきているので、いろいろと大変なことは多いとは思うのですが、まずは、自分が知るべきことはしっかり知り、また自分がやるべきことはしっかりやっているのであるなら、基本的には、いつまでもあまり暗いネガティブな精神状態で過ごさずに、できるだけ明るく楽しいポジティブな精神状態で過ごすことが、とても大切なのではないか、ということです。

 それというのは、常に、あまりにも暗い汚いことばかりに目を向け続けていると、どうしても自分の心の状態としては、何をやっても、うまくいかないし、それから自分自身や家族のことにしても、また会社や世の中のことにしても、みんな悪い人や敵や悪いことばかりのような気分になってくるからです。

 そして、そうした心の状態でいると、たとえ自分の身の回りに非常に莫大な霊的なエネルギーが、燦々と降り注いできているとしても、霊的には、まるで自分の方から、そうした霊的なエネルギーに対して、心身と閉ざした状態になってしまうようなところがあるのです。

 ですので、これは、決して現実を無視するような独りよがりの生き方を勧めているわけではないのですが、常にしっかりと現実を受け入れて、より良くしてゆくための努力や工夫をしているのであれば、できるだけ物事の明るい良い面に自分の意識を向け続けるようにしてゆけば、いきなり、すべてを変えることは無理だとしても、自分が何か努力すれば、その分、必ず何かは良くなっているし、それから自分自身や家族のことであっても、また会社や世の中のことであっても、必ず良い人や自分の味方になってくれる人はいるし、そして、どんなに大変な時にも、必ず何かしら良いことが起きていることもあることに気づくことができるようになるものなのです。

 そして、そうした心の状態でいると、自分の身の回りに降り注いでいる非常に莫大な霊的なエネルギーを、知らず知らずにうちにたくさん受けて、より健康になったり、より幸運や繁栄を実現してゆけるようなところがあるのです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年3月20日 9:05 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 成功論、繁栄論