Light Symbol

今日はお休みします

 今日はお休みします。

 

Cecye(セスィエ)

2020年7月4日 8:51 PM, お知らせ

2020年7月現在のアセンションの状況について Part 3

2、現在の世界は、様々な異次元世界や、様々な過去や未来の時代の影響を、かなり大きく受けやすくなってきているようなところがある

 二つめは、前から何度も述べてきているように現在、この物質世界は、以前の時代よりも、だんだん霊的な世界になってゆきつつあるので、この物質世界に、ほど近い四次元の様々な幽界や並行世界や反世界などといった異次元世界の影響や、それから、これまでこの物質世界では、時代的、時間的に、わりと断絶したはずの過去や未来の様々な時代や時間の影響を、現在のこの物質世界は、かなり強く受けやすくなってきているようなところがあります。

 もう少し具体的に言うと、例えば、現在のアメリカは、多少混乱した状態になっているのですが、霊的、異次元的にそうした様々な時間世界の影響を調べ直してみると、ヨーロッパからの移民が、たくさん押し寄せる以前の時代のアメリカと、それ以降、様々な理由で二つ以上の派閥に分かれて、対立していた時代のアメリカと、それから二つの大戦を経て、自由や民主主義といった全世界的な普遍的な価値観を持っていた時代のアメリカと、さらには、アセンションする未来の側の21世紀以降、さらに調和し、繁栄してゆく未来のアメリカの時代と、逆にディセンションする未来の側の、だんだん衰退し、大混乱に陥ってゆくアメリカの時代の影響が、代わる代わる、現在の辺りの時代のアメリカには及んでいるようなので、現在のアメリカの国の運営としては、かなりの注意深さや思慮深さが必要になっているのではないか、と思われます。

 長期的には、現在の延長線上の未来のアメリカは、だんだん、より調和し繁栄するような方向性に向かってゆくと思われるのですが、短期的には、かなりの慎重さと注意深さが必要になるのではないか、と思われます。

 前にも述べたように、この物質世界では、いろいろなことが試行錯誤的に行われる中で、より優れた、より素晴らしい世界を目指してゆくような運営方針になっているので、現在の世界は、多少大変な状況になっているようなところもあるのですが、長期的には、だんだん、より調和した素晴らしい世界になってゆくのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年7月3日 9:03 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 予知、予言、未来予測 / 政治 / 時間と空間の秘密 / 歴史 / 現在のアセンションの状況 / 社会、文化

2020年7月現在のアセンションの状況について Part 2

 昨年ぐらいまでは、霊的には、どちらかというと戦争や天変地異を、いかに少しでも回避してゆくか、というような方向性で霊的な浄化が進められていたのですが、それでは、現在の世界は、いったいどうなってきているのか、というと、簡単に言うと、あれほどたくさんの予言や啓示で、かなり色濃く予想されていた世界大戦も、大きな天変地異も起きないのであれば、そうした事態になったら、こうしたことが起きたであろう、というような様々な多少大変な出来事が、現在、世界中のあちこちで起き続けるようになってきているようなのです。

 例えば、現在、私達の世界では、大きな規模の戦争は、一時的には、かなり濃厚に起きそうになったこともあったけれども、実際には、まだ起きていないのですが、その代わり、そうした戦争があったら、ほぼ確実に起きたであろう、世界規模のたくさんの国々の社会の混乱や被害や、国同士の国境の閉鎖や、経済や文化の混乱や、さらには、相変わらず様々な天変地異のようなものが起き続けているのですが、現在の世界の状況であると、もうしばらくの間は、こうした事態が、いろいろな形で代わる代わる起き続けるような状況になるのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年7月2日 9:03 PM, イスラム教 / キリスト教 / 予知、予言、未来予測 / 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 歴史 / 現在のアセンションの状況 / 社会、文化 / 経済

2020年7月現在のアセンションの状況について Part 1

 今年は、現在のアセンションの状況よりも、現在の新型コロナウイルスによる感染症の方が、多くの人々の関心が高かったようなので、気がつけば、もう二月から四ヶ月近く、こうした新型コロナウイルス関連の文章を書き続けることになってしまいました(以前から時折、「そう言えば、健康や医療関連の文章が少ないな。でも専門の人もたくさんいるようだから、別にいいか・・・」と、ずっと先延ばししていたのですが・・・)。

 現在の世界は、かなり混沌とした状況になってきたようにも思われるので、かなり久しぶりになりますが、今回から何回かに渡り、現在のアセンションの状況について、述べてゆきたいと思います。

 

1、現在の世界では、まだまだ様々な形で「世の終わり」的な出来事が起きやすいような状況になっている

 まず第一には、前から何度も述べているようにアセンションの進行によって、現在の世界は、だんだん霊的な世界になってきているのですが、それに伴って、多くの人々や生き物達の表面意識のあり方だけでなく、潜在意識のあり方が、この物質世界に、よりはっきり現れやすくなってきています。

 そうすると、そうした潜在意識のレベルにおいて、非常に明るい幸せな世界を望むような人々もいれば、そうではなく、恐怖や混乱に満ちた世界を望むような人々もいるので、現在の世界は、以前の時代と比べると、そうした多くの人々の潜在意識のあり方が、良い形としても、また悪い形としても様々な形で現れやすい、言ってみれば、ある程度、秩序のあるカオス的な世界になってきているようなところがあるのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年7月1日 9:03 PM, イスラム教 / おすすめ記事 / キリスト教 / 予知、予言、未来予測 / 人生観、世界観 / 歴史 / 現在のアセンションの状況 / 社会、文化 / 経済

霊的に見た、現在の新型肺炎やインフルエンザの状況について Part 27

 今回の新型コロナウイルスによる感染症に関しては、ほぼ毎日のように様々なニュースで、「今日は、どこそこで何人感染した」というような単純な数字に基づく発表を聞くことが多いのですが、もう少し細かく見てゆくと、非常に健康な子供や若い人々が次々に感染して、みんな亡くなってしまうというのであれば、かなり恐ろしい病気ということになるのですが、すでに高齢であったり、元々、何らかの深刻な病気を抱えている場合には、はっきり言ってしまうと新型コロナウイルスによる感染症でなくても、毎年流行している風邪やインフルエンザなどであっても、場合によっては、重症化して命に危険が及ぶような、かなり気をつけなくてはならない病気であるようなところもあるわけです。

 ですので、そうした観点から見た場合には、一部の人々が指摘している通り、現在の新型コロナウイルスによる感染症だけを、特に大きく取り上げて、怖がらなくてもよいのではないか、というような見方も確かに成り立つようなところがあります(というか、他の病気や怪我などに関しても、しっかりした注意や治療が必要なこともあります)。

 また霊的な観点から言うと、前に人間の免疫力についての文章で述べたような形で、こうしたウイルスに対して、毎日、かなり気をつけて、心身共に少しでも、なるべく良いコンディションで過ごそうとしているような人々と、そうではなく、こうしたウイルスに対して、かなり他人事で、毎日心身共に、かなり荒れた生活を送っているような人々とを、果たして同じように扱ってよいのか、というような問題もあります。

 それというのは、単純に言ってしまうと、ある程度、高い意識を持って、心身共に良いコンディションで過ごしているような人は、この世的な理由だけでなく、霊的にも浄化されたり、癒されたりして、よほど油断しているか、一時的にかなり体調が悪かったりでもしない限りは、こうした病気があっても、そう簡単にかかりづらいし、また、かかっても、わりとすぐに治ってしまうことが多いのではないか、と思うのですが、そうではなく、毎日、非常に不摂生、不衛生な荒れた生活を送っていたり、非常に荒れた精神性で生きているような人の場合(潜在意識的に、こうした病気を呼び込むようなものを持っていることも多いと思うのですが・・・)、はっきり言うと、新型コロナウイルスでなくても、こうしたウイルスや細菌などに少し接触しただけで、わりと簡単に感染してしまうのではないか、ということなのです(逆に強い免疫を持っていることがあるかもしれませんが・・・)。

 ですので、この世的には、単なる発症者の数字しかわからないことも多いとは思うのですが、はっきり言ってしまうと、現在のような新型コロナウイルスでなくても、例えば、普通の風邪やインフルエンザなどであっても、「いくらなんでも、そんな不衛生な荒れた生活をしていたら、いつかは何らかの感染症にかかることになったのではないか」というような人々も数多くいるようなので、こうしたことに関しては、誰でも彼でも、すべて一緒くたせずに、もう少し冷静かつ客観的に、よく理解しておく必要があるのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年6月30日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 現在のアセンションの状況 / 知恵、正しさ / 社会、文化 / 私の霊的な仕事について

霊的に見た、現在の新型肺炎やインフルエンザの状況について Part 26

 それから現在のコロナウィルスの騒動で、オンラインの仕事の普及や、大都市から地方への人口の分散など、そのままであれば、もっと先の未来に起きるはずであった未来の出来事が、現在の世界に急速に引きつけられてきた印象もあります。

 

 現在も世界中で感染者は、ものすごい勢いで多くなっているのですが、私の最初の印象だと、何もせずにそのまま放置していた場合には、現在の感染症は、人類の三分の一ぐらいは殺して(昔から様々な予言で、よく三分の一という話がありますね)、地球上のすべての社会をズタズタにするような印象だったので、現在も多くの人々の努力と献身によって、かなり大きく抑え込まれているとは思うのですが、まだまだ、かなり注意が必要なのではないか、と思われます。

 単純な推測としては、現在のような感染症の場合、百年前のスペイン風邪と同じように第二波、第三波と、二、三年は、ずっと猛威を振るう可能性もかなり高いので、今後も世界規模で多くの人々の努力と英知を結集して、この困難を乗りきってゆく必要があると思います。

 ただし霊的な浄化や癒しが進むと、現在の科学的な推測とはかなり違って、いろいろな形で、突然、あまり予期せぬ形で治癒されたり、あまりかからないような人が増えてくる可能性もあるのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

 追伸

 Part 15に次の文章を追加しました。

※ですので、東洋型の新型肺炎に関しては、以前述べたような形で三月頃には、ある程度収束してきたようなところがあるのですが(こちらのタイプは、あまり発症しづらい状況になっているのではないか、と思われます)、西洋型の新型肺炎やインフルエンザなどに関しては、それ以降も、ずっと対応し続けることになっています。霊的に日本は、東洋と西洋のちょうど中間辺りの位置付けになるので、西洋型の新型肺炎やインフルエンザなどに関しては、まだまだ、かなり警戒が必要だと思われます。それから様々なこの世的な関係や、霊的なバランス関係の影響を受けると、東洋の国々でも再び感染者は増えることがあるので、注意が必要です。

 

Cecye(セスィエ)

2020年6月27日 9:03 PM, 予知、予言、未来予測 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 歴史 / 現在のアセンションの状況 / 社会、文化 / 私の霊的な仕事について

霊的に見た、現在の新型肺炎やインフルエンザの状況について Part 25

 昔からインドの辺りは、地球では一二を争うくらい、霊的な影響力が非常に強い地域になっていたので、そうした霊的な影響力のうち、あまり良くないものが減ってくると、かなり雰囲気は大きく変わってくるのではないか、と思われます。

 あと、インドだけでなく、ブラジルやアメリカなどでは、どちらかというと、社会的な格差や、貧困問題などが、現在も被害を大きくしている根っこの原因になっているようなところがあると思います。

 それというのは、単純に考えて、現在のようなパンデミックが起きてしまうと、いくらその国が素晴らしい文明国のように見えたとしても、ある程度以上の経済的に困窮した人々がいると、どうやっても、そうした感染症の拡大が止められないようなところがあるからです。

 ですので、おそらく長期的な観点から見ると、こうした感染症の猛威は、現在、地球を席巻している資本主義的な社会のあり方を様々な形で修正してゆくための、かなり大きな力になるのではないか、と思われます。

 それから資本主義と言えば(別に資本主義自体が悪いわけではないのですが・・・)、前にも少し述べましたが、そうした資本主義の世界の裏側に、霊的には白く光り輝く、かなり拝金主義的、権力主義的、差別主義的な偽キリストのような存在がいて、今回のパンデミックに関しても、裏でいろいろと関与していた可能性があるので、そうした経緯で、現在も世界のあちこちで、そうした存在に対する解放運動的な様々な活動が起きやすくなってきているのかもしれません。

 あと、現在は、どちらかというと、一部の国々の間の対立や混乱が表に出てきやすい状況になっているようなのですが、歴史的には、疫病が大きく流行った際に農業が大きな打撃を受けて、次には、食糧の供給に大きな問題が出てくることがあるので、こうしたことにも、かなり注意が必要です。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年6月24日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 予知、予言、未来予測 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 政治 / 現在のアセンションの状況 / 社会、文化 / 私の霊的な仕事について / 経済 / 自然、生命

霊的に見た、現在の新型肺炎やインフルエンザの状況について Part 24

 さらに最近は、ブラジルやインドやロシアなど世界中のあちこちで感染者数が増えてきているので、正直言って、今年の最初の頃のように、せいぜい数カ所の国々や地域に集中して、霊的な浄化や癒しをしづらい状況になってきているので、私としては、かなり霊的な負担が増えてきているような状況になっています(カバーしようとしている範囲がとても広いので、かなり大変です)。

 

 霊的な印象としては、北米から中南米の辺りは、みなさんも時折聞くことがあると思うのですが、歴史的には、昔から様々な宇宙人達の活動が多かったようなので、それゆえ良い意味でも、また悪い意味でも(少し変わった印象がありますが・・・)現在も、そうした宇宙人達の影響が、いろいろ多かったようです。

 それから地球は、宇宙のひな形的な場所になっているので、地球の時間でいうと、かなり大昔になるかもしれないのですが(前にも述べたように地球の時間と宇宙の時間は、多少ずれているようなところがあるので・・・)、宇宙の様々な文明でも、現在の地球のような、かなり大変なパンデミックを何度か経験したことがあったようです。

 そうした歴史的な経緯だったからなのか、たいていの宇宙の文明では、地球人の基準だと、かなり厳しい衛生的な管理が行われているようなので(様々な宇宙文明と接触するので、当然のことではあるのですが・・・)、おそらく地球でも、現在の辺りの時代から、少し昔の人々が見ると、かなり驚くような様々な非常に未来的な衛生設備が、だんだん当たり前のように使われるようになってゆくのではないか、と思われます。

※現在の地球の科学技術であれば、太陽光線や紫外線とか、特殊な超音波や触媒や薬品であるとか、やろうと思えば、かなり効果的な衛生設備は、いくらでも作れるのではないでしょうか。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年6月23日 9:03 PM, 予知、予言、未来予測 / 健康、医療 / 宇宙文明、古代文明 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況 / 社会、文化 / 私の霊的な仕事について / 科学、テクノロジー / 経済

霊的に見た、現在の新型肺炎やインフルエンザの状況について Part 23

 また、そのうち述べるかもしれませんが、中東のイランの場合、イスラム教のシーア派の人々がとても多いのですが、シーア派では、昔のムハンマドの血筋をとても大事にしたりして、イスラム教ではあるのですが、どちらかというと若干、キリスト教と似た感じの救世主教のようなところがあるので、そうした霊的な関係で、ヨーロッパやアメリカで感染症が流行り始めた頃と、ほぼ同じくらいの時期から大きく流行り出すような状況になったようなところもあったようです。

 

 あと、少し怖い話になるのですが、「世の終わり」に付随して、アメリカやヨーロッパだけでなく、世界中のあちこちの国や地域の少し裏のような異次元領域には、かなり恐怖や混乱に満ちたディストピア的な世界が大きく広がっていたようなので、そうした異次元世界の影響が強く働きかけてくると、この物質世界も大きく混乱してしまうことがあるので、とても注意が必要です。

※時折、こうした恐怖や混乱に満ちた異次元世界の様子は、そうした異次元世界のインスピレーションを受けた人々の手によって、様々な映画や小説などの題材になることがあったようです。

 それから緊急事態体制や、強制的なロックダウンをいつまでも続けていると、今度は経済が大きく落ち込んで、生活に困窮するような人々がたくさん出てきてしまうので、最近は世界中で少しずつ、以前の生活に戻してゆくような試みを始めているようなのですが、やはり現在の状況であると、少しずつ様子を見ながら、徐々に以前のような生活に戻してゆくのがよいのではないか、と思われます(今回のコロナ以降、大きく変わってしまうこともあるとは思いますが・・・)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年6月22日 9:03 PM, イスラム教 / キリスト教 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況 / 私の霊的な仕事について

霊的に見た、現在の新型肺炎やインフルエンザの状況について Part 22

 これも後から、ある程度、詳しく述べるかもしれませんが、キリスト教の価値観では、人間が住む最高の天国は、働かずに、のんびり休む所であるというようなイメージがあると思うのですが、今後は、いろいろな紆余曲折を経た後に、いろいろなことをよく学び、よく働き、よく遊び、よく休むことが、より新しい天国のイメージに変わってゆくのではないか、と思われます。

※たいてい昔の労働は、重労働ばかりだったので、働かずに、のんびり休む世界が、最高の世界に見えたのではないか、と思うのですが、実際には、そういう世界は、最高に幸せな世界にはならないことに、そろそろ気づくべきではないでしょうか。

※もっとひどいイメージだと、自分は働かずに、他の人に奴隷労働させるようなイメージもあると思うのですが、そうした社会は、他の人の恨みを買ったり、いざという時に困った状況になることも多いようです。また自分でいろいろ学んだり、働いたりすることも、とても楽しいものなので、自分が学んだり、働いたりすることも、天国的な世界の条件に含めるべきなのではないでしょうか。

 

 現在、特にアメリカでは、人種的な問題が大きな問題として持ち上がってきているようなのですが、前にも述べましたが、現在、白色に見える異次元領域と、黒色に見える異次元領域が、だんだん入り混じるように大きな統合を迎えてゆく最中の時代に置かれているので、そうした霊的、異次元的背景を、いろいろと象徴的に表すような様々な出来事が起きやすい時期に当たっているのではないか、と思われます。

※現在も多少、大変な事件は起きているようですが、昔と違って、現在のアメリカでは、黒人の人々も白人の人々も大勢混ざって、抗議活動していて、要するに黒人と白人の対立にはなっていないので、なんだかんだ言っても昔のアメリカ人と比べると、精神的には、より進歩してきているのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

 追伸

 Part 15の※マークの文章の後に、次の文章を付け足しました。

※現在、新型コロナ対策で、うまく行っている国の中には、以前のSARSやMARSの際に、かなり大変な状況になってしまった経験のある国も多いようです。つまり、それ以降、次に同じような感染症が流行った時のために、かなり入念な準備がしてあったり、また、そうした際の、わりとドラスチックな政治的な決断をしっかり支持できるような国民の心構えができている国が多かったようなのです。

※これは少し皮肉な話になるのですが、そうした国々の中には、その後、様々な事情で政権交代してしまった国もあるようなのです。ですので、そうした国の場合には、実は、現在の政権の実績だけでなく、そうした現在の政権が批判することも多い以前の政権の実績も、かなり大きかったのではないか、と思われます。

 

Cecye(セスィエ)

2020年6月18日 9:03 PM, イスラム教 / キリスト教 / スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 健康、医療 / 宗教、道徳 / 歴史 / 現在のアセンションの状況 / 社会、文化 / 私の霊的な仕事について