Light Symbol

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 13

1、自分が最高に楽しい、ハッピーな生活をしているところをありありとイメージしてみて、それに合わない物ややり方を片っ端から片付け、やめると共に、常に新しい物ややり方にどんどん変化させてゆく  まず第一には、これは古い生活習 […]

2011年7月31日 9:35 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 12

5、現代のような膨大な情報や新製品や新サービスが溢れ変えるような時代には、一昔前の人々のように、たった一つの古い考え方ややり方に固執するのではなく、常に自分自身の最高に楽しいハッピーなイメージを大切にしながら、たくさんの […]

2011年7月31日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

天使について Part 5

③「ヤハヴェ」や「天孫降臨」の話のように、古代に訪れていた宇宙人が、「神」や「天使」として、扱われているケースもある  第三には、これは、現在のスピリチュアリズムの常識では、ほとんど通用しないにも関わらず、主として、ニュ […]

2011年7月31日 9:09 PM, Q&A  / コラム / スピリチュアリズム、霊界 / 宇宙文明、古代文明

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 11

③普段、自分がやっている学業や仕事以外にある程度、集中して没頭できるような楽しい趣味やスポーツの習慣を持つと共に、自分が新鮮味を感じ、充実感や幸福感を感じることができるような新たな行為はないかということを、常にアンテナを […]

2011年7月30日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

天使について Part 4

4、天使の正体  第四には、今度は、少し話が変わってくるのですが、それでは、そうした天使とは、結局、何なのですか、という問題に答えてゆきたいと思います。  実は、「天使」と言っても、いろいろな種類があるようなので、一言で […]

2011年7月30日 9:07 PM, Q&A  / コラム / スピリチュアリズム、霊界 / 宇宙文明、古代文明

現実的に見ても、論理的に見ても、本当は、「0(ゼロ)」や「―(マイナス)」の存在というのは、全く存在していない

 今回から、少し数学の問題について、考えてみたいと思います。   「0(ゼロ)」や「―(マイナス)」という存在が、あたかも、本当に実在しているかのごとく錯覚させる数学の概念は、根本的に間違っており、本当は、「0 […]

2011年7月30日 8:41 PM, コラム / 人生観、世界観 / 教育

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 10

②最低でも一人以上は、自分が本音で何でも話し合えるような家族や友人や恋人のような人間を確保することは、末永く幸福な人生を生きてゆくためにはとても大切なことである  第二には、これもとても重要なことであるのですが、最低でも […]

2011年7月29日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

天使について Part 3

3、天使との交流の仕方について  第三には、これは、少し変わった話になるのですが、それでは、どうすれば、それほど信仰深いわけでもないような、普通の人々が、偽物の天使ではなく、本物の天使とコンタクトすることができるのか、と […]

2011年7月29日 9:07 PM, Q&A  / コラム / スピリチュアリズム、霊界 / 宇宙文明、古代文明

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 9

①学校生活では、ほとんど抑圧されっぱなしだった笑ったり怒ったり、泣いたり叫んだりするような自分の自然な感情表現を、時々何らかの特別な機会を見つけては、自然に解き放ってみるように心掛けてゆく  まず第一には、これは子供は、 […]

2011年7月28日 9:35 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 8

4、自分自身が最高に幸福になり、また自分の周りの人々も最高に幸福にしてゆけるような心のあり方や行動のあり方を再度、努力して身につけてゆく  第四には、これは現代の社会では、ほとんど個人の自由に任されている内容になっている […]

2011年7月28日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

天使について Part 2

2、偽天使のような霊的存在が、自分や身の回りの人々にコンタクトしてきた場合の見破り方について  第二には、これは、あまり良いケースではないのですが、今度は、その反対に、この地上の世界の人々を、影ながら、あまり良くない方向 […]

2011年7月28日 9:24 PM, コラム / スピリチュアリズム、霊界 / 宇宙文明、古代文明

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 7

③多くの人々のより高い幸福感の獲得という観点に立つならば、「教師と生徒」とか、「上司と部下」とか、「販売員と顧客」というような真面目でガチガチの形式的な人間関係よりも、それぞれの人が、自分に与えられた教育上や仕事上の役割 […]

2011年7月27日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

天使について Part 1

 最近、天使には、本物と偽物があるらしいので、どうしたら、正しく識別できるのか、という質問をいただいたので、今回は、その話になります。   天使の起源とは?  一般に、キリスト教やユダヤ教で言われている「天使」 […]

2011年7月27日 9:23 PM, Q&A  / コラム / スピリチュアリズム、霊界 / 宇宙文明、古代文明

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 6

5、学校や仕事以外のプライベートな時間には、自分が心から楽しいと思える人と過ごす時間を少しでも増やすと共に、あまり自分が幸福感を感じられないような人と過ごす時間は、できるだけ減らすようにしていった方が賢明である  第五に […]

2011年7月26日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 5

4、単純に判断して、同じ知識やスキルを説明するのであれば、より簡単に分かりやすく説明する人が、頭の良い親切な人であり、その反対に難しく、ややこしく説明する人は、頭の悪い不親切な人であると言えるので、何らかの知識やスキルを […]

2011年7月25日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 4

2、時々、自分の行動を客観的に見直してみて、自分が本当に心から幸福であると感じているものと、そうではなく、表向きは「楽しい」と言っていても、本当は「大変だ」とか、「つまらない」と感じているものとをしっかり分類し再検討して […]

2011年7月24日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

昨今のスピリチュアルな常識に照らす限り、現実問題として、先祖供養など、全く不可能なのではないだろうか Part 2

4、日本中で、先祖供養を行われる「彼岸」や「お盆」の頃になると、日本全体が、低波動の停滞した波動に覆われると共に、多くの人々が、地上の人生を送ったまま、そうした彼岸やお盆を霊的な縁とした「疑似天国」や「疑似地獄」での不当 […]

2011年7月24日 9:24 PM, Q&A  / コラム / スピリチュアリズム、霊界

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分が、より明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 3

3、より楽しく幸福に生活するためには、難しいごちゃごちゃしたものが凄いというような考え方はやめて、できるだけ、より簡単で分かりやすいものを良しとするようなシンプルな考え方をしていった方がよい  第三には、さらに複雑でやや […]

2011年7月23日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

昨今のスピリチュアルな常識に照らす限り、現実問題として、先祖供養など、全く不可能なのではないだろうか Part 1

 まず最初に、結論から言うと、はっきり言って、東洋だと、仏教や神道や儒教等で行われている先祖供養のような宗教儀式というのは、霊的には、ほとんど意味がないのではないか、ということです。  その理由としては、大きく四つありま […]

2011年7月23日 9:22 PM, Q&A  / コラム / スピリチュアリズム、霊界

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 2

2、暗く混沌とした昔の神話や聖人の悲劇のような話をあまりにも深く信じ込むようなことをしていると、そうした人々の人生や社会に思わぬ混乱や困難を引き起こすことがあるので注意が必要である  第二には、これは宗教に深く傾倒してい […]

2011年7月22日 9:33 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく Part 1

2、自分の気分が暗くなり、滅入るような情報に接する時間は極力短くし、できるだけ自分の気分がより明るくなり、ハイになるような情報に接する時間を増やすようにしてゆく  第二には、これも宗教やスピリチュアリズムに詳しい人でも、 […]

2011年7月21日 9:33 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観

Q&A 明るい霊界観と暗い霊界観について Part 3

4、宗教的な信念や、この世的な固定概念をあまりに強く持ちすぎていると、それが災いして、死後、とんでもない迷いの世界に赴き、何十年経っても何百年経っても出れなくなることがあるので注意が必要である  第四には、これはあまり知 […]

2011年7月21日 9:19 PM, Q&A  / スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳

できるだけ明るくシンプルで美しい、エレガントで洗練された、使いやすく過ごしやすい服やアクセサリーや住空間を整えてゆく

 まず最初に光を志向するような生き方について述べてゆきたいのですが、大まかに要点を述べると、大体、以下のような10の内容になります。   1、できるだけ明るくシンプルで美しい、エレガントで洗練された、使いやすく […]

2011年7月20日 9:33 PM, おすすめ記事 / コラム / 人生観、世界観

Q&A 明るい霊界観と暗い霊界観について Part 2

3、死後の最後の審判の後、永遠の天国や地獄に赴くというような霊界観に関しては、古代や中世に成立した宗教では、意外と当時の権力者の都合で善悪が、ぐにゃぐにゃにねじ曲げられていたようなところがあるので、非常に注意が必要である […]

2011年7月20日 9:18 PM, Q&A  / スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳

現在、進行中の「アセンション」は、まさしく、宇宙的なビッグイベントであり、やがて、アセンションの進行によって、時間の世界は、完全に終了することになってゆく

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   現在進行中の地球の「アセンション」は、地球ばかりでなく、宇宙全 […]

2011年7月20日 9:01 PM, アセンション・シリーズ 4

アセンションの方向性―――「光」、「愛」、「知恵」、「光の新世界」

 今回から「個人としてのアセンション」に該当するような内容について触れてゆきたいと思うのですが、最初にお断りしておきたいと思うのですが、これは別に霊的な覚者になる方法でもなければ、ものすごい超能力者になるような方法とも全 […]

2011年7月19日 9:33 PM, アセンション全般 / おすすめ記事 / 人生観、世界観 / 知恵、正しさ

Q&A 明るい霊界観と暗い霊界観について Part 1

 幾つか質問が来ているので、少しずつ、お答えしてゆきたいと思うのですが、どうも世間の人々を見ていると「あの世」とか、「霊界」とか、「死後の世界」などというと、大体、次のような四つの考え方を持っていることが多いようです。 […]

2011年7月19日 9:18 PM, Q&A  / スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳

アセンションー新たな光の新世界の出現と、新たな人間や生き物達の生命のあり方が、やがて、時間の推移と共に現実化するようになってゆく

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   アセンションー新たな光の新世界の出現と、新たな人間や生き物達の […]

2011年7月19日 9:07 PM, アセンション・シリーズ 4

現代のような民主主義全盛の時代には、大部分の宗教は、人間の自由性を、著しく制限する点において、だんだん時代遅れの存在になってゆきつつある Part 7

 ここで、もう一度、前回まで、述べてきた内容を整理し直してみると、 1、昔の宗教が約束していた「神の国」や「天国」や「極楽浄土」での理想の幸福な生活は、現代では、もうすでに、ほとんど実現されてしまったために、実質的に、現 […]

2011年7月18日 9:26 PM, 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 政治 / 社会、文化

アセンションしなかった側の低次元の波動領域にある未来の混乱し、退廃しきった地球や外宇宙の文明から、現在、及び、過去の地球は、さまざまな悪意の干渉や介入を受け続けてきた

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   アセンションしなかった側の低次元の波動領域にある未来の混乱し、 […]

2011年7月18日 9:01 PM, アセンション・シリーズ 4

現代のような民主主義全盛の時代には、大部分の宗教は、人間の自由性を、著しく制限する点において、だんだん時代遅れの存在になってゆきつつある Part 6

4、世の中には、どちらかと言うと、単純再生産の生活を志向する人々と、クリエイター志向の強い人々と、独占志向の強い人々の三つの集団があるのだが、古代や中世は、独占志向の強い人々が支配していた時代であったのに対して、近現代に […]

2011年7月17日 9:26 PM, 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 政治 / 社会、文化

霊的宇宙的に外部の世界から見た、現在、地球上で進行しているアセンションの客観的な様子と、その後の将来

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。 ※今回の話は、前に述べたアセンションの状況についての説明と、若干、異なるので […]

2011年7月17日 9:07 PM, アセンション・シリーズ 4

現代のような民主主義全盛の時代には、大部分の宗教は、人間の自由性を、著しく制限する点において、だんだん時代遅れの存在になってゆきつつある Part 5

4、多くの人々が、より幸福で楽しい生活をするためには、いったい、何を自由に行動し、いったい、何を我慢すればいいのか、ということを、権力者の側からでなく、多くの人々の心の内面の良心や罪悪感の働きによって、あまり社会的に問題 […]

2011年7月16日 9:26 PM, 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 政治 / 社会、文化

暗闇の勢力の存在達は、超能力を持ち、かつ半分肉体、半分霊のような形の生命形体でもって、現在までの地球を裏から支配し続けてきた

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   暗闇の勢力の存在達は、超能力を持ち、かつ半分肉体、半分霊のよう […]

2011年7月16日 9:02 PM, アセンション・シリーズ 4

現代のような民主主義全盛の時代には、大部分の宗教は、人間の自由性を、著しく制限する点において、だんだん時代遅れの存在になってゆきつつある Part 4

④現実社会の改革や改善のために、政治活動や社会運動にエネルギーを注ぐことによって、この世界全体を、より豊かで住みやすい幸福な世界にしてゆく方法があるが、こうした数多くの名もなき市民達の努力と行動の積み重ねによって、現在の […]

2011年7月15日 9:28 PM, 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 政治 / 社会、文化

低次元の暗黒領域から救出された光の魂達のその後③―アセンション以降、高次元の光の宇宙領域では、次々と姿を現した新世界で、人間や生命は、半分肉体で、半分霊のような新たな生命活動に移行してゆく

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   低次元の暗黒領域から救出された光の魂達のその後③―アセンション […]

2011年7月15日 9:07 PM, アセンション・シリーズ 4

現代のような民主主義全盛の時代には、大部分の宗教は、人間の自由性を、著しく制限する点において、だんだん時代遅れの存在になってゆきつつある Part 3

3、ここ数千年の間、人類の社会では、多くの人々の快楽欲求を、いかにして、制限してゆくか、ということが、ずっと模索され続けてきたが、近現代に入ると、打って変わって、多くの人々の快楽欲求を、いかにして、より合理的な形で満足さ […]

2011年7月14日 9:26 PM, 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 社会、文化

低次元の暗黒領域から救出された光の魂達のその後②―カルマの反動として、何度かの人生において、アウトローな犯罪者や、国王や貴族や、巨大組織の陰謀を糾弾するような人生を送ることが多い

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   低次元の暗黒領域から救出された光の魂達のその後②―カルマの反動 […]

2011年7月14日 9:09 PM, アセンション・シリーズ 4

現代のような民主主義全盛の時代には、大部分の宗教は、人間の自由性を著しく制限する点において、だんだん時代遅れの存在になってゆきつつある Part 2

2、昔の世の中では、街や村の中心にある寺院や教会は、物質的にも精神的にも、多くの人々の心の拠り所や楽しみの中心としての重要な役割を果たしていたが、近現代になると、そうした宗教の果たしていた役割は、政府や企業や個人や共同体 […]

2011年7月13日 9:26 PM, 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 政治 / 歴史 / 社会、文化

低次元の暗黒領域から救出された光の魂達のその後①―必要な魂の経験を経た後、再び過去の時代に生まれ変わって、そこで前世でやり残したミッションを再度行う

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   低次元の暗黒領域から救出された光の魂達のその後①―必要な魂の経 […]

2011年7月13日 9:07 PM, アセンション・シリーズ 4

現在、低次元の暗闇の宇宙領域から、たくさんの魂達が、明るい高次元の光の宇宙領域に大挙して戻ってきつつある

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   現在、低次元の暗闇の宇宙領域から、たくさんの魂達が、明るい高次 […]

2011年7月13日 9:01 PM, アセンション・シリーズ 4

現在、無数の並行世界や無数の生命達が、低次元の暗黒宇宙領域に閉じ込められたままになっているが、現在、光の勢力によって、彼らの大々的な捜索と救出活動が行われている

 昨日は、あまりに忙しすぎたために、事前の確認ができず、前に載せた内容が、重複しているかと思って、いったん、削除してしまったのですが、どうやら、まだ載せていない内容だったようなので、取り急ぎ、アップしておきます。 &nb […]

2011年7月13日 3:44 PM, アセンション・シリーズ 4

現代のような民主主義全盛の時代には、大部分の宗教は、人間の自由性を著しく制限する点において、だんだん時代遅れの存在になってゆきつつある Part 1

3、現代のような民主主義全盛の時代には、大部分の宗教は、人間の自由性を著しく制限する点において、だんだん時代遅れの存在になってゆきつつある  第三には、これはあまり考えたことがない人が多いのではないか、と思われる内容なの […]

2011年7月12日 9:27 PM, おすすめ記事 / 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 社会、文化

株式会社も宗教団体も、民主主義社会の中の単なる市民集団である点では、本質的に全く同じであるのに、現在の宗教団体の運営は、あまりに排他的で閉鎖的な密室運営になりすぎているのではないか Part 2

株主のものである株式会社が、かなりオープンでフレンドリーな運営方法になっているのに対して、本来、信者のものであるべき宗教団体が、今日に至っても、なお、かなり排他的で閉鎖的な密室運営になっているのは、現代のような民主主義社 […]

2011年7月11日 9:24 PM, 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 政治 / 社会、文化 / 経済

闇の勢力の本当の正体は、単なるバーチャル・リアリティーの化け物に過ぎないのだが、「認識即実在」の波動科学に基づき、彼らは、この宇宙では、無限に近い邪悪な活動を繰り広げてきた

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   闇の勢力の本当の正体とは、一種のバーチャルリアリティーの化け物 […]

2011年7月11日 9:09 PM, アセンション・シリーズ 4

現在も、闇の勢力によって、多くの人々や生き物達が、低次元の時空間の領域に閉じ込められたままになっているが、彼らは、その少し上の高次元世界で、まるで本物の神や天使のように振る舞い続けていた

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   多くの人々や生き物達の暗黒の感情によって、地球の周りには、非常 […]

2011年7月11日 9:04 PM, アセンション・シリーズ 4

株式会社も宗教団体も、民主主義社会の中の単なる市民集団である点では、本質的に全く同じであるのに、現在の宗教団体の運営は、あまりに排他的で閉鎖的な密室運営になりすぎているのではないか Part 1

2、株式会社であっても宗教団体であっても、個人的な利益や幸福を促進すると同時に、その社会における多くの人々の利益や幸福に貢献する市民集団であるという点では、本質的に全く同じ存在であるのに、現代の社会であると株式会社が、多 […]

2011年7月10日 9:24 PM, 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 政治 / 社会、文化 / 経済

洗脳やマインドコントロールの手段の変化―古代や中世における「宗教」と「政治」から、近代以降は、それに加えて、「教育」の時代へ

 今回も、前回に引き続き、前に書いた文章からの抜粋になります(途中からで、分かりづらい方は、もう少し前の所から、お読みになることを勧めます)。   洗脳やマインドコントロールの手段の変化―古代や中世における「宗 […]

2011年7月10日 9:05 PM, アセンション・シリーズ 4

たとえ高次元の光の存在達であっても、高次元世界にいるだけで、基本的には、地球の普通の人間と大して変わりないので、彼らへの過度の期待や盲信や依存は、百害あって一利なしである Part 3

たとえ高次元の光の存在達であったとしても、彼らの声を聞かずに、一方的に願い事や癒しや救済のようなものばかり求めるような宗教的態度をとっていると、いつの間にか、とんでもない宗教詐欺師のような人物に騙されることがあるので、こ […]

2011年7月9日 9:27 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 宗教、道徳

100点法によるテストの問題点について

 現在の日本だと、たいてい、テストでは、100点を最高点として、0点から、100点までの間で、学生の教科書や授業の理解度や達成度を計る「100点法」によるテストが、実施されていることが多いのですが、これは、次のような三つ […]

2011年7月9日 9:12 PM, コラム / 教育