Light Symbol

学生時代に身につけておくべき社会人としての知識やスキルについて Part 2

 それでは、こうした現在の日本の社会の状況において、できれば、学生時代の間に身につけておくべき、社会人としての知識やスキルの内容としては、いったい、どのようなことが考えられるのか、というと、だいたい次のようなことが言えます。

※ここでは、現在の学校教育で、もうすでにある程度うまく行っているもの以外の、私が多少気になっていることについて、述べています。

 

1、できれば、子供のうちから国の法律に関しては、ある程度学べるようにしておいた方がよいかもしれない

 一つめは、これは前にも少し述べたことがあるのですが、普通、親元にいて、学校に通っているような子供時代とは違って、社会人になると、よほどのことがないと、その人のことを思って、強く叱ってもらったり、いろいろ細かく教えてもらうような機会は、非常に少なくなってゆくものなのですが、今日の社会を見ていると、いくら大人になって、その場の雰囲気や、強い衝動があったとしても、やってよいことと、そう簡単には、やってはいけないことがあるのに、なかなか、そうしたことの判断ができないで、時々、とんでもない事故や犯罪をやってしまう人が出てきてしまうようなのです。

 たいてい、そうした人というのは、そうした事故や犯罪を起こしてしまった後に、警察に捕まったり、知人やマスコミが大騒ぎし出したり、家族や友人にまで大変な迷惑をかけることになったり、さらには厳しい取り調べを受けながら長い間、留置場に入れられたり、裁判が行われて、何らかの厳しい刑罰を下されたり、被害者の人々に散々謝罪しなくてはならないような状況になって初めて、「どうも自分は、絶対にやってはいけないような、とんでもないことをしてしまったらしい」とか、「こんなことなら、もっと注意して、慎重に生活していればよかった」などと、かなり深く反省したり、後悔するようになることが多いようなのです。

 ですので私は、こうした社会の状況を考えると、できれば、社会人になる前の子供時代のうちに、「国の法律には、いったい、どんな内容があるのか」、また、「それを破った際に自分は、いったい、どんな大変な状況になって、どんな刑罰を受けることになるのか」、それから「他の人には、いったい、どんな迷惑をかけるのか」などといったことに関しては、少し具体的に学ぶようにしておいた方がよいのではないか、というような感想を持っています(参考1参考2)。

※国の憲法や法律というのは、子供の世界で喩えると、社会人の世界で生きてゆくための、言ってみれば、ゲームのルールに当たるようなものになります。ですので当然、そうしたゲームのルールをよく知っている人と、あまりよく知らない人の間には、長い人生の間には、大きな差が開いてゆくものですし、また場合によっては、そうしたゲームのルールによって、様々な優遇を得ることもあれば、また逆に時には、結構厳しい罰を受けることもあるので、できれば、わりと多くの人々が失敗しやすい、主だった法律の内容に関しては、人生の最初のうちから、ある程度知っておいた方がよいのではないか、と思われます。

※あと、外国に行く際にも、それぞれの国特有の習慣や決まり事があるものなので、こうしたことにもある程度、注意が必要になるのではないか、と思われます。

※単純に言って、世の中で犯罪を犯すような人々の中には、犯罪のことを非常に熟知していて、日常的に犯罪を犯そうとしているような人々と、それとは対称的に本当に無知や失敗や、ほんの些細な出来心から、そうした犯罪を犯してしまうような人々の二種類の人々がいるのではないか、と思います。私が特に残念に思うのは、たいてい、そうした日常的に犯罪をしようとしているような人々は、元からそうした犯罪に関係する法律や、警察に捕まった後の大変さをよくよく熟知した上で、そうした犯罪を犯そうとしていることが多いのに対して、単に無知や失敗や、ほんの些細な出来心から犯罪を犯すような人々に限って、そうしたことをほとんど知らずに、法律で罰されるような大変な事態になって初めて、かなり深く反省したり、強く後悔するような状況になることが、とても多いことです。ですので、そうした観点から見ると多くの人々が、あまり、よく知らずに間違いがちな法律の内容に関しては、できるだけ子供のうちから知っておいた方がよいのではないか、と考えています。

 

 続く・・・

 

 追伸

 明日はお休みになります。

 

Cecye(セスィエ)

2019年3月22日 9:03 PM, 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 成功論、繁栄論 / 教育 / 知恵、正しさ / 社会、文化

学生時代に身につけておくべき社会人としての知識やスキルについて Part 1

 今回から何回かに渡って、私が現在、学校の教育内容について感じていることについて、少しだけ述べてみたいと思います。

 

学生時代の後の社会人になってからの試練について

 現在の社会も、かなり大きな変動期に当たっているので、十年前、二十年前の多くの人々の学業や仕事や生活のあり方と比べると、毎年毎年、どんどん、かなり大きく変化してきているのではないかと思います。

 すべての国民が一律に受ける学校教育の制度は、元々、性格や能力が、かなりバラバラに異なっているような子供達を、できるだけ一緒に集めて、いかにして国が定める教育内容を、最も効率的に教えてゆくか、ということを目的に作られた制度であるので、それゆえ、そうした子供達が学生時代を終えて、社会に出るようになると、それ以降は、一人一人の人がある程度、独立した良き市民として、また一人の人間として、いかにして十分満足できるような人生を歩んでゆくか、ということで、どんな人であっても多少混乱してしまうようなところがあるようです。

 これが一昔前の身分制社会であれば、たいていの人は、「親や周りの人々の仕事が、自分の将来の一生の仕事」ということになるので、そうした社会の厳しい決まり事も将来の一生の仕事も、小さい頃から親や周りの人々の様子を見たり、手伝ったりしていれば、だいたい10代の初め頃になれば、どの人も、その社会で自分がやっていいことと、いけないことや、それから自分のやるべき仕事のやり方は、だいたい理解しているし、実際、ほぼできる、というような状況になっていたはずなので、それほど大きな迷いや試行錯誤というのは少なかったのではないか、と思われます。

 そうした点から見ると現代の社会は、学校に通っている間の子供時代の体験と、大人時代の体験が、わりときれいに分離してしまいがちな上に、また普段、子供達は、親や大人が実際に働いている様子を見る機会も、あまりないために、たいていの人は、学生時代が終わって、社会人になる頃になると、精神的にも能力的にも体力的にも、ちょっとした大混乱に見舞われるような試練の時期を迎えることになってしまうわけです(参考1参考2)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2019年3月21日 9:03 PM, おすすめ記事 / 人生観、世界観 / 成功論、繁栄論 / 教育 / 社会、文化

ホームページの絵が、新しい桜の絵に変わりました

 ホームページの絵が、新しい桜の絵に変わりました。

 本当は、昨年描いていた絵だったのですが、いろいろあって、描き終わったのは、四月の終わり頃だったので、いくら何でも、もう遅すぎるということで、一年待ってから載せることにしました(笑)。

 

Sakura.Garden

 

Cecye(セスィエ)

2019年3月21日 7:07 PM, おすすめ記事 / お知らせ

何日か、お休みします

 何日か、お休みします。

 

Cecye(セスィエ)

2019年3月18日 8:51 PM, お知らせ

Q&A 様々な異次元世界の影響について Part 3

 それから以前も述べましたが、こうした異次元世界の影響で、特に現在の世界で、かなり大きな影響が出ているような内容としては、現在、みなさんが生活している世界では、別にものすごい大戦争も天変地異も(一部を除いて)、ほとんど起きていないと思うのですが、ところが、そうした異次元世界では、今も様々な形の大戦争や天変地異が起き続けていることがあるので、そうした異次元世界の影響を受けて、実際には、それほど大きな脅威はないはずなのに、なぜか、ある国の国民は、別のある国の国民に対して、ものすごい軍事的な脅威や敵意を持って、好戦的な感覚になってしまうことがあったり、また、なぜか、ある国の人々は、世の中に対して、とても投げやりになって、あまり熱心に働いたり、世の中を良くしてゆくような意欲を持てないような状況になってしまうことがあったようなのです。

 こうした状況は、その国の人々が、様々な努力を積み重ねていったり、またアセンションの進行により、そうした異次元世界の状況が大きく改善されていった場合には、その後、だんだん、かなり大きく変わってゆくこともあるようなのですが、残念ながら、まだ、そうした状況になっていない場合には、現在もそうした異次元世界の影響を受けて、いろいろと問題が起き続けるような状況になりやすいようです。

 

 あと、実は昔から、かなり多くの人々の間で、実際に起きた事実とは違う記憶にすり替わるような現象は、世界中のあちこちで起きたことがあったようです。

 そうした多くの人々の集団規模の記憶の喪失や入れ替わりのようなことが起きたことが原因で、現在の地球のように国や地域規模や、民族や部族規模で様々な個性の異なる神話や伝承ができていったこともあったようです。

 この場合は、そうした様々な国や地域や、民族や部族が、霊的に強く関係しているどこかの異次元世界のイデアや出来事が、かなり強く影響するような形で、そうした大きな規模の記憶の入れ替わりが起きていたようです(どこかの宇宙領域の影響であることもあったようです)。

 つまり、そうしたケースの場合、この物質世界では、実際には全く違ったことが起きていたのですが、ところが、そうした国や地域や民族や部族が関係している別の異次元世界で起きた出来事の強烈な印象が、この物質世界で生きている多くの人々の意識に強く働きかけてくることで、そうした集団規模の意識の転換のようなことが起きていたようです。

 

Cecye(セスィエ)

2019年3月16日 9:03 PM, Q&A  / 宇宙文明、古代文明 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

Q&A 様々な異次元世界の影響について Part 2

 これは人によって、結構違っていることも多いようなので、もし、みなさんの中で、「たいていの人は、みんな、こんな簡単なことは、すぐに覚えられるのだが、なぜか自分は、このことに関しては、すぐに間違ったことを言ってしまう」とか、「いつのまにか自分が思い込んでいたことと、実際の話が全然違っていた」とか、「なぜかよくわからないが、自分は、このことに関して、ものすごい苦手意識や恐怖感を感じているようだ」などというように感じた際には、できるだけ、そのままにしておかずに、ちょっと時間をとって、集中的によく調べ直したり、しっかり覚え直すようにしておかないと、そうした異次元世界の影響を受けて、何度も何度も、ずっと間違えたり、失敗するような状況になってしまうかもしれないので、かなり注意が必要だと思います。

 さらに、こうした異次元世界の中には、この物質世界と、わりとよく似た出来事が起きている並行世界ばかりでなく、場合によっては、この物質世界とは、かなり正反対の出来事が起きている「反世界」のような異次元世界もあるので、みなさんも時々、何か言おうとしたり、やろうとした際に、無意識のうちに正反対のことを言ってしまったり、やってしまったことがあると思うのですが、特に学業や仕事や生活の上で、「絶対にこれだけは間違ってはいけない」とか、「これを間違えると、大変なことになる」というような内容に関しては、注意の上にも、よく注意して行動することが大事になるのではないか、と思われます。

※特に車のアクセルとブレーキのような大事なものに関しては、しっかり気をつけた方がよいと思います。

※この世的には全く理解しがたいのですが、私も「反世界」のような異次元世界に霊的にフォーカスして、いろいろ調べながら、ワープロを打っていると、例えば、なぜか「た」(ta)と打つところで、「at」などとアルファベットの順序を逆に打ってしまうことがあって、一瞬、何のことだかわからなくなってしまうことがあります(笑)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2019年3月15日 9:03 PM, Q&A  / 時間と空間の秘密

Q&A 様々な異次元世界の影響について Part 1

 今回は、スピリチュアルやオカルトの世界で「マンデラ・エフェクト」と呼ばれることもあるような、要するに時折、多くの人々が集団的に共通した形で、実際に起きた出来事とは、かなり違った記憶を持つことがあることについて、質問が来ていたので、少しだけ述べてみたいと思います。

※これは、スピリチュアルやオカルトの一部の分野で言われている「マンデラ・エフェクト」についての内容なので、ネルソン・マンデラ氏自身とは、あまり関係ありません。

 

この物質世界への様々な異次元世界の影響について

 このブログでは、「現在、アセンションが進行していて、この物質世界と、この物質世界を取り囲んでいる様々な異次元世界との間の次元の壁が薄くなってきているので、お互いに影響を受けやすくなってきている」とか、「この物質世界で起きている出来事の事実は一つなのだが、この物質世界と並行した別の並行世界で起きている様々な出来事の影響が、この物質世界に強く働きかけるような形で、それぞれの人の意識が多少混乱した状況になるかもしれないので、非常に注意する必要がある」などといった内容を、ここ数年の間に何度も載せています。

 ですので、おそらく、この「マンデラ・エフェクト」と呼ばれることもあるような少し不思議な現象も、そうした隣接する異次元世界の影響が、この物質世界に及んだ際に起きた現象の一種だったのではないか、と思われます。

 実は、こうした異次元世界の影響は、多くの人々が、いつの間にか、かなり間違った信念や思い込みを持つようになったり、かなり間違った行動をしてしまうような際にも、結構強く働きかけているようです。

 それゆえ多くの人々が、いろいろな名前やイメージや地理的な場所などを、かなり大きく間違えて覚えてしまっているようなケースや、また何度教えられても、すぐに間違いやすいような内容などに関しては、要するに、この物質世界ではない別の異次元世界では、別の名前やイメージや、別の地理的な場所や、別のやり方や生活習慣などになっていて、そうした体験をずっと積み重ねていたために、この物質世界でも、何となく、よくわからないのだが、どうしても多くの人々が、すぐに間違えやすかったり、また、よく覚えられないような状況になっているようなケースが、かなりあったように思われます。

※例えば、国や県の場所がうまく覚えられない場合には、霊的、というか、異次元的には、そうした国や県が全く別の場所にあったり、この物質世界とはかなり違った状況になっていることがあったようです。こうした場合には、少し時間をとって、再度、そうした国や県について調べたり、体験したりして、知り直すようにすると、この物質世界の正しいイメージに直せるようです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2019年3月14日 9:03 PM, Q&A  / おすすめ記事 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

2019年1〜2(3)月現在のアセンションの状況について Part 12

 こうした見方の変化は、地球人から見た宇宙人への見方だけではなく、実は、宇宙人の側から見た地球人のイメージに関しても、ほぼ同じように言えるようなところがあって、銀河連合や宇宙連合に属するような高度に進んだ宇宙人から見た地球人のイメージというと、少し前の時代までは、「地球人は、非常に好戦的で残酷で野蛮である」とか、「現在の地球は、だんだん科学技術は進歩してきたが、まだまだ精神性は未熟で欲望が強く、やることに見境がない」とか、「多くの地球人は、知性的に未熟で、恐怖や迷信に彩られた宗教を信じていて、原始的な生活をしている人々もたくさんいる」とか、「地球周辺の宇宙領域は、霊的に大混乱していて、闇の勢力の影響がとても大きく、とんでもない生まれ変わりを強いられている」などというような見方をされることが多かったのですが、それが現在、アセンションの進行と共にだんだん大きく変わってきていて、「地球人の中にも、精神的に非常に優秀な人々がいる」とか、「地球人の中にも愛情深く、知性の面でも非常に秀でたリーダーのような人々がいる」とか、また「地球の周りの霊的な混乱は、だんだん収束してゆきつつあり、それに伴って、宇宙規模での霊的な浄化や進歩が進んでゆきつつある」などというように、だんだん、かなり大きく変わってきているようなところがあるのです。

 それでは、こうした変化の先には、いったい、どのような世界が待っているのか、というと、これは現在の段階では、まだあまりはっきり言えないことも多いのですが、前から何度も述べたように霊的、宇宙的に見ると地球は、宇宙のひな形のような所であるために、地球の霊的な浄化や進歩や調和はそのまま、この太陽系全体や銀河系全体、さらには宇宙全体に対して、非常に大きな影響を与えてゆくようなところがあります(前にも述べたように物質世界の地球の時間としては、地球から遠ければ遠いほど、もうすでに起きた過去の出来事になってゆきますが・・・)。

 それゆえ現在の推移のまま、地球の霊的な浄化や進歩や調和が進んでいった場合には、現在の地球の人々が、その身そのまま霊的、宇宙的な形としては、この宇宙のどこかの銀河系や恒星系や惑星系のスターピーブルとしての霊的な浄化と進歩と調和を経験して、そうした銀河系や恒星系や惑星系全体の霊的な浄化と進歩と調和に貢献してゆくような、そうした霊的、宇宙的な意味での非常に大きな魂の目覚めを体験してゆくような、新しい宇宙の時代に入ってゆくのではないか、ということなのです。

 

 2019年1〜2(3)月現在のアセンションの状況としては、だいたい以上のようなことが言えるのではないか、と思われます。

 

Cecye(セスィエ)

2019年3月8日 9:07 PM, アセンション後の世界 / スピリチュアリズム、霊界 / 予知、予言、未来予測 / 宇宙文明、古代文明 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

2019年1〜2(3)月現在のアセンションの状況について Part 11

4、アセンションの進行に伴い現在の地球は、だんだん宇宙規模の霊的な浄化と進歩と調和に非常に大きな影響を与えるようになってきている

 それから四つめは、このブログでは、昨年から宇宙的な内容については、いろいろと、かなり細かく述べてきたのですが、実は、ちょうど今頃の時期は、地球の周りに張り巡らされていた霊的、次元的な歪みが、少しずつですが、だんだん解消されてゆき、地球人から見た宇宙人への見方も、また宇宙人から見た地球人への見方も、だんだん、かなり大きく変わってゆく時期に当たっています(最近、多くの人の宇宙人に対する感覚が、だんだん変わってきていると思いませんか?)。

 こうしたアセンション系の話では、宇宙人物の内容は、かなり頻繁に取り上げられることが多いので、こうした話を聞いても、それほど驚かない人も多いとは思うのですが、ここで言いたいのは、次のような内容になります。

 これまでかなり長い間、多くの地球人が持ちがちだった、かなりインチキがかった、いかがわしい宇宙人のイメージや、ちょっと物騒で侵略的な宇宙人のイメージや、それから時には、かなりオカルトがかった、とんでもなく怖い不気味な宇宙人のイメージなどが、特に現在の辺りの時期から、わりと穏やかで知性的で美しく洗練された宇宙人のイメージや、平和的で、とても親切で愛情深い、まるで天使のような宇宙人のイメージや、また、地球の人間や生物とほぼ同じような感覚の宇宙人のイメージなどといったように、だんだん、かなり大きく変化してゆく可能性があります。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2019年3月6日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 予知、予言、未来予測 / 宇宙文明、古代文明 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況

2019年1〜2(3)月現在のアセンションの状況について Part 10

 二つめは、今度は、いわゆる霊的な啓示やインスピレーションに関わるような内容になるのですが、先ほど述べたような霊的には、わりと無色透明っぽい霊的な存在が、そうした霊的な啓示やインスピレーションを受ける際に、上や横や後ろなどからパッと入り込んできて、いろいろと邪魔してくることがあるので、これには、かなり注意が必要になります。

 代表的なのは、「◯◯の霊だ」と名乗って出てくるような霊懸かりに関する内容になるのですが、次のようなケースの場合には、原則、あまり本当の霊ではないと思われるので、かなり注意が必要になります。

 一つめは単純で、そうした霊がかかってきた際に、「とにかく今すぐ何かやらなくてはいけない」とか、「今すぐ何かをしないと罰されるので怖い」とか、「何かとんでもない祟りが起きる気がする」などというような感じで、とにかく、かなり焦ったり、急がされたり、慌てさせられたりするようなケースの場合には、いったん、そうした霊からは離れた方が賢明です。

 二つめは、これは、どんな霊でも同じなのですが、その霊が、「自分は、とにかく偉いんだ」とか、「とにかく私の命令に従え」とか、「お前は罪を犯して、どうしようもない人間でクズなのだ」などというように非常に高飛車な態度だったり、非常に巧妙に人間の側が、ものすごい罪人で下であるかのような上下の命令関係を築こうとしてきた場合にも、距離を置いた方がよいです。

 それから三つめは、これは見分けるのが、かなり難しいのですが、一見、とても明るい愛や知恵のある感じがしたのだが、時間と共に大した理由もなく、あまりにも言うことが、ころころ変わってゆくような存在の場合には、時には外部の人々に助力を求めたりしながら、いったん、そうした霊との関係は完全に解消していった方が賢明です(参考1参考2参考3)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2019年3月5日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳 / 現在のアセンションの状況 / 知恵、正しさ