Light Symbol

今日はお休みします

 今日はお休みします。

 

Cecye(セスィエ)

2021年1月19日 8:51 PM, お知らせ

2020年の私の霊的な仕事について Part 9

 世界中の多くの国々と同じようにアメリカの政治の世界においても、これまでの長い歴史の中で鍛えられ、培われてきた、非常に大勢のエキスパートの人々によって、議会や行政や裁判や軍事などの運営が行われています。

 それゆえ、はっきり言うと、いくら世界的に有名なアメリカの大統領がいると言っても、何もかも一存で勝手に決められるようなことは意外と少なくて、何か行う際には、様々な専門分野の長官や、50の州知事を初めとする行政組織の人々や、たくさんの国民からの支持を得た数百人、数千人の国や州の議員の人々や、憲法や法律関係のプロフェッショナルの人々の支持や協力をしっかり得ながら、一つ一つの課題をきっちり達成してゆく必要があるわけです。

※例えば、特に警察や役所の仕事のような、わりとオーソドックスな行政サービスの業務については、大統領や主要な党の交代によって、大きな方針の変更や業務内容の改善のようなものは、やろうと思えば、かなりきっちり行えると思うのですが、はっきり言って、もうすでにかなりきっちりした業務が行われているようなものに関しては、たとえ大統領や主要な政党が変わったとしても、それほど急に大きく変えることは難しいのではないか、と思われます(無理に突然、大きく変えてしまうと、たくさんの国民の生活に支障が生じるので・・・)。

 

 そうすると、いくらメディアやアメリカの宗教界で有名人だったり、人気のある人物であると言っても、そうした非常に多くの人々の支持や協力をしっかりとりつけながら、時には非常に繊細な利害の調整をしたり、非常に難しい判断をしなくてはならないような大統領職に就いたからには、そうした多くの人々の非常に緻密かつ大変な仕事を、時に台無しにしてしまったり、彼らの感情をかなり大きく逆撫でするような発言を、政治的に公式な立場とは、あまり言えないTweetや集会などで連発してゆくようなトランプ氏の政治姿勢は、かなり問題が多かったのではないか、と思われます(多分、かなり最初の時点から内部の人々から、そうした点は、いろいろ進言されていたのではないか、と思われます)。

 単純な分析としては、そうした政治姿勢になっていると、トランプ氏と直接つながっているような感覚を持っている大勢の支持者の人々は、言ってみれば、まあ、それなりに政治的な力もある、アメリカのエンターテイメントや宗教界の有名人のような感じで、非常に熱烈なファンとして、ついてゆけたかもしれないのですが、かたや、常にかなり慎重に大変難しい政治的な仕事をしてゆかないような人々の立場としては、「ああ、また、とんでもないことを言ってるぞ」とか、「あんなことを言われたら、今までの仕事がすべて台無しじゃないか」とか、「何十年もかけて築いてきたあの国との外交関係や、将来のための国家プロフジェクトなのに、いったい、どうしてくれるんだ」などというような感じで、本当に国のためや、人々のためを思い、一生懸命仕事しようとしていた人々は、だんだん時と共に、トランプ氏のもとから離れていったのではないか、と思われます(辞表を出したとしても、なぜかクビにされたらしいのですが・・・)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2021年1月18日 9:08 PM, 宗教、道徳 / 政治 / 現在のアセンションの状況 / 社会、文化 / 私の霊的な仕事について / 経済 / 軍事

2020年の私の霊的な仕事について Part 8

 普段、私のブログでは、個人名をあげて、私の考えを述べたことはあまりないと思うのですが、ここでは、もう少しだけトランプ氏についての私の考えを述べてみたいと思います。

 まず一つめは、これは以前の私のトランプ氏についての文章の中でも述べたのですが、アメリカの場合、大統領選挙の二年後には中間選挙で、その大統領の政治への国民からの信任が問われるようになっているので、アメリカでは、よくある政治のあり方として、特に最初の一年ぐらいの間に、どれだけ、しっかりした政治的な成果をあげるか(どのアメリカの歴代政権もそうしてきたので・・)、また特にトランプ氏の場合は、個人的な言動がとても問題視されていたので、大統領職に就いた後に、どれだけ人格的にも優れた大統領にふさわしい言動に改めることができるのか、ということが、非常に注目されていたように思われます。

 そうした点で、最初の1年、2年の間に凄腕の辣腕(らつわん)経営者や、エンターテイメント界の有名人としてではなく、政治家としてのトランプ氏の手腕の良し悪しが非常に注目されていたように思うのですが、2016年の選挙では、せっかく共和党も過半数の議席をとって、与党になっていたのに、私もいろいろな仕事でとても忙しかったのですが、気がつくと中間選挙で下院では、民主党に逆転されていたので、そうした最初のスタートの時点での政治家としてのトランプ氏の仕事は、正直言って、今一つだった、というような評価になるのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2021年1月18日 9:07 PM, 政治 / 現在のアセンションの状況 / 社会、文化 / 私の霊的な仕事について / 経済 / 軍事

2020年の私の霊的な仕事について Part 7

 ここでは、さらに少しややこしいスピリチュアルな問題について、少しだけ触れたいと思うのですが、前から何度も述べているようにアセンションの過程で現在の地球は、以前よりも、だんだん、かなり霊的な世界になってゆきつつあるのですが、そうすると昔の時代よりも、一人一人の人間(生き物も)が、この世的にはともかくとして、いろいろな形で霊的につながっていたり、あるいは、所属していたりするような様々な霊的な存在達や、霊的なグループなどの影響を、より大きく受けやすい時代に、だんだん変わってきているようなところがあるわけです。

 そうすると、ここからが非常にややこしいのですが、この物質世界では全く起きていない、ほぼ完全に根も葉もない、単なる噂話や、非常に恐ろしい陰謀物の話のようなものも、この物質世界ではない、様々な霊界や異次元世界のような所では、かなりリアルな感じで、まるで実際に起きているかのように感じられることもあるようなのです。

 そうすると当然、そうした世界の幻覚や啓示やインスピレーションなどを受けて、いろいろなことを発表する人々が出てくるものなのですが(そうした行為自体は、別にすべて悪いことではないと思うのですが・・・)、ところがたくさんの人々の中には、この物質世界では、全く根も葉もないような非常に馬鹿げた話であるにも関わらず、まるでこの物質世界で本当に起きた実際の出来事であるかのように、かなり強い確信を持って、深く信じ込んでしまうこともあるようなのです。

 さらにもっとややこしいのは、そうした並行世界的な異次元世界の中には、この物質世界の出来事と比べると、ほぼ正反対の出来事ばかりが起きている「反世界」のような異次元世界もあるので、はっきり言って、そうした反世界のような異次元世界の話を深く信じ込んでしまうと、例えば、本当はものすごく清くて正しい人が、まるでとんでもない嘘つきの悪魔のような人物に見えてきてしまったり、またその反対に、本当はとんでもない嘘つきの詐欺師のような人物が、まるでものすごく正しい神仏のような人物に見えてきてしまったりすることもあるようなのです。

 それゆえ、少し前の私の文章では、いろいろな霊的な能力があったとしても、そうした霊的な能力によって得た知識や情報と、この物質世界の実際の現実とは、きっちり分けておくことの大切さを述べたことがあったのですが、そうした霊的な背景もあるので、特に霊的にかなり怖い内容の話や、「誰それが、何か裏で悪いことをしている」などというような陰謀物の話に関しては、すぐに何もかも正しいものとして信じたりはせずに、できるだけ冷静かつ客観的な態度で、実際の事実関係をよくよく調べ直してから、そうした知識や情報を、自分として、受け入れるかどうか、決めるような姿勢を持つことが、とても大事になるのではないか、というように思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2021年1月15日 9:03 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 予知、予言、未来予測 / 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想 / 知恵、正しさ / 私の霊的な仕事について

2020年の私の霊的な仕事について Part 6

 たいてい、スピリチュアルな分野の啓示やチャネリングと、私の意見には、あまり大きな意見や方向性の違いはないことが多いのですが、ことトランプ氏の話に関しては、「トランプ氏こそは、闇の勢力と戦っている希望の星なのだ」とか、「みんなでトランプ氏を応援して、新しい時代を築こう」などというような話がある一方、もう一方では、トランプ氏の場合、アメリカの国益優先というよりも、トランプ氏の支持者優先で、アメリカだけでなく、世界的にも常に分断や対立や混乱を巻き起こすような言動が多かったので、はっきり言って、この世的のみならず、スピリチュアルな立場としても、アメリカのトランプ氏の動向は、なかなか、よくわからないようなところが多かったのではないか、と思われます。

 それで少し前にさかのぼりますが、2016年のアメリカ大統領選挙で、トランプ氏が当選した際には、アメリカ大統領と言えば、アメリカ国内のみならず、地球規模で非常に大きな影響を持っているために、霊的な感覚としては、まるで地球人全体のみんなの頭の上に、何か危ない置物でも載せてしまったような感じで、地球規模で非常に多くの人々が、かなり大きな精神的な動揺と不安と絶望感を感じているらしいことが、かなり切実に感じられました。

※当時の霊的な感覚としては、トランプ氏のアメリカ大統領当選が決まった段階から、地球人の意識全体が、何だか、グラグラ揺れてる感じが止まらないような状況になっていました。それでそのままの状況を放っておくと、アセンションどころか、地球上のあちこちで戦争や混乱や天変地異などが、たくさん起きてゆきそうな時間の流れになってしまっていたので、それまでは、あまり具体的な個人名をあげて、文章を書くことは少なかったと思うのですが、私のブログでも、トランプ氏についての私の考えを載せることにしました。

 

 私のブログは、この世的には、ほぼ無名だと思われますが、霊的には、まあ、ある程度の影響力はあるようなので、そうした当時の地球の霊的な状況を少しでもより落ち着いた安定した状態にするために、その時点でのトランプ氏に関係する政治的な予測を述べているのですが、内容としては、要するにトランプ氏の言動にいろいろ問題があったとしても、当時の共和党という大きなチームの協力や、もっと大きくは、アメリカの憲法や法律や行政上の制約があるので、多くの人々が心配するほど、大変な状況になる可能性は低いのではないか、というようなことを述べました。

 実際、憲法や権力分立による制約や、共和党との協力などの面で、当時のトランプ氏の言動通りのような政治はできなかったようなところもあるのですが、ただ時間と共にツィートや「大統領令」など、そうした制約を受けない政治のやり方や影響力の行使の仕方については、トランプ氏も、だんだん習熟していった感じがしました。

 最近はトランプ氏が、正式な選挙での敗北を不当に認めずに議会への乱入を煽って、死傷者が出たので、ツィッターなどのアカウントは永久停止の処置がされてしまったのですが、客観的に見る限り、誰でも簡単に確認できるような実際の事実をいつまでも認めずに、訳のわからない発言を連発して、アメリカ国内のみならず、世界中の人々の仕事や生活や精神的な平安を踏みにじるような異常な行為をし続けたところなどは、どう考えてみても、この世界を、より明るい平和で幸せで豊かな世界にしてゆくための光の勢力的な活動とは、全く言えなかったのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2021年1月13日 9:13 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況 / 私の霊的な仕事について

2021年1月現在のアセンションの状況について Part 3

 三つめは、これは少し変わった話になるかもしれないのですが、そうした霊的、異次元的な存在達は、わりと冷たく、止まった波動に共鳴しやすいところがあるようなので、時々、わりとリズミカルな音楽をかけたり、あるいは、自分の体を動かしたり、柔軟体操をしたり、散歩したりすると、そうした霊的な存在の影響を、わりと少なくできるようなところがあるようです。

 それから四つめは、これも少し変わった話になるかもしれないのですが、特に今頃の時期は、これまで霊的、異次元的にいろいろな物事を、かなりきっちりと分け隔てていた境界線のようなものが、多少、あちこちで不明瞭になって、多くの人々の意識が、例えば、真偽や善悪や美醜などの面で、多少何が正しくて、何が間違っているのか、ということが、よくわからなくなってくることが多いようなのです。

 ただ、そうした形で、それぞれの人の感覚が、多少曖昧になってきたとしても、霊的にはともかくとして、この物質世界では、これまでと同様の真偽や善悪や美醜の観念や、また法律的に正しいか、間違っているかの規定は、そう簡単に大きく変わるわけではないので、時々、ある程度、客観的に自分自身の物の見方をチェックし直すようにしたり、また他の人々との関係において、多少ぎくしゃくした状況が多くなってきたように感じた場合には、特にそうした点について、よく見直して、修正するようにしておくことが、とても大切になるのではないか、と思われます。

 そうしておかないと現在の辺りの時期は、当人としては、いつの間にか、「なんで自分は、こんなバカなことをしてしまったのだろうか?」などというような言動をしてしまう可能性も高くなってきているので、かなり注意が必要なところがあるようです。

 

Cecye(セスィエ)

2021年1月12日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 現在のアセンションの状況 / 知恵、正しさ

2021年1月現在のアセンションの状況について Part 2

3、特に今頃の時期は、いつの間にか、それぞれの人の感覚や意志を大きく変えようとする霊的、異次元的な存在達の暗躍が多いようなので、注意が必要である

 三つめは、これも現在、あちこちでかなり大きな問題を巻き起こしているようなのですが、現在の辺りの時期は、霊的、異次元的には、それぞれの人の頭のすぐ上、あるいは、ほぼ頭の辺りにダブるような形で、わりと透明、あるいは、白っぽくて、かなり硬い感じの自称、神仏のような存在達が、いろいろと悪い影響を与えてきやすいようなので、かなり注意が必要なようです。

 この霊的、異次元的な存在達は、それぞれの人の頭の辺りに霊的にかかってくるような感じで、いつの間にか、その人の意識を乗っ取って、その霊的な存在にとって、都合のいいように操ろうとしてくるのですが、特徴としては、わりと自然な感じだったり、また時には頭の辺りを、ぎゅっと押さえつけるような感じで、その人の考えや行動をすり替えるように、いろいろと操作しようとしてくるようなところがあるので、かなり注意が必要です。

 それでは、こうした霊的、異次元的な存在達に対して、いったい、どのように対応してゆけばよいか、というと、だいたい次のような四つのことが言えます。

 まず一つめは、こうした霊的、異次元的な存在達は、一見、最もらしい「正義」や「正しさ」によって、人を動かそうとしてくることが多いようです。

 ですので、特にネットなどの情報に関しては、自分が主体的な意志をしっかり持って、閲覧するのであれば、それほど問題ないと思うのですが、そうではなく、「あれが悪い」「これが問題だ」「これをすぐしないといけない」「あいつらがいけないんだ」などというような感じで、ちゃんとした理由をあまりしっかりと提示することなく、人を脅かしたり、煽ったりするような内容を、何でもかんでも、そのまま鵜呑みにするのは、特に現在のような時期には、かなり用心した方が賢明なのではないか、というように思われます。

 二つめは、今頃の時期は、人によっては、自分自身の感覚や意志というものが、かなり弱くなってきて、誰かの話を聞くだけで、すぐに「ああ、その通りだ。僕もそう思う」とか、「ずっと自分もそう考えていたんだ」(実際には、それまでそんなこと、全く考えていなかったのに・・・)などというように、はっきり言うと、他の人の話を、なぜかそのまま、まるで自分自身の考えのように受け取ってしまうことがあるようなのです。

 それゆえ今頃の時期は、できれば定期的に自分の感覚や意志は、以前の自分の感覚や意志と比べて、大した理由もないのに大きく変わっていないかどうか、ということを、しっかりチェックし直すようにすることが、とても大事なのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2021年1月11日 9:30 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況 / 知恵、正しさ

2021年1月現在のアセンションの状況について Part 1

 現在も霊的には、大きな過渡期に当たっているので、現在、注意すべき点について、幾つか述べてみたいと思います。

※前回のアセンションの状況についての説明は、また後日述べたいと思います。

 

1、現在の辺りの時期は、人によっては、いつの間にか、かなり正反対のことを考えたり、やろうとし出すことがあるようなので、注意が必要である

 まず一つめは、昨年の末ぐらいからの霊界や異次元世界の影響で、人によっては、これまで、わりと当たり前に考えていたことや、やっていたこととは、いつの間にか、かなり逸脱した、また場合によっては、ほぼ正反対のことを考えたり、やったりしてしまうことが増えてきているようなので、多少注意が必要なようです(フワッとした感じで、いつの間にか変えられてしまうような感じが多いようです)。

 つまり、これまでであれば、それほど大きな間違いや失敗をしなかったような人が、いつの間にか、ちょっとボッとして違ったことを考えたり、やってしまったり、本来、考えるべきことや、やるべきこととは、ほぼ正反対のことを考えてしまったり、やってしまうことがあるようなのです(現在の状況の変化に対応した考え方や行動の変化であれば、当然であると思うのですが・・・)。

 ですので、それぞれの人の学業や仕事や生活などにおいて、特に大事な基本に当たるような考え方や行動などについては、もし、そうした形で少しフワッとずれてゆきそうな感じになる場合には、紙や携帯で、すぐに確認できるようにするなどして、何度もチェックするようにしておいた方がよいのではないか、と思われます。

 

2、政府や医療機関が推奨する行動をとっているのであれば、精神的には、あまりネガティブになったりしないようにしていた方が、より健康を維持しやすいようなところがある

 二つめは、現在、世界中で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るうような状況になっているのですが、その一方で霊的には、そうした病を癒すためのエネルギーも、かなり莫大に降り注いでいるようなところもあります。

 それで、ここからが問題なのですが、人によっては、あまりにも暗く、消極的で悲観的な、あるいは、非常に他の人々を責め立てたくなるような、かなりネガティブな精神状態になってしまっていることがあるようなのですが、はっきり言うと、そうした人は、その人自身のネガティブな精神的な力によって、そうした霊的な癒しのエネルギーを、ほぼことごとく弾いてしまい、本当は、ちょっとした病であったはずなのに、どんどん悪化して、かなりひどい病状になってしまう人もいるようなのです。

 ですので、政府や医療機関の推奨する行動の仕方をしっかり守ることは、とても重要だと思うのですが、そうした行動をしっかりとっているのであれば、精神的には、あまり暗い精神状態に落ち込まないようにしておかないと、前にも述べたように肉体の免疫力の働きも弱くなりがちなところがあるので、そうしたことには、多少気をつけた方がよいのではないか、と思われます。

※ただし、特に今頃の時期は、あまりフワフワした感じで、あちこち出ていると、あまり良くないようなので、注意が必要です。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2021年1月9日 9:41 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 人生観、世界観 / 健康、医療 / 現在のアセンションの状況

2020年の私の霊的な仕事について Part 5

 アメリカ合衆国に関しても(そろそろ、某超大国と言うのが面倒臭くなってきてしまいました)、霊的には、かなり複雑な背景があるようなのですが、もう少し普通に国際社会に責任を持って、平和主義的で、未来志向的なアメリカにならないものだろうか、ということで、私も霊的な調査と浄化を試みることにしました。

 アメリカは、20世紀の中頃から21世紀の現在にかけて、世界一の超大国になるだけあって、昔から様々な霊的な勢力が、しのぎを削ってきたような所なので、現在も調査と浄化の過程になりますが、霊的、異次元的には、昔の古いアメリカの時代の陰謀や、もっと昔のインディアン時代や、そうしたインディアンと、ヨーロッパからの移民達との抗争や、ヨーロッパ系の魔術的な集団の活動や、白人と黒人や、南北戦争的な対立の構図や、新しい資本家の活躍や、科学主義的な人々の活動、さらには、前から述べているような時間戦争の影響や、様々な宇宙人系の影響や、それから、もっと古い時代だとアトランティス系の霊的な勢力の影響など、結構、いろいろな霊的な勢力が、かなり複雑に絡み合うような形で、お互いに働きかけ合っていたり、戦い合っているようなところがあったので、正直言って、かなり大変な印象でした。

 その後の大統領選では、みなさんもよくご存知のようにトランプ氏の再選ではなく、バイデン氏の当選になったのですが、長い歴史の中では、現在のような出来事は、アメリカの様々な試行錯誤の歴史の過程の一つになってゆくのでしょうが、おそらく、トランプ氏が再選した場合には、現在のような国内の混乱だけでなく、二期目の途中からは、好景気が維持できずに大きな企業が経営破綻したりして、アメリカが超大国の地位から脱落し、さらに世界的にも、かなり大きな大混乱が起きていった可能性が高かったので、現在の世界の情勢は、アメリカ国民にとっても、また世界中の人々にとっても、かなり良い歴史の流れに向かい始めたところなのではないか、と思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2021年1月7日 9:04 PM, 時間と空間の秘密 / 現在のアセンションの状況 / 私の霊的な仕事について

2020年の私の霊的な仕事について Part 4

 その後、当時の某超大国の大統領の様子を見ていると、新型コロナウイルス感染症に関しては、その某超大国のほぼすべての州政府と全く対立するような、逆に広げるような言動ばかりしているし、さらに黒人差別問題では、その某超大国を一つにまとめるどころか、さらに分断して、大勢の人々を煽るような言動ばかり繰り返して、国軍まで投入しようとし出していたので、そのままのその某超大国の歴史の流れをそのまま放っておくと、おそらく国を分断するような内戦が起きて、その過程で、その某超大国の大統領は、民主制を停止して、単なる独裁制ではなく、王制にすることを試みるか、またはその過程の混乱で、その大統領自身が暗殺されるような歴史の流れになっているのが、かなり明確に感じられました。

 特に私が、かなり感情的にカチンときたのは、その某超大国の中では、かなりデリケートに扱わなくてはならないような黒人問題に関して、これまで神やキリストや天使のような光の勢力が、いったい、どれかけ真剣に少しでもより良い社会の状態にするための努力をしてきたか、また、そのために、いったい、どれだけの犠牲を払ってきたか、ということを、この某超大国の大統領をしている人間は、本当に全くわかっていないということでした(もうその辺りの頃になると、私的にも、もうその某超大国の大統領に「お前は、クビだ!」と言いたい気分になっていました。笑)。

 さらにその時点では、その某超大国の大統領を支持している国民も、かなり大勢いたようなので、「ああ、このまま行くと、これまで民主主義のお手本のように言われていたその某超大国は、時折、歴史の本に出てくるような民主制が終わって、王制や帝制に逆戻りするかもしれないような大変な状況になっているらしい」と、私は切実に感じていました(映画で言うと、「まるでスターウォーズで皇帝が出てくる場面みたいだけど、こんなことって、本当にあるんだな・・・」などと感じていました)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2021年1月7日 9:03 PM, 予知、予言、未来予測 / 時間と空間の秘密 / 私の霊的な仕事について