Light Symbol

「愛」について Part 10

①愛の理想は、いっけん、誰もが抵抗しがたいような、非常に大きな魅力と説得力を持っているのだが、実際には、かなり曖昧で抽象的な概念に過ぎないようなところがあるので、気をつけないと、行けども行けども、永遠に終わりのないような、永久努力世界に引き込まれてしまう危険性がある

 まず第一には、これは、よく考えてみれば、誰でもよく分かるような話なのではないか、と思われるのですが、この世界では、たいてい、「愛のために」、という言葉は、ほぼ誰もが抵抗しがたいような、多くの人々を心の底から納得させ、動かし得るような、素晴らしい魅力と説得力を持っているのですが、ただ、よく考えてみると、こうした、「愛のために」、という言葉ほど、曖昧で、抽象的な概念はないのです。

 つまり、この世的に、もっと、よく分かるような喩えを使うと、要するに、こうした「愛」の理想というのは、「あっちに行くと、素晴らしいよ」、と言われて、みんなで、そっちの方角に歩いてゆくと、なかなか目的地にたどりつけないので、「さて果て、どうしたものか」、と、みんなで考え込んでいると、「どうも、その先には、さらに、あっちがあるらしい」、ということに気付いて、さらに、どこまでも、どこまでも、その「あっち」と言われる方角に向かって、歩き続けないといけなくなってしまうようなところがあるのです。

 つまり、愛というのは、いっけん、ものすごく魅力的で、説得力のある理想ではあるのですが、気をつけないと、こうした愛の理想というものによって、行けども、行けども、永遠に終わりのない、あっちの方角を目指して、みんなで、ひたすら歩き続けないといけなくなるような、とんでもない永久努力世界に入り込んでしまう危険がある、ということです。

 

②愛は、どんな人にも、最高の陶酔感と満足感を与える、究極の魔力を持った概念ではあるが、よく考えてみると、誰も、その完全なコントロールの仕方も、止め方も、また、最終的な目的地も分からない、というような、究極の不安要因を抱えている、とんでもない概念でもある

 第二には、これは、あまり考えたことがないのではないか、と思うのですが、実は、「愛」という概念には、そうした「愛」という概念そのものを全否定してしまうような、完全循環型の自己否定概念(ぐるぐる回るように、それ以前の自分達のあり方を、どんどん、全否定してゆくような感じです)のような要素が含まれている、ということです。

 これも説明が難しいので、なるべく簡単に説明してみたいと思うのですが、要するに、「誰かを愛する」、とか、「誰かのために、何かをする」、という行為は、それだけで、非常に素晴らしい、幸せな感覚をもたらす行為であるのですが、ところが、そのような形で、愛の奉仕、愛の実践をしていると、そうした、誰かを愛したり、誰かのために、何かをした行為が元となって、たいてい、再び、さらに、誰かを愛したり、誰かのために、何かをしなくてはならなくなってくる、とか、あるいは、その反対に、今度は、誰かに愛されたり、誰かから、何かをしてもらわなくてはならなくなってくるようなところがあるのです。

 つまり、愛というのは、どんな人にも、最高の陶酔感と満足感をもたらすような、究極の魔力を持った概念であるにも関わらず、よく考えてみると、誰も、その完全なコントロールの仕方も分からなければ、また、誰も、それを止めるための手立ても知らないし、それから、誰も、それが、最終的に、いったい、どこに行き着くのか、ということすらも、全然、分からない、というような、いわゆる、車や列車や飛行機のような交通手段で喩えると、目的地は不明、しかし、止めるのは、ほぼ絶対に不可能で、かつ、方向の制御も、ほとんど、ままならないような、究極の不安要因のような要素も抱えた、とんでもない概念でもある、ということなのです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年12月19日 9:02 PM, 愛について



«

»

おすすめ記事

過去の記事