Light Symbol

「愛」について Part 9

 第二には、今回は、世間で、時折、多くの人々によって、語られているような、「愛」に関する、ちょっと難しい問題の話になるのですが、それは、「人は、いったい、どれくらい他の人々や生き物達を愛すれば、本当の満足感を得られるのか」、というような、いわゆる、愛の量や、愛の質、それから、愛にまつわる、本当の精神的な満足感についての話になります。

 これは、少し難しい哲学的な内容も含んでいるので、最初に、ちょっとだけ、具体的な例をあげて、説明してみたいと思います。

 例えば、昔々、戦乱や飢饉や疫病や天災などで、すっかり荒れ果ててしまった、ある地域において、一部の人々が、何とか、その世界の多くの人々の苦しみや悲しみを和らげ、少しでも平和な幸福な世界にしたいと望んだとします。

 さて、その時に、そうした人々は、いったい、何をすればいいのか、ということが、ここでは、問題になってくるのですが、これが、意外と難しくて、例えば、一部の人々は、少しでも平和な世界を望むために、一心に祈ったり、瞑想したりすることもあれば、また、一部の人々は、一人でも多くの人々の苦しみを癒し、助けるために、一心に医療行為に従事することもあるし、また、そうした人々の立場とは全く違って、一部の人々は、少しでも多くの人々の平和や安全を確保するために、砦を作ったり、防衛に特化した、誰でも簡単に使えるような武器を作ることもあれば、また、一部の人々は、そうした戦乱や混乱の世そのものを終わらせるために、大軍事勢力を作って、その世界すべての平定を目指そうとすることもあるし、それから、今度は、そうした軍事的なこととは、一切、関係なく、一部の人々は、とにかく、少しでも楽しく、豊かな生活を実現するために、何らかの便利な道具を作ったり、それを売って、商売に励むこともあれば、また、一部の人々は、芸を磨いて、多くの人々を明るく元気づけるような、楽しい、感動的なパフォーマンスをすることもある、などというように、実は、戦乱や飢饉や疫病や天災などで荒れ果てた世界を立て直して、多くの人々を救いたい、というような、いっけん、ほぼ同じような目的があったとしても、結局、その人その人の生まれや生い立ちや、身分や立場や、あるいは、才能や能力や、その後の努力やチャンスによって、実際には、全く違う人生の展開が起きてくるようなところがあるのです。

 そうすると、いっけん、言葉の響きとしては、非常に素晴らしく、心地よく、また、尊い、「愛」という理想の実現のためであっても、結局、それぞれの人々の置かれた立場や状況によって、全く異なる行為と、全く異なる結果が、次々と起きてくるようになる、ということなのですが、そうすると、よく考えてゆくと、この時点で、愛には、そうした愛そのものに含まれる、かなり大きな根本矛盾のようなものが存在しているのではないか、ということに気付かされるのです。

 それでは、その愛そのものに含まれる根本矛盾とは、いったい、何であるのか、というと、これは、哲学書ではないので、細かな論理展開は、省略して、大まかな要点だけを説明したいと思うのですが、要するに、手短かに言うと、「愛」というのは、ほぼ万人に受け入れられるような、非常に尊い、また、非常に素晴らしい、魅力的な概念であるにも関わらず、次のような四つの点で、ほぼ最初の時点から、かなり根本的に矛盾した要素を持っている、というような、非常に大きな問題が隠されているのではないか、ということなのです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年12月19日 9:01 PM, おすすめ記事 / 愛について



«

»

おすすめ記事

過去の記事