Light Symbol

「愛」について Part 11

③物質的に豊かな時代になると、よく分かるのだが、常に、何かを求め続ける、「渇望」や「執着」の心の中だけでなく、「愛」や「慈悲」の心の中にも、ある種の渇望や不安や自己救済欲のような気持ちが、多少、混ざっているようなところがある

 それから、第三には、これは、さらに難しい問題になるのですが、実は、愛には、根本的な大問題があって、それというのは、一昔前の時代のように、常に戦乱や飢饉や疫病や天災などで荒れ果てがちだった不安定な時代には、確かに、昔の宗教でよく説かれたように、なるべく、一人一人の人間が、欲望や執着を捨てて、他者への愛や慈悲の行為をする、ということが、とても大切であったのですが、ところが、近現代に入り、そうした戦乱や飢饉や疫病や天災などによる社会の混乱や不安が、だんだん減少してゆくと、昔のように、「常に、何か欲しい」、とか、「常に、自分に、もっと何かしてほしい」、というような人々自体が、大きく減少するようになっていったわけです。

 さて、そうした過程で、昔の宗教が説くような、愛や慈悲の行為を、大勢の人々が、大々的に行うようになってゆくと、これは、とても不思議な話になるのですが、そうした愛や慈悲の思いや行為の中にも、どうも若干、不安定な要素がある、というか、もっとはっきり言うと、「いくら、与えても、与えても、完全に与えた感じがしない」、とか、「いくら、他の人々のために、尽くしても、尽くしても、本当に相手の役に立った感じがしない」、などというように、愛の中にも、渇望や不足の精神世界とほぼ同じような、言ってみれば、常に、「何か足りない」、とか、「何か欲しい」、というような、人間の心の奥底の根源衝動のようなものがあったようなのです。

 つまり、これは、現代のように、多くの人々が、いろいろな慈善事業やボランティアに関わるような時代になると、非常によく分かるような話なのではないか、と思われるのですが、確かに、昔の時代には、「多少、努力してでも、他の人々のために、何かする」、とか、「他の人々のために奉仕する」、というような、愛や慈悲の重要性が説かれることが、とても重要だったのは、事実なのですが、ただ、本当は、愛を与えることの中には、愛を受け取ることと、ほぼ同様の精神的葛藤や、ある種の渇望や不安のような気持ちが存在しているし、また、愛する気持ちの中にも、何か本質的に、相手の存在を通して、自分自身を救済し、安心感を得たい、というような、自己救済欲のようなものが含まれていたのではないか、ということなのです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年12月20日 9:02 PM, 愛について



«

»

おすすめ記事

過去の記事