Light Symbol

光について Part 14

11、霊的に見た神仏と光の関係について

 次には、霊的に見た神仏と光の関係について、述べてみたいと思います。

 いにしえの時代から、天空や地中から光り輝く神仏や天使や菩薩が現れてきた、とか、悟りを開いた仏陀の周りには、柔らかな光が放たれていた、とか、天使は、神への愛で燃えるように光り輝いて見えた、とか、聖人の頭や体の周りには、輪のような光の輝きが見えた、というような宗教的な描写が、世界中のあちこちで見られるので、そうした意味では、霊的に見た場合、神仏と光とは、切っても切れないような密接な関係があるように思われます。

 ただし、その反面、そうした光を放つ霊的な存在や人間や生き物のようなものを、本当の神仏だと思って、うっかり単純に奉ってしまったら、本当は、偽神仏のような存在だったので、すっかりひどい目に遭ってしまった、とか、昔の人達には、まるで本物の神仏のように思われたようなのだが、現代人の目から見ると、それは、ただの明るい光を放つUFOや飛行機のような存在だったように思われる、とか、真っ黒な出で立ちの霊的な存在が現れたが、非常に知恵のある愛情深い存在だったので、本当は、かなり本源に近い正当な神仏だったらしい、というような話もかなり多いようなので、結構、この世的には、そうした神仏と光の関係というのは、かなり混乱しているように見受けられます。

 さて、それでは、霊的に見た場合、神仏と光には、いったい、どのような関係があるのか、というと、大まかに言うと、次のような五つのことが言えます。

 一つめは、これは最初にも述べましたが、天界(高次元世界)でも、かなり高い世界に行くと、それほど高くない霊界の感覚とはかなり違って、一人一人の神仏のような存在達が光り輝いている、というような感覚はかなり減ってきて、確かによく見れば、一人一人の神仏のような存在達の周りには、うっすらと明るい光の輪のようなものが見えないでもないのだが、それよりかは、そうした神仏のような存在達自身が、一種の太陽のような存在になっていて、そうした霊界全体を明るく照らしている、というような状況になっていることが、とても多いように思われます。

 ですから、そうした目で見ると、確かに神仏のような存在達は、光り輝いているように見えるが、天界でも、かなり高い世界に行くと、そうした神仏自身が光り輝いている、というよりかは、そうした神仏のような存在達によって、そうした天界全体が明るく照らされている、というような状況になっているように思われます。

※これは、霊界の神秘であるとしか全く言いようがないのですが、かなり高い高次元の世界に行くと、本当は一つの霊的存在が、より低い次元世界では、様々な理由により、たくさんの全く別の姿形の、全く別の個性の神仏や天使や菩薩のような存在として、活動していることが、霊界では、よくあります。

 二つめは、それでは、単純に神仏は、光そのものなのか、ということなのですが、これは説明するのがとても難しいのですが、そうした神仏のような存在であっても、基本的に一人一人は、意識を持った霊的存在なので、確かに光そのもののように感じられることも多いが、それよりかは、常に多くの人々や生き物達を見守り、導き続けているような、そうした愛や慈悲の存在である、といった方が、彼らの本質をよりよく表しているように思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2014年11月26日 9:07 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 宗教、道徳



«

»

おすすめ記事

過去の記事