Light Symbol

「愛」について Part 21

 長いので、二つに分けました。

 

 それから、第四には、これは、あまり考えたことのある人は、少ない話になるかもしれないのですが、ここでは、手短かに、「愛」と「幸福」の関係や、その注意事項について、幾つか考えてみたいと思います。

 第一には、愛の心は、誰をも、すぐに幸せにするような万能の手段であるが、ただ、愛は、一つ間違うと、最悪の失敗や不幸を呼び込むような危険な要素もあるので、常に、愛の行為は、慎重な知恵と配慮のもとに行われるべきである、ということです。

 第二には、愛の最高の長所は、人間に最高の幸福をもたらすことであるが、それと同時に、愛の最悪の欠点は、ともすれば、そうした愛に酔って、道を誤り、人間を最も不幸にしてしまうこともある、ということなので、もし、常に最高の幸福を実現するための愛の行為を行いたいのであれば、常に、愛の中にあって、「幸福の実現」という最終的な目的は、絶対に忘れないように心掛けることと、それから、自分や他の人々や生き物達の幸福のための愛の行為は、よしとするが、それを通り過ぎて、自分も含めた誰かが、不幸になるような愛の行為は、厳に慎まねばならないことを、よくよく肝に銘じなくてはならない、ということです。

 第三には、これは、ものすごく慎重な知恵と配慮とバランス感覚が必要な話になってくるのですが、おそらく、今後の未来社会において、こうした「愛の行為」と「幸福の最大化」のために、最も慎重な知恵と配慮とバランス感覚が必要になってくるのが、人間本来の根源的な欲求としてのセックスへの欲求というものを、その時々の個人や家族や集団や社会全体の最良の秩序や調和の中で、いかに、あまり混乱や失敗がないような形で、うまく充足してゆき、そして、より多くの人々が、本当の本心からの最高の幸福を実現してゆけるか、ということになるのではないか、ということなのです。

 つまり、人類の社会が発展して、物質的な豊かさが、限りなく実現してゆくと、そうした物質的な豊かさを実現できるようにした、国や社会の秩序や調和の原理と、人間の根源的な幸福欲求の一つであるセックスのあり方が、いろいろなところでぶつかり合い、多少、社会が混乱してしまうことが、よくあるのですが、その際に、古くからの宗教や道徳の制約に縛られて、あまり極端に性的な自由を制約するような方向に、社会が進むと、結局、そうした社会というのは、どこかの段階で、多くの人々の潜在的な不満や不幸を現実化するような形で、長い停滞や衰退に陥ることがあるので、注意が必要である、ということなのです。

 つまり、もっと簡単に言うと、人間の幸福という要素の中に、人間の根源的な幸福欲求の一つである、セックスへの欲求というものを、ある程度、肯定的に考慮しておかないと、本当の愛の実現は出来ない、というような、ちょっと難しい社会の舵取りが必要になるようなところがある、ということです。

 さて、ここまで、「愛」と「幸福」に関して、大まかに四つの内容を述べてきたのですが、要約すると、人間は、ともすれば、「愛」を、最高の目的そのもののように考えてしまうことがあるが、それは、大きな間違いで、本当は、「愛」とは、単なる手段にすぎず、そうした愛の行為の目的は、自分自身も含む、できるだけ、多くの人々や生き物達の幸福の実現の方にこそある、ということ、つまり、自分自身も含めた、より多くの人々や生き物達の幸福の実現こそが、愛の本当の目的である、ということを、時折、しっかり思い出す必要がある、ということが、こうした「愛」に関する話の総まとめになるのではないか、ということです。

 

Cecye(セスィエ)

2012年12月28日 8:36 PM, 愛について



«

»

おすすめ記事

過去の記事