Light Symbol

「愛」について Part 14

②多くの人々が陥る、愛の迷路に陥られないためには、愛の精神的な部分は、しっかり重視するけれども、ちょっとした勇気ある行動や、知性的な裏付けや、結果や効果の重視といった、現実面への配慮が、とても大切である

 第二には、これも大変難しい問題になるのですが、実は、先ほどから何度も述べているように、「愛」という概念は、非常に尊く、魅力的であるにも関わらず、よく考えてみると、あまりにも曖昧で、抽象的、というか、はっきり言うと、何が何だか、よく分からないようなところがあるので、はっきり言うと、客観的に見る限り、大きく入り口が開いて、出口がよく分からないような究極の迷路、もしくは、究極の牢獄になってしまうようなところがあるのです。

 それゆえ、喩えとしては、あまり良くないのですが、例えば、お店の話で喩えると、今日においても、「愛」という看板さえ掲げれば、まずは、たいていの人には、パッと目を引かれる、あるいは、思わず、何だろうと、アッと身を乗り出すような、ものすごい人だかりのお店が、いくらでも作れるようなところがあるにも関わらず、ところが、そうした「愛」という看板の掲げられたお店に、いざ入ってみると、なぜか、探せども、探せども、現物の「愛」という存在は、全く見つからず、気がつくと、自分自身も店員になって、同じように、はっきり言って、具体的には、何が何だか、全然、分からないような「愛」という存在を、どんどん売りさばこうとするような立場になっていたり、あるいは、気がつくと、いつの間にか、そうして売っている、全く訳も分からないような最高商品の「愛」そのものに、自分自身がなっていたりする、などというように、言ってみれば、ちょっと、かなりインチキの、狂気に満ちた、怪しげなお店、というか、見方を変えると、一種のキチガイ・ショーをやっている、怪しげな劇場のような要素がある、ということなのです。

 さて、こうした「愛」に関して、いったい、どのようなことが言えるのか、というと、これは、いっけん、単純なようなのですが、実際には、かなり難しい、おそらく、人間としては、常に、究極の選択を迫られ続けるような問題になるのではないか、と思われます。

 ここでは、ほんの要点だけしか言えないのですが、大まかに言うと、次のような三つのことが言えます。

1、「愛」、「愛」、と、言葉で言う人ほど、実際には、愛から遠ざかり、その反対に、いっけん、愛とは、あまり関係なさそうな、ドライで、現実的な人ほど、実際には、本当の愛に近いようなところがある。

2、愛は、いっけん、感性や感情的なもののように感じられるが、実際には、愛は、知性的、かつ、具体的なものでなければ、ほとんど意味がないようなところがある。

3、愛は、人間の感性や感情を覆い尽くすほど、非常に強力な精神作用を持っているが、ところが、実際には、愛では、ほんのちょっとの具体的な行動や実践の方が、遥かに大切だったりする。

 などということが言えます。

 つまり、ここから言える結論は、かなり冷静で、ドラスティックな結論になるのですが、確かに、精神的に、「愛」というのは、人間として、ものすごく大切なものではあるのですが、ただ、そうした「愛」の概念を現実化してゆくためには、何のことはない、ちょっとの勇気ある行動や、知性的に、よく考えて、結果や効果を重視した行動をすることや、それから、愛の迷路に陥らないように、愛の精神は、大切にするけれども、適度にドライに現実を見続けることができることなのではないか、ということなのです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年12月21日 9:03 PM, 愛について



«

»

おすすめ記事

過去の記事