Light Symbol

「愛」について Part 13

 それでは、このような形で、根本的なところに、非常に大きな矛盾や問題を抱えた「愛」に関して、いったい、どのようなことが言えるのか、というと、だいたい、以下のような三つのことが言えます。

 

①なぜ、地上の世界の人々が、いくら、どこまで愛しても、完全な満足感を得られないのか、というと、本当は、霊的には、「愛」とは、単なる抽象的な概念なのではなくて、この宇宙の唯一にして、至高の光の創造主の元々の名前の一つだったからである

 まず第一には、これは、多くの人々にとっては、目から鱗のような、かなり驚くような話になると思われるのですが、今日、多くの人々が、人生の中で、あるいは、この世界の中で、最も素晴らしい、崇高な概念であると深く信じ込んでいる、「愛」という言葉の意味は、おそらく、この地上の世界の人々は、ほぼ間違いなく、「誰かを、ものすごく大好きになること」、とか、「誰かのために、一生懸命、何かをすること」、とか、「自分の心からの真心を、相手に捧げること」、というようなニュアンスで考えていると思われるのですが、ところが、霊的には、こうした「愛」の定義は、ほぼすべて間違いで、本当は、霊界では、「愛」というのは、そうした抽象的な概念なのではなくて、この宇宙の創造主が、元々、多くの人々から呼ばれていた、彼(彼女)自身の名前、つまり、目に見えない、形に出来ないような概念なのではなくて、実際にいる、具体的な存在の名前のことであった、ということです。

 つまり、前から、このブログでは、五次元以上の世界と、この地上の世界は、ほぼ正反対のような世界になっている、ということを、何度も述べてきたのですが、実は、五次元以上の世界における、この宇宙の唯一にして、至高の光の存在とも呼ばれる、この宇宙の創造主の元々の名前が、特に日本語だと正反対になっているのですが、元々は、「Ai(アーイ)」という名称であった、ということなのです(他にも、幾つかの名称があります)。

 ですから、こうした見方からすると、先ほど述べてきたような大問題、大矛盾があるのは、至極当然で、要するに、今日、多くの人々が、愛に関して、なぜ、どこまで行動しても、また、どこまで思い尽くしても、完全に満足しきれないのか、というと、それは、単純な問題で、本当は、「この宇宙を創った、最初の光の存在である、創造主を幸せにしたい」、とか、あるいは、「現在の自分達の幸せは、すべて、最初の根源存在である創造主のお陰であるのに、そうした創造主を、自分達は、まだ一度も、本当に愛したことはないし、また、本当に幸せにしたこともない」、というような根本矛盾があるために、悠久の過去から現在に至るまで、多くの人々は、いくら愛せども、愛せども、本当の満足感も達成感も味わうことができない、というような、根本的な大問題を抱えていたのではなかったのか、ということなのです。

※前に、高次元宇宙では、名前は、ほとんど使われていない、ということを述べたことがあるのですが、それは、高次元世界であるからなので、もっともっと分離した感覚の強い、低次元宇宙の、この物質世界が出来る以前の原初的な宇宙では、現在の物質世界と同じように、それぞれの存在固有の名称は、一応、存在していました。ただし、現在と違って、これほど、たくさんの種類の存在は、まだ、なかったので、それぞれの存在固有の名称と言っても、非常に単純な発音のものが多かったように感じられます。

※ちなみに、この宇宙の創造主を表す、その他の名前としては、「Ai」の他に、「Al」(アール)(おそらく、イスラム教の「Allah(アッラーフ)」や、英語の「all」の語源の一つ)や、「Kar(カー)」(「Mi(ミー)」は、光みたいな意味だったので、多分、日本語の神(カミ)の語源の一つ)や、「La(ラー)」、もしくは、「Ra」で、これは、どちらかと言うと、光の指導者のような意味だったものと思われます(「Kar」の対になるペアの女性形は、「Kei」になるのですが、かぐや姫の話に出てくる「Kei」とは、少し別の個性になります)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年12月21日 9:01 PM, 愛について



«

»

おすすめ記事

過去の記事