Light Symbol

「愛」について Part 12

④長い年月の間に、人類が、生物的な進化のプロセスの中で培ってきた、闘争心や向上心の影響によって、このままだと、現在の人類は、どんなに理想的な社会を築いても、いつまで経っても、完全に満足した感覚のない、半永久不満足社会しか作れない可能性がある

 第四には、これも、なかなか難しい問題なのですが、実は、先ほどの話と同様、愛の概念の中には、よく考えてみると、根本的に、ほぼ完全に充足不可能(つまり、ほぼ絶対に満たされないような感じ)と思われるような、かなり大きな矛盾を抱える大問題が存在していたのではないか、ということです。

 これは、近未来の世界にならないと、現代人では、やや分かりづらい話になるかもしれないのですが、実は、人間の精神性の中には、これまでの生物的進化のプロセスの中で培われてきた、かなり根源的な闘争心や向上心のようなものがあるので、結局、それらの影響によって、かなり平和な調和した社会になっても、ちょっとした弾みで、すぐに何らかの闘争状態、もしくは、競争状態を意図的に作ろうとしてしまう、とか、あるいは、客観的に見る限り、昔の人なら、ほぼ完全に、「最高のユートピア」のように認識するような社会になっても、まだまだ、そう簡単には、絶対に満足しきれない、というような、向上心というよりも、もっと簡単に言うと、ある種の、ほぼ絶対的な感覚の、自己否定欲求(常に、自分は、「やっぱりダメなんだ」、と思ってしまうような妙な感覚のこと)のようなものがあるようなのです。

 客観的に見る限り、多くの人々が、こうした意識を、あまりにも強く持っていると、この先、人類が、どこまで学問や科学を進歩させていったとしても、また、どこまで、より平和で豊かな社会を築いていったとしても、その時代の人々は、常に、現代人とほぼ同じように、「他の人達よりも、もっと凄いことをしないと、ダメなんじゃないか」、とか、「この社会は、何か、不完全なのではないか」、とか、「何か、もっと良くなるようなところがあるんじゃないか」、などというように、はっきり言うと、永久不満足社会(永久に、いつも不満足な感覚の人々が住んでいる社会のこと)しか作れない生物種になってしまう可能性もある、ということなのです。

 つまり、こうした精神的傾向性を持つ人類が、「愛」と言う、先ほどから述べたように、最高に魅力的であるにも関わらず、かなり漠然、かつ、かなり大きな自己矛盾を抱えた概念の完全充足を目指してゆくと、おそらく、いくら何をやっても、他の人々や生き物達を、完全に満足させた感覚もなければ、また、自分自身も、完全に満足した感覚もない、とか、いくら努力しても、何かを完全に成し遂げた感覚もなければ、また、何かによって、完全に成し遂げられた感覚もない、というような、半永久的な不満足社会になってしまう可能性がある、ということなのです。

※まだ、このブログでは触れていないのですが、物質世界の宇宙では、基本的に、単細胞生物から、より複雑な形態の生物へ、というように、どんな霊的な存在であっても、まずは、単純な生命としての体験を繰り返しながら、だんだん、より複雑な、いろいろな形態の生命種としての生命体験を積み重ねてゆき、そして、最終的には、現在、私達が、「人間」と呼んでいるような生命の体験をしてゆくような、霊的進化のプロセスを経てゆくようになっています。

 ですから、現在、人間として生活している、ほぼすべての人は、霊的に見た場合、基本的には、人間以外のさまざまな生物としての生まれ変わりを、たくさん経た上で、最終的な形態として、現在の人間のような生命の体験をしていることになります。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年12月20日 9:04 PM, 愛について



«

»

おすすめ記事

過去の記事