Light Symbol

昔の日本の神話について Part 10

 今日も、昨日の話の続きになります。

 

日本では、神道の影響によって、四次元の上の方に、わりと分厚い、霊的な壁のようなものができてしまっていたために、多くの人々は、すぐにストレートに、五次元以上の天国のような世界に行けずに、あっちこっちの幽界で彷徨ったり、その後、さまざまな迷いの輪廻に陥ってしまうことが、非常に多かった

 さて、こうした日本の宗教の客観情勢は、ともかくとして、それでは、こうした日本の宗教形態の場合、いったい、何が問題になってくるのか、というと、大雑把に述べると、だいたい、以下のような二つの点になります。

 まず第一には、これは、ここまでに何度も述べてきたことなのですが、とにもかくにも、日本の場合、神道ベースの宗教形態にしておくと、たいていの人は、死後、わりと明るい「天国」や「極楽浄土」とも言われるような、五次元以上の光の世界に行けることは、まずは、ほぼない、というように断言してよい、ということです。

 ですから、そうした神道ベースの宗教に入っている人は、たいていの場合、死んだ後には、それなりに、わりと薄暗い黄泉の国、というか、幽界と呼ばれているような、現代人から見ると、はっきり言って、薄気味悪い、訳の分からない世界に行ってしまうことが多い上に、その後、さまざまな経緯で、再び、地上の世界に生まれ変わってくることが多かったので、この世的なメリットは、ともかくとして、かなり危険なところがあった、ということです。

 第二には、これは、多くの人々に、あまりよく分からないような形式で行われているのですが、まだ、現時点での日本の場合、こうした神道が、国家が、ある程度、合法的に関与することによって、一種の半国家宗教のような立場をとれるようなシステムになっているので、実は、少し前ぐらいまでの多くの日本人は、死んだ後、わりとストレートに、そこそこ高い霊界に上がってゆくことができずに、言ってみれば、四次元の上の方の、ちょっとした分厚い壁、というか、霊的なゲートのようなものに引っかかってしまい、それより上の、明るい天国のような世界に行くのに、かなり苦労していた、ということです(いわゆる、迷いやすかった、ということです。日本の法事などに出ると、何となくですが、よく分かりますね・・・)。

 

 続く・・・

 

 

 追伸

 長くなったので、もう少し後に、もう一つ載ります。

 

Cecye(セスィエ)

2012年4月11日 9:02 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 宇宙文明、古代文明 / 神道



«

»

おすすめ記事

過去の記事