Light Symbol

昔の日本の神話について Part 13

④現代の神道の祭りや儀式に関しては、よく考えてみると、本当の本音としては、「村八分にされたくない」、とか、「何となく祟りが怖い」、というような消極的な理由も多いようなので、現代のような民主主義国の市民としては、自分が、楽しみや意義を感じられるものには、積極的に参加し、そうでないものには、断固として、参加しない、というような、しっかりとした分別と判断を行う姿勢を持つことが、とても重要なのではないか

 第四には、これも、非常に問題が多いのですが、神道のような伝統的な宗教儀式というものを、よくよく冷静に見てみると、「それって、要するに、誰かの魂を、どこかに閉じ込めようとしているのではないですか?」、とか、「その払った穢れは、いったい、どこの誰が処理するんですか?」(これは、今日的な目で見た場合、自然の浄化力に頼った、環境汚染とあまり違いがありません)、とか、「そんなに強く、念力を込めて、人の名前を呼ぶということは、要するに、相手を、霊的に縛って、何か無理やり、変なことでもやらせようとしているんじゃないですか?」、とか、「いつもは、みんな、とても楽しそうに過ごしているのに、その祭りや儀式をやる時だけ、みんな暗い顔で、うつむいて、何か我慢でもしているみたいになるなんて、本当は、神様を讃えているんじゃなくて、何か祟りが怖くて、やってるだけなんじゃないですか?」、とか、「その大切そうに祭ってあるものって、元々は、昔昔のその昔、日本が、まだ原始部族だった頃に、隣の国からもらった、単なる昔の高価な貴金属やハイテク製品に過ぎないんじゃないですか?」、と聞きたくなるような話が、非常に多いのではないか、ということなのです。

 つまり、今日の神道の儀式というものを、よくよく冷静に、客観的に見てみると、「別に伝統や、しきたりがないなら、誰がやるもんか!」、とか、「なんか、やらないと、みんなから村八分にされそうだし、怖い祟りがありそうだから、仕方ないからやるか」、というような話が、結構、多いのではないか、ということなのです。

 こうした点から考えてみるに、「とにかく、昔からの、この地域の伝統や、しきたりだから・・・」、とか、「いつも、みんながやっているから・・・」、というような消極的な理由からではなく、今日のような、民主主義の国の市民としては、「これは、楽しそうだし、やりがいがあるので、自分の意思として、ぜひ、やってみたい!」、とか、あるいは、その反対に、「これは、つまらなさそうだし、自分としては、あまり意義を感じられないから、やりたくない」、などというように、もう少し現代人としての、自分自身の、明確な意思に基づいた分別と判断を行ってゆくことが、とても大切なのではないか、というように、率直に感じております。

 昔の日本の神話については、だいたい、以上のようなことが言えるのではないか、というように、私は考えております(意外と、長くなりました。とりあえず、おしまいです・・・)。

 

 参考、「鏡」崇拝の問題点について

 

Cecye(セスィエ)

2012年4月13日 9:05 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 宇宙文明、古代文明 / 神道



«

»

おすすめ記事

過去の記事