Light Symbol

昔の日本の神話について Part 9

11、日本の神道の死後の世界観では、「みんな一緒に、先祖の所に行く」、とか、「神社や物や墓のような所に、ずっと留まり続ける」、というような話が多かったために、実際、死後、多くの人々が、五次元以上の光の世界に行けずに、それより下の幽界に長く留まることになったり、そこから、再び、無数の迷いの輪廻に陥ることが、非常に多かった

 次には、昔の日本の神話における死後の世界の様子、いわゆる、霊界観について、述べてみたいと思うのですが、これは、正直な話で、たいへん申し訳ないのですが、よくよく冷静に、昔の日本の神話に出てくる、あの世の話、つまり、死後の世界、というか、霊界の様子を見てみると、その人の生前の行為によって、神仏がいる、ものすごくハッピーな世界に行ける、というような、「天国(極楽)」の描写や、あるいは、その反対に、とんでもない苦しみだらけの「地獄」に行くことになる、というような話は、ほとんどなくて、どちらかと言うと、「何となく、薄暗い、それまで先に亡くなった人達が大勢いる、黄泉の国に行く」、とか、「神社や大きな岩や木や墓のようなものの中に入って、多くの人々を、陰ながら、ずっと見守り続ける」、というような感覚の死後の世界の描写が、非常に多いようなのです。

 こうした死後の世界における「天国」と「地獄」や、それ以外の「幽界」と呼ばれる、地上の世界の延長線上のような死後の世界の話は、世界的な大宗教だと、たいてい、死後の裁きや、最後の審判の話で、時々、触れられていることがあるので、世界的には、わりとメジャーな死後の世界の描写、というか、霊界観なのではないか、と私は思うのですが、これが、日本の場合だと、「何となく、薄暗い洞窟のような世界に、とにかく、大勢の先祖が、まとまって生活している」、とか、「亡くなった後の魂達は、この世の神社や岩や木や墓のような所に、ずっと留まって、地上の世界の人々の暮らしを見守り続けている」、というような話が、非常に多いのです。

 つまり、はっきり言うと、日本の伝統的な死後の世界観、というか、霊界観というのは、「死んだ後は、どこか薄暗い世界に、ずっといることになる」、とか、「地上の世界の何らかの物の中に入って、ずっと過ごさなくてはならない」、というような話が、非常に多い、ということなのですが、これは、もっとはっきり言うと、多くの人々の平均的な死後の世界観というのは、「死んだら、どこかに入る」、というか、「閉じ込められたが最後、その中から、永遠にずっと出てこれなくなる」、というような世界観だったのではないか、ということなのです(これと、似たり寄ったりの死後の世界観を持っているような国々は、他にも、たくさんありますが・・・)。

 ですから、古代や中世の、そうした日本の伝統的な神道の世界に、外国から仏教のような、当時としては、最新の宗教が伝えられてくると、そうした伝統的な宗教観で満足できるような一部の人々を除いて、多くの人々は、「地上の生活だけでも、重労働や戦乱や疫病や重税などで、とても大変なのに、その上、死後の世界まで、どこか真っ暗な世界に閉じ込められて、出てこれなくなるような生活なんて、まっぴら、ご免だ」、とばかりに、伝統的な神道から、当時最新の宗教であった仏教に、だんだん乗り替えていった、ということなのですが、ここで一つ問題なのは、そうした昔の日本において、多くの人々が、先祖を敬(うやま)ってくれなくなるのは、現実に、かなり深刻な社会問題を引き起こす可能性があった、ということなのです。

 その理由は、単純なのですが、そうした昔の、現代のような社会保障のない時代において、小さい頃から、一生懸命、働いていた人々が、いざ年をとって、誰かの世話にならないと、とてもではないが、もう生きてゆくことができない、というような年齢になった時に、そうした先祖崇拝型の宗教であると、わりと単純に、「先祖が大事なのだから、親も、その親も、当然、大事にしなくてはならない」、などというように、今日的な目で見ると、「子供が、しっかりと責任を持って、親の老後の世話をする」、とか、「毎年、同じような農業生産ができるような村の状態を、できるだけ、そのまま維持してゆく」、とか、「偉い殿様や貴族や、村長(むらおさ)の言う通りに、多くの人々が、パッと何でも言うことを聞くような社会体制を維持してゆく」、というような点で、個人個人の自由や責任が、そこそこ、しっかりと独立しているような、そうした仏教のような最新の宗教のスタイルよりも、わりと個人個人の自由や責任が、不明確で、「とにかく、みんな同じ氏神(うじがみ)や先祖の下で、同じような共同生活をし続けることが大事である」、というような、いわゆる、先祖崇拝型の宗教の方が、そうした社会を維持し続けてゆくには、その社会全体として、とても便利なところがあった、ということなのです。

 つまり、一人一人の個人としては、「できれば、この世の人生のみならず、来世の人生でも、幸せになりたい」、というような欲求は、非常に強かったはずなのですが、それと同時に、そうした社会全体の仕組みの維持のためには、どうしても、単なる道徳教育というよりも、はっきり言うと、道理として、よく考えてゆくと、ちょっと訳の分からないようなところがある、村や国の共同責任(もっとはっきり言うと、なし崩し的無責任体制?)が貫かれているような、先祖崇拝型の宗教の方が、非常に都合がいいようなところがあったのです。

 それゆえ、その後の日本の宗教の流れとしては、「この世の人生のみならず、来世の人生でも、できるだけ幸福に過ごしたい」、というような欲求の充足のために、神道であっても、仏教的な信仰や教えや来世観は、大々的に取り入れるけれども、それとは、いっけん、相反する、村や国の共同作業や共同責任の大切さを力説する、先祖崇拝型の神道も、それなりに維持する、というような、言わば、宗教としての折衷(せっちゅう)案のような宗教形態に、だんだん落ち着くようになっていったのではないか、ということなのです。

※この辺りの事情は、昔の中国や朝鮮の儒教と仏教の関係においても、ほとんど同じような状況だったのではないか、と思われます。

※念のために書いておきますが、これは、当時の仏教が、あらゆる意味で、最高だった、というような意味では、決して、ありません。仏教には、仏教で、いろいろ問題はあるのですが、当時の神道と比較すると、そうした特徴があった、ということです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年4月10日 9:06 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 中国思想 / 仏教 / 宇宙文明、古代文明 / 神道



«

»

おすすめ記事

過去の記事