Light Symbol

霊について Part 1

 8月も中旬になったので、霊の話を始めます。

 

 この文章では、「霊的」、「宇宙的」、というような表現は、よく使っているのですが、ところが、これまで「霊」そのものについては、まだあまり詳しく述べたことがないので、今回から「霊」について、ある程度、詳しく述べてみたいと思います。

 実は、霊とは何なのか、ということについて、考えてみると、これが意外と難しい、というか、よく調べてみると、何が何だかよく分からないようなところがあって、そう簡単に「これが霊である」とは、なかなか言えないような難しいところがあるのですが、そこをあえて、霊とは何なのか、ということについて、考えてゆくと、大まかに言うと、だいたい、次のようなことが言えるのではないか、と思われます。

 

1、霊とは何か

 まず最初に、これは、時折、一部の人々によって、目撃されたり、突然、背筋が冷たくなって、感知されたりするような、いわゆる、「幽霊」についての話になるのですが、幽霊というと、こうしたスピリチュアルな文章をお読みのみなさんは、よくご存知のように、確かに一部の霊的に非常に敏感な人々は、わりと簡単にそうした存在を感知したり、理解したりできるのですが、その一方で、大部分の人々は、容易にその姿を見ることもできないし、その声を聞くこともできない、ということで、なかなか、その存在すら証明できづらい、というような状況になっているのではないか、と思われます。

 さて、それでは、そうしたスピリチュアルな分野で、一般に「霊」というと、どのようなイメージで認識されているのか、というと、暗い夜などに、何となくフワッと白っぽい影のようなものが見えた、とか、何となく、何かが自分の体に触れて、とても暖かい優しい感じがした、とか、すでに亡くなった人が、寝ている時に夢枕に現れて、何かメッセージのようなものを伝えてきた、とか、また少し怖いタイプの話だと、突然、何か得たいの知れない存在を感じて、強い寒気がしたり、とても怖い戦慄が走るような体験をした、とか、さらには、今度は、もう少し厳(おごそ)かな体験だと、寺や教会や神社などで、何か大きな光の存在のようなものや、ものすごく優しい愛や深い智慧の存在のようなものを感じた、とか、あるいは、そうした存在達が、自分の心の中に直接テレパシーのような形で話しかけてきた、というような体験が、わりと多いと思うのですが、こうした体験から考えてみると、どうも一般に「霊」と呼ばれる存在は、人間や動物や植物などが肉体的に死んだ後にも、物質的な肉体はないにも関わらず、何らかの形で残り続けている生命エネルギーの一種のようなものなのではないか、ということが言えるようです(参考1参考2参考3参考4参考5)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2014年8月13日 9:03 PM, イスラム教 / おすすめ記事 / キリスト教 / スピリチュアリズム、霊界 / 中国思想 / 仏教 / 宗教、道徳 / 神道



«

»

おすすめ記事

過去の記事