Light Symbol

霊について Part 4

4、地上の世界と同じように、死後の世界である霊界においても、霊とは、やはり非常に不思議極まりないところがあった

 さて、この辺りから、もう少し本格的に「霊」という存在について、述べてみたいと思うのですが、実は、この「霊」と呼ばれる存在は、現在までの地球の学者や科学者が、かなり扱いに苦慮してきただけあって、そう簡単に一筋縄には、うまく合理的に説明できないような、かなり不可思議な性質をたくさん持っているようなのです。

 そこで、霊について、幾つかの観点から説明してゆきたい、と思います。

 

①この世的に、はっきりと認識しづらい「幽霊」と呼ばれる存在達は、霊界においても、あまりはっきりと認識しづらいケースが非常に多かった

 まず今日の地球で、「霊」と呼ばれているものの中には、これは、こちら側の物質世界でもそうなのですが、あちら側の「死後の世界」とも呼ばれる「霊界」であっても、はっきり言うと、本当にいるのだか、いないのだか、よく分からないような一連の存在達が、実際、かなりの数、これまでの地球には存在していたようです。

 それでは、それは、いったい、どのような存在なのか、というと、よく地上の世界の一部で目撃されたような「幽霊」、つまり、夜中などに人通りの少ない場所で、時折、目撃されるような、白っぽかったり、淡く光っていたり、あるいは、暗い影のような存在であったりするような半透明、また、時には、一時的に触ることもできるような怪しい人影や、あるいは、それに類する動物や妖怪のような姿形のものが、それに当たるのですが、実は、これらの存在達は、こちら側の物質世界でも、人や時間や場所や条件などが、かなり絞られた状況でないと、なかなかはっきりと認識できないように、死後の世界である霊界、あるいは、幽界のような所でも、人や時間や場所や条件などが、かなり絞られた状況でないと、なかなか認識できないことがあったようなのです。

 ですから、そうした意味では、実は、霊界においても、そうした幽霊のような存在達というのは、本当にいるのだか、本当はいないのだか、何だかよく分からないような扱いになっていることが、結構、数多くあったようなのです。

 これが、時間が経っても、「幽霊」と呼ばれる存在が、なかなか減らない、つまり、この世的にも、何ともしがたいが、あの世的にも、たとえ神仏や天使のような存在達がいたとしても、なかなか何ともしがたかった霊的な原因になっているようなのですが、要するに、この世的に「幽霊」として、認識されているような存在の中には、実は、あの世的にも、ほぼ「幽霊」のような扱いで認識されているような存在達も、結構、数多くいた、ということです。

 

 続く・・・

 

 追伸

 最近は、わりと明るい感じで、偽神仏がひしめいていた「偽光界」のパワーは、だんだん弱くなってゆきつつあるのですが、代わりに、前に言っていたような「幽霊」や「お化け」の世界の影響が、若干、地上の世界に出やすくなってきているようなので、そうした世界の影響を受けて、事故や怪我などに合わないように、多少、注意が必要なところがあるようです。

 

Cecye(セスィエ)

2014年8月19日 9:04 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界



«

»

おすすめ記事

過去の記事