Light Symbol

霊について Part 42

 第六には、これは、これまでの地球の歴史の状況では、おそらく、数百年経っても、霊的にも、科学的にも、公にされない可能性が高かった霊的な情報になるのですが、結局、霊とは、いったい、何なのか、ということについて、五つの点から述べてみたいと思います。

 

①霊とは、目に見えない意識存在のことである

 まず一つめは、これは現代人の普通の感覚だと、少し理解が難しいかもしれないのですが、昔、哲学者が哲学の基本定理として述べたこともあるように、そこに人間や動植物のような生き物がいるか、いないか、あるいは、そうした物質的な体をすでに失った死後の生命である霊がいるか、いないか、ということは、基本的には、そこに霊的な形で、いろいろと感じたり、考えたり、思ったりするような意識存在がいるか、いないか、これに尽きているようなところがある、ということです。

 例えば、昔だと、そこに本物の人間と、そうした本物の人間そっくりの人形があった場合、パッと見た目には全然違いは分からないかもしれないけれども、何らかの形で実際に話しかけてみたり、あるいは、霊的な能力のある人が、心の中で霊的なコミュニケーションを行ったりした際に、わりと暖かい普通の人間的なコミュニケーションが成立した場合には、それは本物の人間であると判断できるのですが、もし、そうしたコミュニケーションが成り立たなかった場合には、それは人間と非常によく似ているけれども、決して本物の人間ではない、いわゆる、よくできた人間そっくりの人形であると判断できるのではないか、ということです。

 ただ、みなさんもよくご存知のように近現代の科学技術の発達で、こうした人間と、人間とよく似た存在との見分け方は、だんだんかなり難しくなってきていて、特に最近だと、パッと見た目はほぼ人間そのものであるし(場合によっては、かなり美男美女だったりしますよね)、その上、様々なロボット工学の発達で、まるで人間そのもののように上手に話したり、微妙な動きを再現できるようなロボットが、だんだん作られるようになってきているので、現在のままの進歩が続いてゆくと、そう遠くない将来には、パッと見た目は人間そっくり、その上、話し方や動きもほぼ人間そっくりで、よくよく見ないと人間なのか、ロボットなのか、見分けがつかない、とか、中の機械やバッテリーの交換などの場面を見ないと、ロボットと理解できないような状況が、だんだん増えてくると思われます。

 おそらく、こうしたロボットの進歩の延長線上では、そう遠くない将来、多くの人々が、「あ、本物の人間かと思ったけど、よく見たら、ロボットだったのか」、とか、「あのロボットは、パッと見た目や話した感じは、ほとんど人間と変わりないから・・・」、とか、「あれ、すごい料理や作業の達人かと思ったけど、よく見たら、ロボットだったのか」、というような体験をする人が、どんどん増えてゆくのではないか、と思われます。

 さて、そのような状況では、人間とロボットを、いかにして、はっきりと見分けるのか、というと、やはり、そうした時代になっても、「いろいろと話しているうちに、途中で人間ではなく、ロボットと分かった」、とか、あるいは、少し霊能力のある人だと、「見かけや話し方や動きは人間そっくりだったけど、霊的に調べてみたら、人間的な意識を感じなかったので、ロボットだと分かった」、などというように、人間としてのコミュニケーションや、霊的なコミュニケーションが普通に成り立った場合は、本物の人間であるが、そうでなかったら、本物の人間ではなく、どうやらロボットらしい、というように判断するのではないか、ということなのです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2014年10月22日 9:07 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 科学、テクノロジー



«

»

おすすめ記事

過去の記事