Light Symbol

アセンション後、長い間、人類を苦しめ続けてきた肉体や精神の病気が、ある時点から、大激減するようになってゆく Part 2

 第二には、これは、単純明快、現在、非常に早いペースで進歩している医学の進歩によって、そうした肉体の病気というものが、現在よりも、さらに少なくなってゆく、ということであるのですが、ここでは、現在、まだ、あまり言われていないような未来の予測として、おそらく、数十年以内に実現されるだろう、というような医学の新分野として、前に述べたような、いわゆる、一種の超能力の発現による、革新的な治療法の登場ということをあげておきたいと思います。

 この一種の超能力の発現による、革新的な治療法の内容というのは、これは、現在だと、まだ、ほとんど空想レベルの話のようにしか感じられない人が多いのではないか、と私は思うのですが、宗教や精神世界の瞑想法や修行法というものを、そうした医学の分野に応用することによって、患者自身の精神的なパワーの活用によって、患者自身に、自分の肉体や精神を、元の健康な状態に再生させる、とか、あるいは、そもそも、多くの人々が、そう簡単に病気になったりしないように、できるだけ、健康で活力ある肉体や精神の状態を維持できるようにするために、かなりの専門的な知識と技能を携えた、現代の感覚で言うと、まるで精神的なマスターのような人物が、医学的に、それぞれの患者を、個人的に指導したり、トレーニングする、というような方法になってくるのではないか、ということなのです。

 これは、現在の医学でも、はっきり分かっているような簡単な真理、つまり、結局のところ、病気を治すのは、病院や医者ではなく、患者本人の肉体的な自然治癒力と、それから、患者自身の精神力なのであり、それゆえ、病院や医者というのは、最終的には、あくまで、それを助け、補助するような立場にしか立てない、というような病院や医者の立場を、はっきりと理解することによって、現れてくる治療法の一つである、ということなのですが、それは、なぜなのか、というと、これは、現在でも、もうすでに、一部の医学に携わるような人々は、おそらく、はっきりと理解しているような内容なのではないか、と私は思うのですが、実は、医学が、ある一定レベルの高度な水準まで上がるようになると、人間というのは、表面的には、健康で幸福になることを望んでいるように見えるけれども、どうも潜在的には、どこかで、病気になることや、それから、不幸や死というものすら、心の奥底で、深く望んでいるようなところがあるので、それゆえ、どんなに医者が、一生懸命、患者の病気の治療をしようと努力したとしても、ある時点から、これは、どう考えてみても、医療の限界やミスというよりも、患者自身の意思によって、病気や死を選んでいるとしか言いようがないのではないか、というような状況に、医療が充実すればするほど、また、人間の寿命が伸びれば伸びるほど、何度も何度も直面するようになってくるからであるのです。

 そうすると、やがて、医療の到達する結論は、一つで、肉体的な治療のレベルは、現在と同様、おそらく、今後も、どんどん進歩し続けてゆくようになるけれども、それと同時に、未来のある時点から、病気になった患者の肉体的、あるいは、精神的な治療以外に、そうした患者が、なぜ、病気になったのか、とか、それから、どうしたら、患者自身の精神的な力の活用でもって、そうした病気を治療したり、あるいは、そもそも、そうした病気にすら、二度とならないような精神的、肉体的なあり方というものを実現できるのか、ということの方に、やがて、医学の一分野が、明らかに進歩し出すようになってゆく、ということなのです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2010年8月31日 10:01 PM, アセンション後の世界 / 健康、医療



«

»

おすすめ記事

過去の記事