Light Symbol

「愛」について Part 2

2、本当に「真実の愛」や「愛の実現」を求めてゆくと、なぜか、いっけん、それとは、全く関係なさそうな、何らかの専門的な知識や技術の修得や、この世的な自由や成功や、経済的な豊かさが、どうしても必要になってくることがある

 第二には、これは、いっけん、愛とは、直接、あまり関係なさそうな話になってくるのですが、この地上の世界において、こうした「真実の愛」、もしくは、「愛の実現」というものを、ある程度、真剣に考えた人というのは、ほぼみんな、いっけん、愛とは、あまり関係のなさそうな、何らかの専門的な知識や技術の修得や、この世的な自由や成功や、あるいは、経済的繁栄のようなものを、心の底から求めるようになってゆくことが、非常に多い、ということです。

 それは、なぜなのか、というと、これは、現代人には、至極当然の話になってくるのですが、もし、そこに病人や怪我人がいて、現実に、その人を救おうとすれば、医療の知識や技術がいるし、また、もし、そこに貧しい人がいて、現実に、その人を救おうとすれば、自分自身が、ある程度、豊かになって、お金や食べ物をあげたり、あるいは、仕事を教えてあげたり、働く場所を作って、末永く豊かに暮らせるようにしてあげる必要があるし、それから、もし、そこに、何らかの悩みや苦しみを抱えている人がいて、現実に、その人を救おうとしたら、そうした悩みや苦しみを減らしたり、抜本的になくしてしまうための、何らかの知識や技術をマスターしたり、あるいは、新しい発明や発見をしたり、何らかの事業を作り、大きくしてゆくようなことが必要であることが、この世の中では、結構、多いからなのです。

 ですから、ここ数百年、数千年の人類の歴史を見ると、昔の宗教のように、「他の人や生き物に優しくしなさい」、とか、「愛や慈悲の心で生きなさい」、というような、宗教的、道徳的な教えによって、確かに、多くの人々が、お互いに愛し合い、助け合うような、ある程度、幸福な社会は築けることは築けるのだが、それ以上に幸福で豊かな社会には、なかなか、ならないようなところがあったので、特に近現代に入ると、どの国も、国家規模で、政治制度の仕組みを整え直すと共に、全国民的な教育水準の向上を図って、その国中、社会中、どの人も、どの人も、ある程度以上の知恵や技術を持つのみならず、基本的には、神仏や、どこかの偉い人に頼りきり、任せきりにならなくてもいいくらいの、政治的、経済的な自立や自由や豊かさを、手に入れられるような社会状況に変化させるようにしてきたのではないか、ということなのです。

 その結果、現在では、いっけん、それほど宗教的、道徳的には、あまり優れているようには見えない、先進国と言われる国々の方が、わりと宗教的、道徳的には、かなり、きっちりしているように見える、そうでないような国々よりも、病気の人も少なく、貧しい人も少なく、不幸な人も少ない、より幸福な社会になってきている、ということなのですが、それもこれも、宗教的、道徳的には、至上の原理であるはずの「愛」や「慈悲」の原理を、そうした先進国と言われる国々の人々は、いっけん、精神的には、それほど真剣に実践していないように見えるにも関わらず、より具体的、実践的には、そうした愛や慈悲の原理を現実化していることが、多かったからなのではないか、ということなのです。

 その意味で、私は、確かに、愛や慈悲の精神は、とても大事なことだが、その具体化や、現実の救済のためには、どうしても、それとは、いっけん、あまり関係なさそうな、知恵や技術の修得や、この世的な自由や成功や、経済的豊かさの実現が、どうしても必要なところがある、というように感じております。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年11月23日 9:02 PM, 愛について



«

»

おすすめ記事

過去の記事