Light Symbol

光について Part 25

②現在の辺りの時代を境にして、多くの人々の間で、単純な物質的な光ではない、霊的な光の体験を数多くしてゆくようになるだろう

 二つめは、これは今述べたこととは、少し異なる視点になるのですが、実は、現在の辺りの時代を境にして、もう一つ別の種類の「光」に目覚める人々や生き物達が、数多く出てくるようになる、ということです。

 それは、私の文章では何度も述べているような、いわゆる、高次元宇宙に関係するような霊的な光のことです。

 これは、まだはっきりと自覚している人々は、かなり少ないと思われるのですが、特に2000年を過ぎた辺りから、これまで人類が長く体験してきた太陽や月や星や、あるいは、雷や火山や炎のような自然の光ではなく、また近代に入ってから、人類が人工的に作り出すことに成功した、様々な燃料や電気による人工的な光でもない第三の光、つまり、特に物質的な光があるわけでもないにも関わらず、何となく自分の周りが、とても生き生きとして、明るく暖かく感じられる、とか、祈りや瞑想の最中に、何となくパッと柔らかな光が射し込んでくる、とか、同じ一日なのに、ある時間帯は、辺り全体が明るく感じられるけれども、ある時間帯は、辺り全体が、何となく暗く感じられる、というような霊的な光の体験を、いろいろな機会に何度も何度も体験するような人々が、どんどん増えてくるのではないか、ということなのです。

 残念ながら、そうした光の中には、本当の神仏や天使や菩薩とはあまり関係がない、偽神仏や偽天使や偽菩薩の発する偽りの霊的な光や、それから、五次元以上の世界とは少し異なる、いわゆる、四次元以下の偽光界に関係するような、本当はあまり良いとは言えないような偽りの光が、今後も、まだまだ混ざってゆく可能性があるのは、確かに事実なのですが、それに関わらず、多くの人々の間で、そうした霊的な光を、だんだん、まるで当たり前のように、あちこちで数多く体験するような機会が増えてゆくのではないか、ということなのです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2014年12月12日 9:07 PM, スピリチュアリズム、霊界 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想



«

»

おすすめ記事

過去の記事