Light Symbol

霊について Part 29

 それから、四つめは、これは多少、難しい話になるのですが、前にも述べたように、たとえ霊界であっても、永遠の生命というのは、実際には存在していないので、「何らかの必要に応じて、この世界で、この期間だけは、こうした個性で生きていることにするが、そうした使命が終わった段階で、その個性はやめて、元の個性に戻ることにする」、とか、「ある事情で、現在、こうした生命体が、たくさん存在しているが、霊的な使命が終わったので、その生命体の生存形態はいったん終了して、別の生命形態に切り替える」、とか、また、なかには、「かつては、多くの人々の幸せや癒しのために、まるで本当に生きているかのように存在していたが、現在は、もう多くの人々の関心が薄れてきたので、その存在自体がいなくなってしまった」、とか、「これまでの時代には、まるで本当の神仏のように見えていたが、実は、闇の勢力が創った一種の仮想現実のキャラクターのような存在であったようなので、時間が経つうちに、いつの間にか、その存在自体がいなくなってしまった」、というようなことが、結構、あちこちで起きていたのが、実際の霊界の真実であったのです。

※少し前の宗教やスピリチュアリズムだと、よく人間や生き物が死んでも、死後の世界があって、そこでは永遠の生命がある、というような説明をしていることが多かったのですが、その背景には、少し前の時代は、多くの人々の寿命が、たいへん短かった上に、死後の世界の情報が、とても怖いものばかりであったために、多くの人々に安心と希望を与え、もっとリラックスした形で、死後の世界に移行していってほしい、というような観点から、そうした霊的な情報が多かったところがあります。ただ現在は、アセンションの時期となり、もっと高度な霊界の情報が必要である、というような観点から、この文章では、霊についてのもっと正確な正しい情報を述べることにしています。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2014年9月26日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界



«

»

おすすめ記事

過去の記事