Light Symbol

昔の日本の神話について Part 1

 ちょっと、最近、霊的に、いろいろ邪魔が多くて、アセンションについてのことが、非常に書きづらいので、今回から、前回に続いて、日本神道の神話について、少しだけ述べてみたいと思います。

 まず最初に申し上げておくべきことは、霊的に見た場合、日本の神話で述べられているような、「神々」に相当する霊的存在が、本当の「神」と呼んでもよいようなケースがあることも、確かに事実であるのですが、ただ、それにしても、現在、日本に伝わっている神道の神話というのは、霊的に見ても、また、この世的に見ても、かなり問題があるのではないか、ということが、今回、伝えたい趣旨になります。

 

1、神話に出てくる神々の持ち物や背景描写から推測して、おそらく、日本の神話の大部分は、今から千数百年前ぐらいのどこかの段階で、当時の為政者の権力の正当化のために、後から創作されたものが、ほとんどだったのではないか

 今回は、前回に続き、日本の神話について、考えてみたいと思うのですが、日本の神話に出てくる神々の代表的な持ち物や背景描写というのが、昔の宝石に当たると思われる「玉」ぐらいは、何とか理解できるのですが、それ以外の、鉄製の刀や、機織り機や鏡や、それから、木造の家や稲作などに関しては、どう考えてみても、日本オリジナルのものとは思えないので、おそらく、今から、千数百年前ぐらいのどこかの段階で、中国から朝鮮経由で伝えられたものなのではないか、ということです。

 ですから、こうした観点から見ると、古事記や日本書紀に代表されるような、日本の神々の神話も、これは、おそらく、その元になった話には、それなりの、折り目正しい、しっかりとした正当なルーツのようなものがあるかもしれないのですが、ただ、実際には、そのほぼ大部分は、後から、それらしく為政者の権威付けのために作られたものだったのはないか、というように、私は、率直に感じております。

 

2、日本の神話に登場する神々の大部分は、今日の世界的な宗教やスピリチュアリズムの見方としては、「神」というよりも、どちらかと言うと、単なる「妖怪」や「鬼」や「悪魔」に分類されるものが、ほとんどなのではないか

 日本の神話を読むと、これは、どんな人であっても、大混乱する話なのではないか、と思われる内容になるのですが、とにもかくにも、日本の神話に出てくる神々は、名前の種類は、結構、ものすごい数になるにも関わらず、肝心要の、そうした神々そのものの説明、つまり、いったい、その神は、どんな姿形をしていて、どんな役割を果たしているのか、ということが、はっきり言うと、ほとんど、さっぱり訳が分からないようなところがあるのです。

 それでは、現在、残っている日本の神話から推測して、そうした神々というのは、いったい、どんなものだったのか、ということを 考え直してみると、これは、たいへん、残念な指摘になるのですが、よくよく冷静に調べ直してみると、「食べ物が、神だ」、とか、「家の柱や壁が、神だ」、とか、「人間の体の一部や体の動きが、神だ」、とか、「土や泥が、神だ」、とか、「服が、神だ」、とか、それから、さらには、「血や排泄物が、神だ」、などというように、自然に元々あるものや、私達の日常生活に身近なものを、片っ端から、それらしく、さも本当の神であるかのように説明しているものが、非常に多いのです。

 私は、正直言って、これは、宗教というよりは、どちらかと言うと、「ゲッ、ゲッ、ゲゲゲのゲ・・・(以下省略)」という具合に、「これは、壁や縁の下の妖怪」、「これは、森や沼の妖怪」、「これは、夜の墓場の主人」、「これは、屋敷のお化け」、などというように、おそらく、今日、多くの人々が想像するような神ではなく、現代人の感覚としては、単なる「自然の精霊」というよりも、むしろ、いわゆる、「妖怪」や「もののけ」のような存在のことを、片っ端から、「神だ」、「神だ」、と言っているだけなのではないか、というように感じてしまうのです。

 ですから、こうした目で、日本の神々というものを見てみると、今日の仏教やキリスト教やイスラム教で考えているような、この宇宙の創造主のような存在としての「神(あるいは、仏)」、というような概念は、神道には、ほとんどなくて、古代に、ある程度、実在した可能性のある人物の話を除けば、今日の宗教やスピリチュアリズムの分類での、そうした日本の神々の実態というのは、いわゆる、「もののけ」や「妖怪」や「鬼」、それから、場合によっては、「悪魔」に当たるようなものばかりになっているので、はっきり言うと、ほぼ一種の迷信に近いような内容になってしまうのではないか、ということなのです(ですから、仏教やキリスト教やイスラム教のような宗教で考えられている「神」の概念から見ると、日本の神話で説明されている大多数の神は、「神」と呼ばれる存在ではない、ということです)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年3月26日 9:07 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 宇宙文明、古代文明 / 歴史 / 神道



«

»

おすすめ記事

過去の記事