Light Symbol

昔の日本の神話について Part 8

 もう少し、神道の話について、述べてみたいと思うのですが、今回は、「八百万(やおよろず)の神々」についての話になります。

 

10、世界規模で見れば、極めて、超ローカルな日本の神話の「八百万(やおよろず)の神々」が、世界や宇宙の神々であるなんて、全くあり得ないし、今日の宗教やスピリチュアリズムの立場としては、天上の光り輝く、愛と知恵の神というよりも、薄暗い黄泉の国に封印されている荒神や祟り神が、ほとんどである、というのが、霊的な実態なのではないか

 まず最初に、おそらく、昔の日本の神話の成立した時代において、八百万と言えば、ほぼ、「無限」、とか、「全部の神様」、というような意味だったのではないか、と思われるのですが、これは、現代の日本人なら、誰でも分かることではないか、と思うのですが、どう見ても、古代の日本の神話における世界というのは、神話の話から推定する限り、北海道や本州の東側や沖縄以外の、せいぜい、現在の九州から四国と、それから、本州の西側半分ぐらいだったと推定されるので(おそらく、神話の雰囲気からだと、佐渡は、後から付け加えたのではないか、と思われます)、単純に考えて、こうした日本の神話は、一部の熱心な方々が考えているような世界の創造神話というよりかは、いにしえの時代の王家の支配領域のルーツや、そうした支配の正当性を、後から、それらしく、でっち上げたような内容だったのではないか、というように、私は率直に感じております。

 ですから、当然、こうした世界的な視点で見ると、非常にローカル色の強い、日本の神話に登場する、たくさんの神々が、全地球規模の偉大な神々である、とか、全宇宙規模の偉大な神々である、というような主張は、はっきり言って、全く的外れの誇大妄想に近い話なのではないか、というように、私は、率直に考えております。

 第二には、これは、前にも少し述べたのですが、現代の宗教やスピリチュアリズムの視点から見る限り、昔の日本の神話で述べられているような神々の大部分というのは、はっきり言って、高次元宇宙の神仏や天使のような光の存在達であるというよりかは、ほぼ明らかに、単なる妖怪や物の怪(もののけ)に過ぎないものが、大多数なのではないか、ということです。

 ですから、もっとはっきり言うと、日本の神話に出てくる神々のほぼ大多数は、今日的な宗教やスピリチュアリズムの目で見ると、はっきり言って、神(女神)でも天使でもない、ということになります。

 それから、第三には、これも、非常に問題が多いのですが、日本の神話に登場する神々というのは、今日の宗教やスピリチュアリズム的な視点で見ると、現在、多くの人々が考えているような神仏のイメージ、つまり、たとえ、いっけん、姿形は見えないとしても、天上の高い世界にいて、常に、多くの人々を愛し、導き、見守り続けている、というような神仏のイメージというよりかは、何となく、薄暗い黄泉(よみ)の国にいて、いちおう、現世の世界の多くの人々のことを、陰ながら見守っているのだが、何か気に入らないことがあると、いちいち大騒動を起こして、祟ってくる、とか、あるいは、いちおう、それなりに祭ったり、参拝して、持ち上げておけば、そこそこの健康や幸運や豊穣を取りなしてくれる、という程度の、どちらかと言えば、ちょっと、鬼や妖怪に近いイメージが、非常に強いのではないか、ということです。

 つまり、日本の神話に登場する神々というのは、今日の宗教やスピリチュアリズムの目で見ると、慈愛や叡智に満ちた、愛と知恵の神というよりかは、どちらかと言うと、それなりに祭って、立てておかないと、恐ろしくて仕方がない、というような、祟り神や荒神に近いのではないか、ということなのです。

 その霊的な理由としては、これは、はっきり言って、たいへん申し訳ないのですが、おそらく、昔昔のその昔の時代において、それまで、たいへん、非常に豊かで幸福な時代が、ずっと続いていた元日本の世界に、元々、存在していた、元々の本当の神仏に当たるような光の存在達を、さまざまな、この世的、あるいは、霊的手段で呪縛し、封印することによって、まるで、とんでもない悪魔や荒神のような扱いに封じ込めたことが、現在の神道の直接のルーツになっているからではないか、というように、私は、率直に感じているのですが、それもそのはずで、実際、現在の日本の神道の元々のルーツというものを、霊的に、こと細かにたどってゆくと、約3世紀頃の、当時、元々いた、元日本人のような人々に対する大虐殺と、その後の、そうした人々の歴史に対する大封印と、新たな歴史のねつ造にまで、遡(さかのぼ)ってゆくことができるからなのです。

 つまり、現在の日本には、歴史の影に抹殺され、封印されてしまった、全く別の古代史があって、その時代には、全く別の世界になっていた、ということなのですが、残念ながら、そうした元日本の面影は、現代には、一部を除いて、ほとんど何も残っていない、というのが、どうも歴史の実情になっているようです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年4月9日 9:09 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 宇宙文明、古代文明 / 神道



«

»

おすすめ記事

過去の記事