Light Symbol

コラム 大した理由もないのに、不自然に、上がったり、下がったりするような、マスコミの内閣の支持率の発表なんて、私には、全然、信じられない

 この国で、何十年も生活していると、もうよく覚えてもいないほど、首相や大臣が、ころころ変わってゆく政治風景を、よく見かけることになるのですが、その際に、「○○内閣、発足!」、「支持率、○○パーセント!」、とか、「○○内閣の支持率、大幅に低下!」、とか、「急上昇!」、などというようなニュースの見出しをよく見ることになるのですが、これは、私の率直な感想なのですが、はっきり言って、私は、こんな支持率の公表は、ほとんど信じることができない、ということです。

 それというのは、次から次へと出てくる、首相の支持率の上下を見ていると、最初は、50〜60パーセントぐらいから推移して、1〜2ヶ月後に、何かの出来事を経緯に、大幅にダウンして、その後は、低い所を、上がったり、下がったりする、とか、とにもかくにも、何があろうが、ある程度、高い支持率のまま、小さな上下を繰り返す、とか、ものすごく低い支持率なのに、いつまで経っても、ダラダラ止めない、というようなパターンのシナリオの話が、この国の政府の支持率の話では、あまりに多過ぎるからです。

 私は、こうした際には、単純に考えて、たとえ、かなり信頼できそうな新聞やテレビ局が発表した数字でも、自分自身の素直な感想や、自分の身近な人々の日頃の言動を見ていて、「新聞やテレビの発表は、60数パーセントと言っているけれども、自分の身の回りの人のうち、6割もの人が、あの人を支持するなんて、全然,言わなさそうなので、これって、嘘なんじゃないかな?」、とか、「そもそも、党の支持率が、もう全然、ダメなのに、なんで、首相が変わっただけで、ポンと支持率が上がるなんて、こんなのインチキなんじゃないの?」、などというように、はっきり言って、ここ十年くらいは、こうした数字は、全然、信用したことがないのです。

 それゆえ、これは、私の個人的な見解なのですが、たとえ、かなり信頼の置けそうな新聞社やテレビの公式の発表を聞いたとしても、自分の素朴な感想や、身の回りの人々の自然な言動から、冷静に判断して、「この数字って、本当に合ってるの?」、とか、「この調査って、いったい、どこの誰が、どんな目的でやってるの?」、とか、「なんで、同じ人に対する評価が、ちょっと月日が経つだけで、こんなに、コロコロ、変化するの?」、などというように、自分や、身の回りの人々の素直な感想や、素朴な疑問というものを、もっともっと大切にしていった方が、世の中を見る時に、より正しい、より客観的な認識ができるようになるのではないか、というように、素朴に感じております。

 

Cecye(セスィエ)

2011年9月9日 6:24 PM, コラム / 政治 / 社会、文化



«

»

おすすめ記事

過去の記事