Light Symbol

霊について Part 6

③物質世界での「幽霊」の扱いとほぼ同じように、霊界や高次元宇宙でも、本当にいるのだか、いないのだか、よく分からないような存在達が数多くいた

 三つめは、これは、さらに少しややこしい話になるのですが、実は、死後の世界である「霊界」のような所でも、本当にいるのだか、いないのだか、よく分からないような、ある種の幻のような存在達が、結構、数多くいた、ということです。

 これは、かなり理解が難しいと思うのですが、例えば、この物質世界でも、昔話によく登場する「お化け」や「妖怪」や「魔法使い」のような存在達というのは、現代でも一部の人々は、「ある場所で、自分は、本当に見た」、とか、「本当に怖い目に遭って、大変だった」、などと、まことしやかに話し出すようなことがあるかと思うと、それとは、かなり対象的に、別のある人々は、「あんな話は、インチキの作り話だ」、とか、「昔の単なる迷信にすぎない」、などと、わりと単純に合理的に、パッと一刀両断してしまうようなところがあるので、なかなか本当の真実がよく分からないようなところがあるのですが、実際、そうした「幽霊」のような存在達というのも、地上の世界で、その存在をあまりはっきりと確認できないのと同じように、霊界、あるいは、幽界でも、なかなか、その存在をはっきり確認できないケースが、結構、数多くあったようなのです。

 幾つか具体的な例をあげて、説明したいと思います。

 まず一つめの例としては、霊界の中でも「幽界」と呼ばれる所は、これは、ある程度、霊能力のある人なら、かなり分かると思うのですが、地上の世界と違って、「ここは、アメリカのニューヨークの○○通りの○番地です」、というような、はっきりした場所の指定が、かなり困難な所なので、「この前は、ここに行くと、こうなっていたんだけど、今度来てみたら、何か全然違う風景になっていた」、などというように、とにかく、行く度ごとに、その場所の様子が変わっていることがあるので、そうすると、当然のことながら、ある程度、同じような場所にいると思われる、そうした幽界の人間や生き物のような存在達自身に関しても、場合によっては、行く度ごとに、ころころ変わってしまい、本当は、いったい、何がいるのだか、よく分からないようなところがあった、ということです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2014年8月21日 9:03 PM, スピリチュアリズム、霊界



«

»

おすすめ記事

過去の記事