Light Symbol

昔の日本の神話について Part 4

6、太陽神を最高神に祭るような自然崇拝をしていると、「常に現状維持で、何もしないで、そのままなのが、一番いい」、というような万年停滞社会になりがちなのだが、日本の場合、常に大陸の文明国の影響を受け続けるような地理的な場所にあったために、自然崇拝と高度な文明が両立できるような、非常に稀なポジションに立てた

 それと、さらに問題があるのは、太陽神を、日本の最高神に祭ってしまっていることなのですが、それの理由は、単純で、確かに、この物質世界では、「自然の存在、というか、身近な物に、何でも霊が宿っている」、というような宗教形態になっていると、そうした、「自然の万物、というか、身近な物の中で、何が、一番、最高なのか」、と言ったら、「あの眩しく輝く太陽しかないではないか」、というような話になるので、「そうだ、太陽の神を最高の神にしよう!」、と考えたのも分からなくはないのですが、ただ、宗教形態としては、これは、最悪で、それというのは、こうした太陽を神にしてしまうと、太陽の象徴するのは、自然そのものということになってしまうので、その結果、人間の自由や創造力が、わりと簡単に全否定されてしまい、何をやるにしても、「そのままが一番いい」、「何もしないのが一番いい」、「できるだけ、何もせずに、そのままにしておくのが、一番いい」、などという具合に、よほどのことが起きない限り、多くの人々は、いったん、ある程度、形になっている生活や社会のあり方を、とにもかくにも、何も変えずに、そのままの状態で維持してゆこう、というような社会のあり方になりがちであった、ということなのです。

 つまり、こうした神道に、どっぷり浸かった生活をしていると、「おっと、この石を触ると、穢れが移る」、とか、「この木を切ると、祟りがあるので、そのままにしておこう」、とか、「王家の悪口を口にすると、祟りがあるので、何も考えないで、とにかく、そのまま従うことにしておこう」、とか、「この祭りをやり続けて、荒神を鎮めておかないと、怖くて仕方がない」、とか、「血の穢れを払わないと、村人に死人が出る」、などという具合に、はっきり言うと、「あれをやっても、祟り」、「これをやっても、穢れ」、それから、「何をやるにも、儀式、礼儀、形、言葉、物・・・」、などという具合に、はっきり言うと、その社会の隅から隅まで、儀式や慣習だらけの硬直化した社会になってしまうので、結果として、多くの人々が、非常に不幸な状況に置かれたまま、一部の権力者のみが、そこそこ贅沢な生活をし続けることができる、というような、万年不幸状態の社会に陥りがちであった、ということなのです。

 つまり、神道のルーツというものを、単純に推測してゆくと、まだ近代に至るまで、世界中で、結構、根強く残っていた呪術崇拝になるのではないか、ということなのですが、要するに、そうした呪術崇拝の世界であると、自然の中の万物には、霊や魂が宿っているので、それらの意思を十分に汲んで、いろいろな、まじないや儀式を、しっかり行いながら、その村や民族の長(おさ)の言うことに、しっかり従ってゆかなくてはならない、というような形で、そうした呪術崇拝の村落や社会のあり方が、数年、数十年どころか、それこそ、数百年でも、数千年でも、そのまま、えんえんと続いてゆき続けるような、万年停滞社会になりがちであった、ということなのです。

 ただ、日本が、そうならなかったのは、ひとえに、非常に文明の発達していた大陸と、目と鼻の先のような距離の場所にある島国であったために、何か大陸で、一騒動あるたびに、逃げ出した難民みたいな人々が、いろいろな財産や技術を携えて、たくさんやってくる、とか、大陸で、一旗揚げようとした人々が、ちょっとした侵略や略奪行為を試みてくる、ということが、何度も何度も、えんえんと繰り返されてきた結果、単なる孤立した島国ではなく、大陸の文明国の影響は、かなり濃厚に受けているけれども、そこと、ある程度、ルーツ的に共通した人々が、独立国になったり、あるいは、半分、独立国みたいなスタイルになったりしながら、ずっと統治し続けてきたからではなかったのか、ということなのです(客観的に見る限り、日本人も、韓国や北朝鮮の人も、中国人も、見た目は、ほとんど一緒ですから・・・。中国人や韓国人のような、東アジア出身の人が、普通に日本語で話していると、パッと見たぐらいでは、私には、日本人と、ほとんど見分けがつきません)。

※万物を育み、生かす「光」の象徴というような観点で、「太陽」を、神の象徴として、捉えるのであれば、それほど問題ないのですが、ただ、日本の場合は、ほぼ明らかに、呪術に基づく自然崇拝のような宗教形態だったと思われるので、こういう場合は、やはり、若干、問題があるのではないか、ということです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2012年3月28日 9:06 PM, おすすめ記事 / スピリチュアリズム、霊界 / 宇宙文明、古代文明 / 歴史 / 神道



«

»

おすすめ記事

過去の記事