Light Symbol

人間の知的な向上と霊的な悟りの関係について  Part 12

 二つめは、今度は、五次元以上の光の天国のような世界ではなくて、どちらかというと、それより下の四次元の様々な異次元世界を、霊的に垣間見たり、霊的に行き来したような内容になるのですが、こうした異次元世界には、前から何度も述べているような、この物質世界と非常によく似ているにも関わらず、様々な点で異なっているたくさんの並行世界や、この物質世界と違って、少しぼんやりした印象の「幽界」や、さらには、かなり薄暗く、気味悪い印象の「黄泉の国」や、非常に残酷な恐ろしい印象の「地獄」などの世界があったようです。

 それから昔から、そうした修行者や仙人や魔術師などの話には、あまりにも自分の力を過信して、自惚れすぎてしまったり、強い欲望に囚われすぎてしまうと霊的な力を失ったり、そうした異世界のとんでもない邪悪な存在達の影響を強く受けるようになって、かなり危険であることが伝わっていることもあるようです。

 ですので、たとえ非常に素晴らしい霊的な力を得られたとしても、そうした形で、あまりにもおかしな精神性を強く持つようになると、いつの間にか、五次元以上の光の天国のような世界ではなく、それとはかなり異なる四次元以下の様々なとんでもない霊的世界の影響を強く受けるようになることもあるので、かなり注意が必要なようです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2021年4月6日 9:03 PM, イスラム教 / キリスト教 / スピリチュアリズム、霊界 / 中国思想 / 仏教 / 宗教、道徳 / 瞑想 / 知恵、正しさ / 神道



«

»

おすすめ記事

過去の記事