Light Symbol

現在の新型肺炎やインフルエンザなどへの霊的な対策について Part 4

③適度な運動の習慣をつくる

 一般には、毎日、ある程度の運動の習慣があった方が、新陳代謝が上がって、わりと若い健康な肉体の状態に保ちやすくなると共に、免疫力も上がって、病気にかかりづらくなります。

 また一般に筋肉を鍛えると、肉体的なバイタリティーが増すだけでなく、精神的には、わりとタフな自信のある性格になることが多いようです(良い意味でも悪い意味でも、小さいことは、あまり気になりづらくなる気がします)。

 ですので心身の健康のためには、できるだけ何らかの運動の習慣をつけることが望ましいのですが、これは、それぞれの人の好みや都合に応じて、自分が最もやりやすく楽しい、また常にある程度、効果が実感できて、しかも、できるだけ長続きするものを探して、毎日、あるいは、数日おきの短い時間でも淡々と続けてゆくことが大事になります。

 普通、電車や自転車や徒歩などで通勤、通学しているような人は、一応、ある程度の運動を続けることにはなっているのですが、ただし、いつも同じ筋肉ばかり使っているために、常に体のどこかの筋肉の痛みを抱えていたり、体の姿勢がゆがんで曲がっていたり、また逆に常に体の力があり余っているように感じるような人の場合には、その人のライフスタイルに合わせた何らかの筋肉運動や柔軟体操などを、自分なりにいろいろ研究して身につけたおくと、あまり大きな怪我や病気にはかかりづらいようです。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2020年2月24日 10:05 AM, 健康、医療



«

»

おすすめ記事

過去の記事