Light Symbol

知ることと人間性の関係について Part 24

 少しお休みしましたが、続きの文章を載せてゆきたいと思います。

 

7、知性を高めることと人間性を高めることの両立について

 先ほどは、愛の観点から見た人間の知性と人間性の関係について、述べてきたのですが、こうした内容を踏まえて、それでは、いかにして、人間が知性を高めることと、人間性を高めることを両立させてゆけばよいのか、ということについて、幾つかの観点から述べてゆきたいと思います。

 

1、人間的には、知性を高めると同時に、人間性も高めるような努力を一緒に積み重ねてゆくことが、とても大切である

 まず一つめは、先ほどから様々な観点から何度も述べてきたように、単純に言って、どんな人であっても、単に知性を高めるための努力をしているだけでは、なかなか一緒に人間性も高まってゆくとは言えないようなところがあるので、こうした観点から見ると、人間が知性を高める際には、そうした知性の高さにふさわしいだけの人間性の高さも同時に身につけてゆくような努力が、とても大事になってくるのではないか、ということです。

 ここで言う人間性の高さとは、昔から様々な宗教や道徳で、ずっと推奨されてきたような考え方、つまり、ある程度、オーソドックスな礼儀作法は、きっちり守るとか、他人が見ていようが見ていなかろうが、陰日向(かげひなた)なく、しっかり努力するとか、他の人々や生き物達には、優しく愛情深く接するとか、社会の決まりごとはしっかり守るなどというような内容になります(その時々の時代に合わせた柔軟な考え方は大事だと思うのですが・・・)(参考1参考2)。

 また、こうしたことに関しては、大人になった後に、いきなりすべて身につけるのは、かなり大変なところがあるので、できれば、小さい子供のうちから、大人となった人々が、「いったい、どのように行動すればよいのか」ということを、自分達でも実際にしっかり実践するところを見せて、いろいろな形で具体的に教えてあげながら、そうした子供達を褒めたり、励ましたり、また時には、きっちり叱ったり、細かく教えてあげたりしながら、しっかり導いていってあげることが、とても大切になるのではないか、というように思われます。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2019年6月15日 9:03 PM, おすすめ記事 / 人生観、世界観 / 宗教、道徳 / 教育 / 知恵、正しさ / 社会、文化



«

»

おすすめ記事

過去の記事