Light Symbol

現在起きている「アセンション」の全容について Part 9

4、現在の世界では、「世の終わり」的な出来事を少しでも減らしつつ、一人一人の人間が、真の霊的な目覚めを通して、天界のキリスト意識と交流できるような、非常に霊的な理想世界を目指すような方向性で運営されている

 四つめは、それでは、いにしえからの宗教や神秘主義などでよく語られることが多かった「世の終わり」や、その後現れるとされる「メシアの降臨」については、いったいどのようなことが言えるのか、というと、これも説明するのがとても難しく感じるのですが、かなり大雑把に説明すると、だいたい次のようなことが言えます。

 キリスト教では、世の終わりの日に、イエスが再び戻ってくると言われているのですが、ただし同時に「誰が来ても、そう簡単にメシアだと信じてはならない」とか、「誰にもその時はわからない」などというような説明もしているので、簡単に言うと「普通にこの世が続く限りは、もう絶対に戻ってくることはない」というような説明の仕方をしていたようです。

 これに関しては、いったいどのようなことが言えるのか、というと、これは、かなり霊的な説明になってしまうのですが、簡単に言うと、アセンションが進行している、特に今頃の時期ぐらいからは、ある程度、霊的な目が開けたような人であれば、その人の意識を「天の国(神の国)」とも呼ばれるような高次元世界に合わせることができれば、もう誰でも、かなり簡単にイエスの臨在を感じて、霊的に交流できるような時代になってきているのではないか、ということなのです(参考1参考2)。

 

 続く・・・

 

Cecye(セスィエ)

2018年10月4日 9:01 PM, アセンション全般 / イスラム教 / キリスト教 / スピリチュアリズム、霊界 / ユダヤ教 / 中国思想 / 予知、予言、未来予測 / 仏教 / 宗教、道徳 / 現在のアセンションの状況 / 瞑想 / 知恵、正しさ / 神道



«

»

おすすめ記事

過去の記事